July 02, 2019

JR武蔵境駅まで

 
 
Photo_20190702050801
 
 
先日、仕事でJR中央線の武蔵境駅を訪れる機会がありました。

その昔(ずっとずっと、それこそ大昔のコトです (^^ゞ )、静岡の田舎から上京して来た私が、初めて住んだのがこの辺りでした。
独り暮らしをはじめたとかではなくて、当時、先に都内に住み始め、働いていた兄のアパートへと転がり込んだ形です。
ですから、こっちでの最初の最寄り駅がこの武蔵境駅。 当時、日々乗り降りしていたのがココというわけ。

        ▽▲▽▲▽▲

実に久々の(もう、気が遠くなるくらいに (^^ゞ )JR武蔵境駅。
その駅前を歩くのも、ホント、何十年ぶりでしょう。
自分の微かな記憶の中にあるそれと、全っ然違っていました。(当たり前ですねw)

それにしても今現在、令和の武蔵境駅って、とっても緑が豊かですねぇ!
こんなにも樹木が多く植えられた駅って、そうそう他には無いんじゃないでしょうか。

駅前も、駅舎そのものも、そこここがゼータクに緑化されていまして、そしてそれが綺麗に保たれているんです。

これって、樹木が生えるにまかせているんじゃあなくて、計画的に植えられ、時間を掛けてしっかりと管理された結果でしょう。
植栽が上手くいっているんですね。
駅および駅前の変貌ぶりよりも、このところにビックリしました。

緑豊かなJR武蔵境駅です。

 
 

| | Comments (2)

March 10, 2019

この素晴らしき往年の名車たち

 
  
 第8回クラシックカー/スポーツカー in 科学館

  千葉県立現代産業科学館サイエンス広場
 
 
Photo
 
 
昨日も働いて、日曜日の今日はお休み。
決して快晴ではありません。 少しだけ曇っているような。
花曇りってやつでしょうか。

        ▽▲▽▲▽▲

ふらり自転車で出掛けまして、お隣の市川市にあります現代産業科学館の前まで来たら、偶然、往年の名車がズラリと並んでいる、壮観な光景に出くわしました。

なんか、面白そうなイベントに遭遇したみたいです。 ラッキー!
これは、是非とも覗いてかなくちゃなりませんね。(^ァ^)
 
 
T
  T型フォード。 スゲエや(^ァ^) 歴史を目の当たりにした印象です。
 
  
T_2
  史上初の大衆車の心臓
 
  
予定外でしたし(と言うか、もともと予定なんか無いし(笑))なによりクルマには全くの門外漢のワタシですけれど、場内は家族連れ、ちびっ子も多く、フレンドリーでウェルカムな雰囲気。
私も、自転車を停めまして、往年の名車を鑑賞していくことにしました。

って言ってもワタシの場合、クルマの名前とか、ほとんど知らないんですよね。(^^ゞ
それでも、辛うじて知識にある名車の前に立ってはしげしげと。
名高いスポーツカー、著名なクラシックカー、そして懐かしい国産車もありました。
 
 
Photo_2
  スバル360を久々に観れたのは嬉しかったです。
  中学の時、先生が通勤に使ってたんだよね。
 
 
それぞれの名車の前には椅子が置かれて、オーナーさんらしき方が番(らしきこと)をしている模様。 来場者(カーマニアらしき)とマニアックなクルマ談義が花開いたりして、愉しそう。(^ァ^)

展示車の中にはボンネットを開放して、エンジンルームを見せてくれているものも。
往年の名車たちの心臓、ピッカピカに保たれていました。 これ、ホントに自走して来たんですか?w
 
 
Photo_3
  エンジンルームまで含めて、芸術品そのものなジャガー
 
 
Photo_4
  そして、ミツオカ・オロチ。 ついにお目文字が叶いました。


嬉しい出会いに恵まれた休日でした。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 30, 2018

船橋散歩:行田公園

 
 
Photo
 
行田公園。
ご近所にある、ここいらでは代表的な公園なんですけれど、これを地図上で見ると、実にオモシロイ形状をしているんですね。(笑)
ハイ、巨大なサークル状の道路で囲われているんです。

wikiから引っ張ってきた画像が1989年撮影とかなり古くて、アレなんですけれど。(^^; 今でもこんな形をしています。

 _3
                                                  画像はwikiから
        ▽▲▽▲▽▲

この壮大なる円環。 なんでも、旧日本海軍の無線基地跡なんだとか。 なるほどナルホド。
地上の視点から見てみると(外環の道路を自転車で走ってみると)、確かにぐる~っと巨大な円を描いているのが体感出来ます。

サークルの中味はと言うと、行田団地・マンション群の他、各種施設、そして全体の三分の一程を占めるのがこの行田公園。

        ▽▲▽▲▽▲

当地としてはデカい公園で、とてもじゃあないですけれど、一度では廻り切れません。
中央の幹線道路を挟みまして、西側と東側の二つに分かれる内、今回は(買い物に往きがてら)公園の東側に行ってきました。
お天気が好いこの日、適度に木陰がある園内は、涼しくって快適かいてき。(^ァ^)

広くてフリーな空間の中。 想いおもいに憩う人々の図です。 平和だなぁ。

ご近所のデッカイ公園。 これから何度も訪れることになるかと想います。

Photo_2
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2018

船橋散歩:中山競馬場

 
 
Photo
                                          (画像はwikiから)
 
当地に越して来て暫く経ってから判ったこと・・・・拙宅の比較的近場には、かの中山競馬場が存りま~す!(^ァ^)
と言うか、競馬場周辺のエリア内に、偶々我が家があったんですね。(^^ゞ
まぁ、引っ越しする前に気付かなかったのかよ! ってハナシなんですけれど。(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

そう言や、我が家からJR西船橋駅・京成西船駅へと至る路・・・・住宅街を往く裏道的存在(以前にエントリーした「葛羅の井」のあるルートでもあります)・・・・では、休日など、何故か妙~に人通りの多いことがあります。
そんな日は、交差点などで何故か(裏道なのに)制服の警備員さんがに交通整理してくれていたりしますし。

これ、当初は不思議だったんですけれど、最近になって合点がゆきました。
(妙に人通り多し & 謎の交通整理)のある日 = 競馬開催日 と言う事に!

我が家の傍に限らず、競馬場近隣の交差点等そこここで見られる交通整理は、殺到する競馬ファンと地元住民とのトラブルを避けるべく行っていたんじゃないでしょうか。(それにしても、競馬事業ってお金あるよなぁ(笑))

        ▽▲▽▲▽▲

我が家って、競馬場から駅へと向かう徒歩ルート、いわゆる「オケラ街道」の途中に在ったんだ!

ともあれ、我が家の周辺で時々(通勤・通学時間帯でもないのに)人通りの多くなる理由が判りました。
まぁ、競馬に無関心な私としては、ど~でもイイことなんですけれど。(^ァ^)
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 16, 2018

船橋散歩:トマト自動販売機

 
  
Photo_2
 
    
好~く晴れた、とある休日。 自転車に跨って我が家を出、まずは北側へと出掛けました。
特に目的地もないんですけれど、とりあえず北へ、北へと。
お天気は好いし、暑からず・寒からずだし、とにかく気持ちがイイ!
ずんずん進むのにまかせて、そのまま北へ北へと漕いだら、いつしか船橋市を抜けて、お隣の(船橋界隈とか言いつつ)市川市に入っていたようです。

漕ぎながら、ここいらは農家と畑地が多いなぁ。 なんてノンビリ想っていたら、ありましたよ。 トマトの自動販売機が出現です。

これ、私ははじめて見ましたよ!
と同時に、ここはトマトの栽培も盛んだったんだなぁとナットク。
当地、小松菜の生産が盛んなのは知っていましたけれど、トマトもやってましたか。 ナルホドね。
せっかくなんで、自転車を路肩に停め、一袋お買い上げです。 生産者直売り・千産千消トマト、ワンパック300円也。
 
 
Photo
 
 
買い求めた自販機トマトを我が家に持ち帰って早速カジリ付いたら、これがもう滅っ茶瑞々しい! というか、未だ熟しきらない青臭い味が、口いっぱいに広がるトマトでした。 とても好かった。(^ァ^)
ここしばらく忘れていたタイプの(お店では買えない)トマト・トマトした味のトマト。(^ァ^)

新鮮そのものの自販機トマトを味わって、すっかりトマトづいた私。
後日、駅前のスーパーでもトマトを買ってみましたけれど、案の定、そちらは青臭さなど皆無の完熟トマトでした。
でもこれ、価格は自販機よりも駅前スーパーの方が若干安くないか?(^^ゞ
生産者直売の自販機トマト、意外にも割高であったか?
って、駅前トマトの袋に貼ってあるラベルの生産地を確認したら、群馬県産でした。(笑)
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 10, 2018

船橋散歩:葛羅の井

 
 
__2_2
 
  
我が家から西船橋駅方面へと向かう路の途中、建ち並んだ民家の脇に堂々、一本のケヤキが枝を広げています。
これが中々の大樹でありまして樹齢は、果たしてどの位ゆくんでしょう。 かなりの老木で、見ていてケヤキって感じがしませんでした。 (ネット検索して)解説を読むまで、これがケヤキと気付かなかったくらい。(^^ゞ 船橋市の名木十選にも選定されているんだそうな。
それにしても、巨木の存在感ってスゴイです。(^ァ^)
 
 
__2
 
 
さて、その大樹の陰にひっそりとたたずむのが葛羅の井です。
大田南畝(蜀山人)の碑銘があったり、永井荷風が随筆の中で取り上げたりと、かつては名井として知られたらしいです。

ケヤキの巨木の裏に廻って、葛羅の井を覗いてみました。
(折りしも周囲の草が綺麗に刈り払われていまして、いささか風情に欠ける(^^ゞ井でしたので、画像は貼りません。(笑))
今ではコンクリートで囲われた小さな池ですけれど、往時は如何なる日照にも水の涸れる事が無い(!)、そして病(マラリアなど)に効く(!)泉として親しまれたんだそうな。
前述のゲエロの池と言い、この地域で暮らした人々と、水との係わりを感じさせられますね。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 09, 2018

船橋散歩:ゲエロの池

 
 
_2_3
 
 
引越しが一通り住んだら、お愉しみはナンと言ってもご近所の散策/探検です!
新しい住まいの周辺は未知で一杯! 果たしてどんな出会い、新しい発見があるのか?

早速、我が家の周辺をぐるぐる歩き廻ってみたんですけれど、程遠くない場所に、小さな池を見つけました。 近くに川とか見掛けないんですけれど。
これがゲエロの池。
 
 
_2
 
 
早くも発見ですよ!
小規模ながら、まるで史跡のように丁寧に整備/管理されていまして、なんかイカにもワケありっぽいじゃないですか。 もしや私、歴史的に曰く因縁ある場所に越して来ちゃったのか? って俄然気になって来ました。

ゲエロの池。 実に小さな池なんですけれど、ここはとにかく湧水池で、どこからか水が流れ込んでいるワケではない模様。
ささやかながら、ウッドデッキ風の遊歩道、ベンチなどもありまして。 如何にも清潔/爽やかなイメージ。 池の水は緑に濁っているんですけれどね。

碑文によればこの辺り、昔はそこいら中に池や沼、湿地があったらしいです。 
往時は農業用水として役立ったものが、今ではその役割を終え次々に埋め立てられて行って、最後に残されたのが、この小さな地。
人々は水と共に生きていた、そんな事実を伝えるための施設なのかと想います。

そういえば、住宅地とばかり想っていた当地も、見ればあちこちに畑を見掛けます。
昔から畑作が盛んな土地だったんですね。 緑が豊富な地域に越して来たんだと判って嬉しくなりました。
 
 
_2_2
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 28, 2018

船橋市役所 特案係

 
 
昨今、地方自治体の発信する、地方独自のPR活動が盛んになっていますね。
独自のゆるキャラを生み出したり、ビデオドラマを造ったり、流行の曲に合わせて皆で踊ったり、とホントにいろいろとあります。
どこもセンス・アイデア勝負の感があります。
決め手は、卓越したアイデアと実行力。 香川の打ち出した「うどん県」とか、その代表格でしょうね。
ネットの発達によって、こういう事が出来る時代になったと言うべきか。

        ▽▲▽▲▽▲

http://www.city.funabashi.lg.jp/movie/tokuan/index.html

我が船橋市も、こんなPR動画を造っていたんですね。
いやあ、知らなかったなぁ。
船橋のウリはふなっしーだけではなかった。(笑)
上記の船橋市のHPの他、YOUTUBEでも閲覧する事が出来ます。

        ▽▲▽▲▽▲

動画の内容はドラマ仕立てで、船橋市役所内にある特案係の(ユニークな)面々が、市内の各所を訪ねて廻るというもの。
主演・製作とかはプロに(そこは手堅く)委ねたようですけれど、船橋市民も大勢出演。
ドラマ中、船橋の特色・名物の紹介も抜かりなくやってくれていまして、地元色全開です。
我が地元発信のPRドラマ、親しみやすく適度にクダケタ内容で、中々レベル高いっす。

見ていてとっても愉しかったです。 自分の好く知っている地域・・・・っていうか我が家の近所も出て来たしね。(笑)
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 20, 2017

平成29年船橋市長選挙と船橋市議会議員補欠選挙

 
 
先日あった船橋市長選挙と船橋市議会議員補欠選挙の投票日、日曜日なれどもお仕事のあった私は、出勤の途上、いつもの投票所に朝イチで立ち寄りまして、投票を済ませてから職場へ向かいました。

今度の船橋市長選挙では、現職を含めまして四名の候補が名乗りを上げました。
投票率は過去最低の28.1%だったのだそうで、票が少ないのはいつのコト・・・・なんですけれど、いやそうは言っても歴代で最低をマークするってのはどうなんでしょう。 結果は現職松戸徹氏が余裕の再選。

一方、船橋市議会議員補欠選挙の方は、一名の欠員に対して候補者が六名。
こちらは新人・伊藤紀子候補の圧勝。 そういや選挙期間中、津田沼駅に立つ姿を何度かお見掛けしましたね。

因みに今回の市長選&市議補欠選。 私が一票ずつを投じた候補はと言えば、当選に至らなかったばかりか、得票数がどちらも最下位なのでした。
いやはや、ワーストを見出す才能みたいなもの、私にはあるんでしょうか?(笑)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2017

津田沼散歩:谷津干潟の木道を歩く

 
 
Photo_4
 
 
これはしばらく前・・・・もう先月のお話しになってしまうんですけれど、私がいつもの谷津干潟へ散歩に出掛けた折りのことです。
 
この干潟の周囲には遊歩道が整備されており、広い干潟をぐるりと周遊しながら、干潟の中の様子をフェンス越しに観察することが出来るようになっています。
 
この遊歩道を歩く時、いつも気になっていたのが、四角い干潟の北辺に見え隠れしている木道の存在です。
 
木道と言うと、よく湿原なんかに設置されているイメージですけれど、あれと同様、線路の枕木のようなブロックを組み合わせたものが、北辺の葦原の中に造られているんです。
管理上の問題からでしょうか、生憎(入り口が施錠されており)木道に立ち入ることは出来ないんですけれど、そうはいっても、干潟の木道ってのは(それが外から眺めるだけのものであっても)文句なしに絵になる! 風情があって実にイイもんです。
 
 
Photo_2
 
 
で、この日は偶々、その木道の開放日に当たっていたようです。
 
これは・・・・入ってみるしかありませんね!
 
いつもとは違う角度から眺める谷津干潟。 とても新鮮でした。
木道の歩き心地もまた好し!
 
 
Photo
 
 
干潟の中の木道。 管理・整備とか色々大変でしょうけれど、これからも続けて頂きたいもの
と想いました。

これまで知らずに来た角度から、谷津干潟を愉しむことの出来た、実にラッキーな一日でした。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧