October 31, 2017

津田沼混声合唱団 第38回定期

 
  
津田沼混声合唱団 第38回定期演奏会

 
  日時:2017年10月29日(日曜日)
      午後2時開演

  会場:習志野文化ホール

 
合唱;津田沼混声合唱団
助演:こぶしの会(※)
指揮:溝口秀実、井上百合子(※)
管弦楽:アンサンブル・リベラル
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
作詞:谷川俊太郎
作曲:木下牧子
 混声合唱曲集「地平線のかなたへ」
 
Bob Chilcott:(※)
 The Lily and the Rose
 Nidaros Jazz Mass
 
モーツァルト:レクイエム K.626(ジェスマイヤー版)
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
先の日曜日、表題の演奏会を聞いて参りました。
団員の皆さん、練習・様々な準備を重ねて今日を迎えたと想いますけれど、そこにこの大雨ですよ。 本当に生憎なお話しですけれど、それでも、ほぼ満席!の習志野文化ホール。 お見事でした。
それにしても、しつこい雨で。(笑)
演奏の方は、邦人作品の合唱組曲から、英国のミサ曲、そしてオケ付きでモツレクと、盛り沢山。 いずれも結構でございました。
ボブ・チルコットって、キングズ・シンガーズのテナー出身だったんですね。(帰宅してからググッて知った)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2017

平成二十九年衆議院議員総選挙

 
 
降り止まない雨の中、平成29年衆議院議員総選挙の投票に行って参りました。
今回は若干出遅れまして、いつもの公民館に到着したら既にお昼です。
この時間ともなると投票者が多いですね。 当たり前ですけれど。
いつもの投票場が、いつもとはちょっと違う雰囲気でした。

さて、選挙結果の方は? って大体予想が可能(まぁ、千葉4区ですし)なんですけれど。(汗)
それでも大勢に一矢を報いるべく、私もこうして投票に来る訳です。

普段から低投票率を以って鳴らす当地。 それに加えてこの雨です。
後は投票率が何パーセントまで行くか?くらいしか、もはや楽しみが無いんですよね。(溜息)
それにしても、よく振るなぁ。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2017

転院後初通院日

 
 
この度、以前から通っていた病院から、別の病院へと転院をしました。
で昨日、その新しい方へ行って来たんですけれど、今度のは我が家から、ちょっとばかり遠いところにあるという事実をすっかり失念していました。
その上、発症して以来、すっかり歩く速度が遅くなってしまっている私。
そこのところを計算に入れていなかったのがイケマセン。 当初の予定よりも遅めの到着でした。 すっかり出遅れちゃって、テンションややダウンです。

        ▽▲▽▲▽▲

これまで私が通っていたのは、大きな総合病院(その建物も新しい)でしたけれど、今度のところは結構時代の付いた建物です。 基本、古風な建物が好きな私としては、今度のもそれなりに楽しんじゃってます。

さて、前の病院で紹介状を貰って来たとは言え、転院をした以上はまた一から(細かなところから)診察し直すワケです。 面倒ですけれど、まぁショウガナイっす。

そうは言っても、新しい担当医の先生や看護師さんとのやりとりは結構楽しかった。
特に看護師さんの気風と言うか印象って、病院によってガラッと変わりますね。

        ▽▲▽▲▽▲

今回から毎日服用するお薬が増えまして、若干戸惑っています。
特に朝の薬なんて、ボンヤリして服用の手順を間違えそう。 って言うか、これは絶対間違える!
暫くの間は、要注意だな。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 11, 2017

L.M.ウインドオーケストラ 第16回定期演奏会

 
 
L.M.ウインドオーケストラ 第16回定期演奏会


     ゲスト:中野木小学校合唱部

     日時:2017年10月9日
     場所:習志野文化ホール

 
 ・真島俊夫:三日月に架かるヤコブのはしご
 ・R.シェルドン:Velocity
 ・M.アーノルド:第六の幸福をもたらす宿

        ▽▲▽▲▽▲

 ・「はじめてのおつかい」コレクション
 ・ようこそジャパリパークへ
 ・ジャパニーズ・グラフィティ XX 小林亜星作品集
 ・COSMOS
 ・ダンシン・メガヒッツ


当日になって時間の都合が付きまして、上記の演奏会に行って参りました。
吹奏楽の演奏会は久々です。

会場に入ってみると、あの習志野文化ホールの客席がほぼ満席。 いや、お見事です。 地元での人気の程が伺えるってモンですね。

前半はシリアスな楽曲が続きます、が曲調としては爆音系。 私にとって、どれも初めて聞く曲目ばかり。 景気よく鳴らしてくれて、飽きる間もありません。 やっぱイイわぁ吹奏楽。

そして後半は、一転して肩の力が抜けた(衣装にも凝って)ポピュラーステージ。
どれも好かったけれど、とりわけCOSMOSが印象的でした。 地元小学生の児童合唱とのコラボです。
この曲、以前から聴いて知ってはいましたけれど、こうして演奏会で聴くのは今回が初めてでした。
これが、素晴らしかった。(大所帯になって、ステージは窮屈そうでしたけれど) 
この演奏会で、聴くことが出来て本当にうれしかった。 やっぱ、合唱を聴くならナマに限りますよ。

お終いも、元気のよい軽快なナンバーの数々。 吹奏楽はこうでなければ。
その後の盛り沢山のアンコール共々、結構でございました。
  
        ▽▲▽▲▽▲
 
コンサートの終演後、JR津田沼駅を通り抜けて帰路へと着いたんですけれど、駅北口の銅像のところで野田佳彦氏が熱弁中でした。

そっか、明日から衆議院選挙なんだ。
一度は総理まで務めた野田さんですけれど、今度の衆院選は無所属で出馬するんだって。 ホント、人生どうなるか判らないよねぇ。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2017

津田沼散歩:ここは金杉

 
 
この処、ご近所をあちらこちらと歩き廻って、結構カラダの調子がイイのにすっかり気を好くしているワタクシ。
そこで今回は、ちょいっとばかり遠出をしてみることにしました。

以前、山田うどん・船橋米ヶ崎店の事を書いた米ヶ崎まで行きまして、そこから更に、街道沿いを北上してみる事にします。 わくわく。
 
 
Dscn3506_x
 
 
お天気にも恵まれ、随分と歩きまして、ここらが金杉です。
街道からちょっと寄り道しまして裏道へと逸れてみると、こんな一面の田畑が拡がります。 船橋は快晴、気分も爽快。

拙宅の周りでは殆ど見られなくなった田圃の風景。
稲木を組んで稲藁を干す様子なんて、実に久々に見た気がします。
 
 
Dscn3504_x
 
 
農道を歩いていたら、目の前を蛇が横切って行きました。 アオダイショウかな?(素早くってカメラが間に合いません) 久々見た大きなヘビくんでした。
 
 
Dscn3510_x
 
 
この日、金杉にはお昼前に到着。
まぁ、今日はこのくらいにしておきましょう。 そう想って、そこからまっすぐ来た道を戻ったのは正解でした。
と言うのは、帰路、ちょっと気分が悪くなってしまったんですね。 調子に乗って歩き過ぎたかもしれません。 くらくらっと眩暈が。 コンビニに立ち寄って栄養補給しました。

で、そのまんま無事家に帰ったんですけれど、その後、眠くなってしまってもうイケマセン。 そのまんま、お布団にバタンキュー(死語)です。
半日しか持たなくなっている、この体力の無さ。
次も無理せずガムバリます。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 01, 2017

転院

 
 
またまた病院へと行って参りました。
とは言っても、今回は診察を受けに行って来たってワケではなくって、なんでも、これまで診て貰っていた先生が退職されるんだそうです。 それは好いんですけれど、後任のお医者さまはココには居ないとのことで。 じゃあどうするかって言うと、他の病院を紹介するのでそっちに行ってくれってコトに。
私としては、今の病院のままで、別の先生の診察を受けても好いんですけれどね。
それに新しくお世話になる病院は、これまでよりも若干遠くなるようなんですけれど、まぁイイか。

さて本日の用件は、その転院の為の手続きのみでして、診察とかは無し。
それでも(転院の事務処理の為の)料金はシッカリと取られまして。 100%そちらの都合で転院することになったのに、その経費がなんでコッチ持ちなんだろうって言う疑問は(^^ゞあるものの、まぁショーガナイかと。 新しい病院の地図とか貰って帰りました。

その後、転院先の病院の場所も、一応は確認してみたんですけれど、貰った地図のとにかく読み辛い事。(^^ゞ
それに駅南側の、私のこれまでに立ち入ったことのない地域でもあるしね。
あちこち迷った末、なんとか住宅街の中にある病院に辿り着きました。
これからはコッチの病院のお世話になることになります。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2017

津田沼散歩:交通安全フェスタ2017

 
 
Dscn3466_2
 
  
ぶらぶら歩きの途中、津田沼自動車教習所の近くまで来たら、やけに賑やかなんですワ。
今更自動車教習所に用がある身でなし。 それでも賑やかなのに惹かれて、立ち寄ってみたらば「交通安全フェスタ」と言うイヴェントの真っ最中でしたとさ。
 
 
Dscn3456_2
 
 
地元の音楽・チアのチーム・地元在住歌手のステージ、船橋市や千葉県のゆるキャラ、消防車、地震体験車、煙の訓練、人が乗ることの出来るミニ鉄道、その他カッコ好い白バイから、自衛隊の車両(地元・習志野市にある陸自からの参加と想います)などなど、その内容は盛り沢山!
 
 
Dscn3460_2_3
  
 
因みに、隅っこの方に留めてあったのは往年の名車、マツダコスモですよ。 やっぱカッコイイー! それに、そうそう小っちゃかったんだよねぇ。 想わぬ再開に、感涙にむせぶオジサン世代! でも今時の子供たちからは見向きもされず。orz

本来、交通安全・災害時の対策についての教育の他、地元自衛隊のPRとかが目的なんでしょうけれど、適度に緩~い雰囲気の中、ファミリー層がお手軽なレジャーとして楽しんじゃってる愉しいイヴェントでした。 こういうのに自動車教習所のスペースを使うってのはナイスなアイデアですね。
 
 
Dscn3464_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2017

千葉大学ゐのはな音楽部 第15回定期演奏会

 
 
発症してしばらくの間は、動かし難くなってしまった左手のことが懸念されましたけれど、いざ仕事に復帰してみれば、それほど障害にはならなかったです。 まぁ、好かったよかった。
それよりも、当初は甘く見ていた左足のことで、意外に悪戦苦闘させられました。
つまり、歩くことそのものが、より大きな課題だったんですね。 とりわけ、歩く度に(一歩毎に)視野が、ビデオカメラを手持ちで歩きながら写した画像のように、ガタガタ揺れるのには参りましたねぇ。
それが、最近になって歩きが余程スムーズになって来たのか、視野が落ち着いて参りました。 ホントに有り難い。
足が柔軟性を取り戻したのか、それとも自分自身そういう状態に慣れてしまったのか、どうにもハッキリとしなんですけれどね。 元々の(健常な頃の)歩き方とか、もはやよく想い出せないし。(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

千葉大学ゐのはな音楽部 第15回定期演奏会
 
  2017年9月9日 (日曜日)
    習志野文化ホール
 
  サン=サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」よりバッカナール
  リスト    :交響詩「レ・プレリュード」
  ブラームス  :交響曲第一番
 
      管弦楽:千葉大学ゐのはな音楽部
 
 
さて、本日は表題のコンサートを聴いて参りました。

午前中に、習志野文化ホールのHPで事前に開演時間を調べたら15:30開演とのことで、15:10頃に訪問したら、ホールの入り口で既にメロディが聴こえて・・・・あ、これは本日のメインディッシュ、ブラームス交響曲第一番の第一楽章の途中じゃないですか。
どうやら時間が違ったみたいです。
私、コンサートの半分以上を聞き逃したことになりますね。 残念無念なり。
気を取り直して、ブラ1の途中からアンコールまで愉しませて頂きました。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 27, 2017

津田沼散歩:藤崎森林公園にて風に揺れる蒲の穂に手を伸ばす者


 
 20160827_270_2
 
 
今回のお散歩は、ご近所に在ります藤崎森林公園まで。 (病み上がり故、未だ遠出はコワイっす)
この公園、隣がちょっとした里山風になっており、以前はその中の小さな湿地に稲が植えられていたりしました。 私、折り折りここに立ち寄っては、そのささやかな田圃を眺めるのを楽しみにしていたんです。 お気に入りのヴューポイントだったんですね。
でも最近は、そのささやかな稲作を止めてしまったらしく、久々に訪れた私の前で一面の雑草が揺れていました。 その中でも、とりわけ目立ったのが蒲の叢です。

        ▽▲▽▲▽▲

蒲と言えば因幡の白兎の窮状を救ったというアレですけれど、ウサギさん(やワニさんも)はともかくとして、肝心の蒲については、絵本かなんかでしか見る機会がありません。 まぁ、なんか不思議なカタチの草だな、くらいには想っていました。

そんな私ですけれど、初めて実際の蒲に接したのは、静岡に居た高校生の頃。 自転車での通学路上に蒲が自生していたのを覚えています。
初お目見えの蒲の姿がもの珍しくって、ちょっと興味があったのですけれど、いつも自転車で通りすぎてばかりでしたね。 特に近寄ってみることもなかったです。 その後、蒲のことなんて想い出す事も無いまま、長い月日が経ちます。


20160827_272


爾来幾星霜。
数十年もの間すっかり忘れていた蒲との、実に久々の対面です。
ホントにビックリしたなぁ!

それで、今頃になってですけれど、近くに寄ってしげしげと、心ゆくまで観察をしまして、かねて抱いていた好奇心を満たしましたよ。 蒲の穂の串刺しソーセージ部分(?)って、こういう具合になっていたんだと納得。 茎は結構硬いんですけれど、穂はふわっとしていまして、なるほどこれならばウサギさんも快適だったろうね(^ァ^)、癒されたに違いありません、って激しくナットク致しました。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 20, 2017

平成29年船橋市長選挙と船橋市議会議員補欠選挙

 
 
先日あった船橋市長選挙と船橋市議会議員補欠選挙の投票日、日曜日なれどもお仕事のあった私は、出勤の途上、いつもの投票所に朝イチで立ち寄りまして、投票を済ませてから職場へ向かいました。

今度の船橋市長選挙では、現職を含めまして四名の候補が名乗りを上げました。
投票率は過去最低の28.1%だったのだそうで、票が少ないのはいつのコト・・・・なんですけれど、いやそうは言っても歴代で最低をマークするってのはどうなんでしょう。 結果は現職松戸徹氏が余裕の再選。

一方、船橋市議会議員補欠選挙の方は、一名の欠員に対して候補者が六名。
こちらは新人・伊藤紀子候補の圧勝。 そういや選挙期間中、津田沼駅に立つ姿を何度かお見掛けしましたね。

因みに今回の市長選&市議補欠選。 私が一票ずつを投じた候補はと言えば、当選に至らなかったばかりか、得票数がどちらも最下位なのでした。
いやはや、ワーストを見出す才能みたいなもの、私にはあるんでしょうか?(笑)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧