February 28, 2021

印内八坂神社の大椿

 
 
Dscn2781_-2 
 
拙宅のご近所に鎮座します八坂神社。
境内の大きな椿が今年も咲きました。
 
 
Dscn2781_-7 
  
あちこち支柱に支えられて立っている、堂々の老木ですけれど、まだまだ頑張る。(笑)
  
 
Dscn2781_-1 
    
今日も好いお天気。
明るい陽射しに椿が映えます。
 
 

 

| | Comments (0)

February 11, 2021

宝成寺

 
 
2_20210211211101
 
 
拙宅の近所、中山競馬場から西船橋駅へと向かう道筋(いわゆるオケラ街道)沿いに鎮座する宝成寺。
案内板に拠ると、なんでも江戸時代初期にこの地を治めていた栗原藩・成瀬家の菩提寺として創建されたんだそうな。

        ▽▲▽▲▽▲

我が家から駅までの途上にある関係で、私は朝(夏ならば夕方も)このオケラ街道ルートを通る度、宝成寺の姿を眺めながら駅へと向かいます。

門前にポツンと佇立する大樹。

私はこの樹が好きでしてねぇ。(^ァ^)
だって、スゴク絵になるじゃないですか。

なんだか、この木の下で時代劇の一シーンでも撮れそうな。w
いつも前を通る度、感心して見上げています。
 
 

| | Comments (4)

January 17, 2021

中山競馬場外の馬頭観音

 
  Dscf0770_-15  
 
中山競馬場の外縁。
フェンスぎりぎりの位置に、馬頭観音が祀ってあります。

前々から気にはなっていたんですけれど、訪ねたことはありませんでした。
今日、買い物帰りにふと思い立ち、ぶらり立ち寄ってみることに。

        ▽▲▽▲▽▲

馬頭観音と言えば、以前私が住んでいた津田沼でも幾つか見た覚えがあります。
西船橋にもあったんですね。
それも中山競馬場に隣接して。

競馬場に馬頭観音って、如何にもって感じですけれど。(笑)
競走馬の供養という意味があるんでしょうね。
そしてまた、古くから人馬の往来の絶えなかったであろう当地らしいこと、とも想います。
  
 
Dscf0770_-6 
 
この他、古い石碑が幾つも集められていました。

人と馬との関わりがほぼ途絶えてしまっている現在、この競馬場外周に結集させるというのは、実に相ふさわしいことと想います。

石碑の中でも特に古そうなものなど。 見れば、文政二年と読めます。
十九世紀のはじめ。
千葉周作、伊能忠敬、シーボルトなんかの時代です。
歴史を感じさせられますね。(^ァ^)
  
 

| | Comments (4)

January 10, 2021

姥山貝塚公園

 
 
Dscf0544_-3
 
 
我が家からみて、ちょっと離れた辺り。
自転車でしばらく走った先の公園まで行って来ました。

姥山貝塚公園。

元々は姥山貝塚。 つまり縄文時代(中期~後期)の遺跡として有名な場所で、現在は公園として整備されているということのようです。

ここは、周辺を見下ろすような、ちょっとした高台にあります。
したがって、やって来るにはかなり急な坂道を上らねばならず、ヒーコラら息を荒くしながらペダルを漕ぎました。w  いや、良い運動になりました。(^^ゞ
  
 
Dscf0544_-6
  
縄文の中期から後期って、つまり五千~三千年前ってことらしいんですけれど、年代の幅が広過ぎて、なんかピンと来ませんよね。(笑)

とにかく、途方も無く長~い期間、この高台に太古の人々が暮らしていたというコト。

姥山貝塚の発掘の歴史は長くって、明治時代から昭和の中ごろまで(間隔を置いて)続けられたようですね。
そしてその間、学術的に貴重な収穫があったとのこと。
つまり日本の考古学史上、重要な場所であったワケです。(^ァ^)

        ▽▲▽▲▽▲

ここは公園って言っても、ゆるやかな起伏のある敷地に、住居跡を連想させる石組みと、簡単な案内板、そしてモニュメントがあるくらい。
後には遊歩道が造られているだけで、その他一切な~んにも無しです。

こういう、他には何にもない、シンプルこの上ない公園。 スッキリとして素敵ですね。
もう、開放感ありまくりです。(^ァ^)

折りからの良いお天気で(こんな時期ではありますけれど)家族連れが結構やって来てました。
皆、気持ち良さそう。(^ァ^)
あちこちで凧揚げしてる子らがいました。

        ▽▲▽▲▽▲

でも、揚がっているのって皆が皆、揃って洋凧なんですよね。
和凧がひとつも見当たりません。orz

確かにカッコイイ今風のデザインだし、何より高性能で良く揚がるんでしょうけれど・・・・
まぁ、そういう時代なんでしょうねぇ。

子供の頃、祖父から立派な奴凧(子供には立派過ぎるレベルの (^^ゞ)を買い与えられたことがあったのを想い出しました。
 
 

| | Comments (4)

January 01, 2021

御慶

   
  
Dscf0420_-2  
 
あけましておめでとうございます。
令和も三年目。
今年もよろしくお願い致します。

そして、今年は丑年なんですね。^_^;(謎)

去年なんて、年が明けると同時に初詣へと向かったもんですけれど。
それが、このところの新型コロナの猛威を受けて、今や初詣さえも自粛、時差(?)が推奨されています。

なのでワタクシ、早朝の初詣は大人しく自粛することにしまして、年が明けるのを確認して間もなく、とっとと寝てしまいました。(笑)

で、朝日が差してから、むくりと起き上がりまして、取るものも取り敢えず初詣へと。(やっぱり行くんじゃないか! (^^ゞ)

        ▽▲▽▲▽▲

まずは、我が家のすぐ傍に鎮座する妙見神社、そして八坂神社でお参り。
ご近所の神さんですからね。(^ァ^)

未だ早朝と言うこともありますけれど、どちらのお宮も実に静かなものでした。
取り分け妙見神社の方は、境内に人っ子一人見当たりません。
これならば、深夜の内に来ていても同じだったかも、ですねぇ? まぁイイけれど。^_^;

        ▽▲▽▲▽▲

そしてお次。 自転車に跨りまして、ちょっと離れたところにあります熊野神社まで。
割と快調にペダルを漕ぐことが出来まして、身体が(去年の正月の頃と比べて)ある程度回復して来ているのを実感します。(とか言いつつ、去年ハデに転んでいるワケですが ^_^;)

自転車をしばらく走らせまして到着(中山競馬場の傍です)した熊野神社。
こちらのお宮も、至って静かなものでした。
他の参拝客をまるで見掛けないのも同様。
深閑とした中で、ゆっくり静かに初詣を済ませまして、気分好く家路に着きました。

今年もよろしくお願い致します。m(_ _)m
 
 
Dscf0420_-5
 
 
  
   2005年の御慶
   2006年の御慶
   2007年の御慶
   2008年の御慶
   2009年の御慶
   2010年の御慶
   2011年の御慶
   2012年の御慶
   2013年の御慶
   2014年の御慶
   2015年の御慶
   2016年の御慶
   2017年の御慶
   2018年の御慶
   2019年の御慶
   2020年の御慶
 
 
 

| | Comments (4)

December 07, 2020

シェイクアウト訓練

 
 
全国各地で、それぞれ定期的に実施されています防災訓練。
我が船橋市でも、例年開催して来たわけですけれど。
でもこれ、今年に限ってはやらないんだとか。
未だ治まる気配のない新型コロナ禍を鑑みれば、これは至極妥当な措置かと想います。

但し、従来防災訓練と一緒にやっていた「シェイクアウト訓練」の方は(無理なく、可能な範囲で)自主的に実施しましょうってことになりました。

そういうワケで、先日地元で催された地元のシェイクアウト訓練に、私も参加して参りました。

        ▽▲▽▲▽▲

船橋市で例年行っている「シェイクアウト訓練」(これには、どういうわけか標題が二通りありまして、「いっせい行動訓練」というのも併記されています)。
当然、昨年も行っていた筈なんですけれど、私は(ホントに申し訳ないことに)不参加でした。m(__)m (防災意識のまるで無いのがバレバレですね ^_^; )

そして今年。 私は地震等発生直後の安否確認のまとめ役を拝命しまして、朝から近所を廻って来ました。

これには(基本的に)地域住民の全員が参加。
やることは至極簡単なんですけれど、でも生憎と、参加するお宅は少なかったです。(人のことは言えない σ(^^ゞ )

でも、こういうのは毎年(地道に)継続していって、とにかく習慣付けるってのが大事ですからね。

        ▽▲▽▲▽▲

が、し・か・し、ですね~。(>_<)

このイベントの「シェイクアウト訓練」っていう名称と、その説明(言い訳? w)について、私はどうにも納得がゆきませんでした。


あの・・・・
「シェイクアウト」って言われて、それが何の意味だか判ります?
私はサッパリ?でした。

これって、地震発生を想定して


   1.まず低く(DROP!)
   2.頭を守り(COVER!)
   3.動かない(HOLD ON!)


上記の3ステップを実行して、震災時の安全を図りましょうってハナシなんですけれど、しかし何故に横文字を使う?

第一、これって小学生の頃やっていた避難訓練と一体何が違うの?
 
  はい! みんな机の下に潜って~! じっとして~! ってアレとさぁ。(笑)

そもそも、ShakeOut。
それに DROP!、COVER!、HOLD ON! とか言われても、「即座」に「正しく」反応できる人が(この国に)どれだけいるのでしょう?(とりわけ幼児、高齢者で)って想うわけです。

だって地震ですよ! なんの心積もりも無いところに、待ったなしで、突然来ちゃうんですよ!(^^ゞ

頼むから! 誰もが瞬時に反応出来る、直感的に理解出来るヤツにしてクレ!
そう、切に想います

        ▽▲▽▲▽▲

そもそも、シェイクアウト訓練というものは 2008年 にアメリカで始まった、地震の一斉防災訓練なのだそうで。

で、シェイクアウト(ShakeOut)は、「地震を振り払え」、「地震を吹き飛ばせ」といった意味の造語なのだそうな。 そりゃ判らないワケだ。(笑)

ともあれワタクシ、その「振り払え」って命令口調から、ある種の傲慢さを感じるんですが。(-_-;)

古来、我が国には「天災」という言葉がありましてですねぇ。w
そもそもが、勝てるような相手じゃないんだし。(^^ゞ
(落語の「天災」を聞いたことないんでしょうか?)
降り掛かる災難と、どうにか上手く付き合っていこうってのが我が国のスタイルの筈。

先進国中でも、特に多くの災害を経ている日本。
災害の経験には事欠かないワケですけれど。
それが、なんでいまさら米国から学ばなきゃならないの? なんてぇ想いもあります。(^^ゞ

        ▽▲▽▲▽▲

この「シェイクアウト訓練」。
副題(?)として「いっせい行動訓練」ってのが添えられています。
こんな副題のあること自体、カタカナ名称への自身の無さが窺えますし 言い訳みたいに思えて来ます。
イベントの趣旨と内容は文句なしとして、そのネーミング(と説明)にはどうにも納得のいかない訓練でした。
 
 

| | Comments (4)

December 06, 2020

カリン

  
 Dscf9544_-14 
  
好く晴れた日曜日。
買い物からの帰りがてら、少し遠くの公園に立ち寄ってみると、未だカリンがぶら下がってました。

既に葉を落として、果実だけになっているカリン。
冷んやりとした空気に、黄色い実が好く映えます。(^ァ^)
既に幾つかは樹下に落ちていました。

ここは古作町北公園。
 
  Dscf9544_-13   
    
この公園にカリンの生えているのは、かなり前から気付いていたんですけれど。

休日の昼間のこととて、親子連れが盛んに遊んでました。
平和だなぁ。(^ァ^)

でも、公園前の道路を、ひっきりなしにクルマが通るんですよ。(-_-;)
住宅街の中だっていうのに、どうしたわけか(ホント、冗談のように w)クルマの切れ目がありません。
皆、すぐ傍にある中山競馬場に向かうのかもしれませんね。
 
 

| | Comments (4)

September 02, 2020

亀戸からツーリング

 
 
突然ですけれど、家人に頼まれまして、東京都は江東区亀戸から西船橋の我が家まで、50ccのバイクを陸送、つまり運転して移動させることになりました。w

そうは言っても私、オートバイなんてもう長いこと跨っていませんし、なにより亀戸から我が家までの道路事情も、好くは知らないんですけれど。(汗)
でもそこは家人からの拝命です。 拒否権無し。w 断ることは許されません。(笑)

そういえば、大分前に浅草橋(亀戸から、そう遠くはない辺りです)から津田沼(当時)の自宅まで自転車を漕いだ、つまりサイクリングしたことがありましたっけ。 今回は、そのバイク版というワケです。

そうは言ってもねぇ、そりゃ若い頃はバイクに夢中だったワタシですけれど、でも、このところまるで乗ってませんよ。
果たして、走り方とか未だ覚えてるかナァ。(^^ゞ
ちなみに、かつてのワタシの愛車は 250cc のオートバイで、今回陸送させるのは 50cc のスクーター。同じ単車とは言っても、両者の運転はそこそこ勝手が違うワケです。(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

亀戸の某所にてスクーターを受け取りまして、(おずおずと)シートに腰掛け(跨るんじゃなく)ます。
おっかなびっくりアクセル開けてゆくと、ゆ~っくりと(それはそれは不器用に)走り出しました。
やっぱ、アクセルひとつで(シフトチェンジ不要で)簡単に進むものナンですね。 便利・べんり。♪(^ァ^) ま、当たり前ですけれど。w

乗っていて時々、右足がシフトペダルを捜しちゃうんですけれど。(笑)
もちろん、そんなものスクーターに有りはしません。
オートバイから降りて大分経つんですけれど、身体に染み付いた習慣が残ってるんですね。w

また、後方を確認する際に何度か(バックミラーに頼らず)後ろを振り返っちゃったんですけれど。(笑)
こっちは、日頃自転車を漕いでいるせいで身に付いちゃってる習慣。(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

いろいろと面食らうこともあったけれど、それでも我が街に着くころには、かなり勘を取り戻しました。 結構慣れて来たかナって想う辺りで西船橋の我が家に到着。

法廷速度を(概ね w)守りまして、ゆ~っくりと走らせて、それでも、お天気は好いし (^ァ^)、道はそれほど混んでなかったしで、実に久々となるバイクの運転を愉しみました。
 
  
 
   ・ 浅草橋からサイクリング   (2015年のことだったんですね)
 
 
 

| | Comments (4)

August 25, 2020

ありのみ

 
 
Dscn2589_-2
 
 
拙宅からすぐの辺り。 通勤の道すがらにあるお宅(農家と思しき)の玄関先で、作物の無人販売をやっているのに気が付きました。

こんな身近でお店を出してたんですね。
休日の昼間ってことで時間もあったし、俄然興味が湧いて、漕いでいた自転車をその場に停めちゃいました。w

若干年季の入ったワゴン。(笑)
品揃えもなかなか豊富なんですけれど、でもこの辺りの畑で、そんなにイロイロ作ってたかなぁ?(^^ゞ
梨園とか、もっとずっと北の方にゆけば大規模にやってるんですけれど。 ここいらでは・・・・

なんて想いつつも、やっぱり幸水を買っちゃいました。
旨かったです。(^ァ^)

ピーナッツかぼちゃも買っときゃ好かったかナと、それがちょいと心残り。(笑)
 
 

| | Comments (4)

August 16, 2020

向日葵

 
 

Dscf7227_-9
 
 

ヒマワリって言えば、昔々、川崎に住んでいた頃に、多摩川の土手に好く見掛けたもんですけれど。
当地に越して来てからは、とんと見れていません。
あんまりご無沙汰し過ぎて、そんなものがアルってことすら(夏だってのに)忘れてました。(笑)

それが今日、思いがけず見つかりました。
それも、普段から時々通っている開けた畑(と住宅)沿いの路で。
 
 
Dscf7227_-7
 
 

アッパレ満開でした。 鮮やかなモンです。(^ァ^)
なんていう品種なんでしょう?
随分と小振りの花で、花屋さんの店頭で見掛けるような(ゴッホのヒマワリみたいな)サイズでしたけれど。
 
 
Dscf7227_-17
 
 
ともあれ、炎天下に満開の向日葵を眺めることが出来て大満足です。(^ァ^)
 
  

| | Comments (4)

より以前の記事一覧