November 30, 2017

またまた通院日

 
 
どうもイケマセンねぇ。
またも怠け癖を発揮しちゃって、このブログへ久々の書き込みとなります。

今月半ばのコトですけれど、久々に病院へ。
今回、検査の結果はそう悪くはなかったみたいです。 ほっ。

但~し、我ながら、なんか病院というものに慣れて来ちゃってますねぇ。 それも好くない意味で。(笑)
病院を訪ねても、これまでほどシッカリ振舞えなくって・・・・ようするに、ダラケはじめていまして。(笑) これまたイケマセン。

お医者さまからの指示により、ここへ来て、お薬(製品と、その量と)を変えてみることになりました。(通院した日の分は、もう打っちゃったので、この翌日から)
果たして、これがどう出ますか。 如何なる結果となりますか。 次回の通院日には、それがハッキリすると言う寸法。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 15, 2017

転院後初通院日

 
 
この度、以前から通っていた病院から、別の病院へと転院をしました。
で昨日、その新しい方へ行って来たんですけれど、今度のは我が家から、ちょっとばかり遠いところにあるという事実をすっかり失念していました。
その上、発症して以来、すっかり歩く速度が遅くなってしまっている私。
そこのところを計算に入れていなかったのがイケマセン。 当初の予定よりも遅めの到着でした。 すっかり出遅れちゃって、テンションややダウンです。

        ▽▲▽▲▽▲

これまで私が通っていたのは、大きな総合病院(その建物も新しい)でしたけれど、今度のところは結構時代の付いた建物です。 基本、古風な建物が好きな私としては、今度のもそれなりに楽しんじゃってます。

さて、前の病院で紹介状を貰って来たとは言え、転院をした以上はまた一から(細かなところから)診察し直すワケです。 面倒ですけれど、まぁショウガナイっす。

そうは言っても、新しい担当医の先生や看護師さんとのやりとりは結構楽しかった。
特に看護師さんの気風と言うか印象って、病院によってガラッと変わりますね。

        ▽▲▽▲▽▲

今回から毎日服用するお薬が増えまして、若干戸惑っています。
特に朝の薬なんて、ボンヤリして服用の手順を間違えそう。 って言うか、これは絶対間違える!
暫くの間は、要注意だな。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 01, 2017

転院

 
 
またまた病院へと行って参りました。
とは言っても、今回は診察を受けに行って来たってワケではなくって、なんでも、これまで診て貰っていた先生が退職されるんだそうです。 それは好いんですけれど、後任のお医者さまはココには居ないとのことで。 じゃあどうするかって言うと、他の病院を紹介するのでそっちに行ってくれってコトに。
私としては、今の病院のままで、別の先生の診察を受けても好いんですけれどね。
それに新しくお世話になる病院は、これまでよりも若干遠くなるようなんですけれど、まぁイイか。

さて本日の用件は、その転院の為の手続きのみでして、診察とかは無し。
それでも(転院の事務処理の為の)料金はシッカリと取られまして。 100%そちらの都合で転院することになったのに、その経費がなんでコッチ持ちなんだろうって言う疑問は(^^ゞあるものの、まぁショーガナイかと。 新しい病院の地図とか貰って帰りました。

その後、転院先の病院の場所も、一応は確認してみたんですけれど、貰った地図のとにかく読み辛い事。(^^ゞ
それに駅南側の、私のこれまでに立ち入ったことのない地域でもあるしね。
あちこち迷った末、なんとか住宅街の中にある病院に辿り着きました。
これからはコッチの病院のお世話になることになります。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2017

また通院日

 
 
ほぼ一ヶ月ぶりに病院へ。
昔は、病院嫌いっていうのか、病院と聴いただけで拒否反応みたいなものがあった私ですけれど、それがいまでは癒しどころ、我が心のオアシスみたいな位置付けになっちゃってます。(笑)

検査の結果があんまり思わしくなくってですね、担当医の先生と相談の結果、今服用しているお薬の一つを増量することに。
一方で、今回から減ったお薬もある(複数を併用しています)ので、まぁトントンですね。(笑)

処方箋を貰ったら、支払いを済ませて(結構掛かる)薬局へ。(薬局って、どうして病院内に無いんでしょうか?)
処方箋に書かれた薬を出すだけなのに、結構時間を取られるモンなんですね。 待ち時間、持て余しちゃいました。 そのうちに(病院とも薬局とも長い付き合いになりそうです)慣れると想いますけれど。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 18, 2017

通院日

 
 
久々に病院へ。
特にどこか悪くなったとか言うわけでもないんですけれど、予め定められていた通院日なので。 ともあれここにくると、なんかホッとしますね。

二名の担当医とそれぞれお話し。
検査の結果がちょっと厳しいらしくって、今服用しているのを、もうちょっと強化しましょうということに。 ま、しばらくはあれこれと試行錯誤です。
今月分のお薬の処方箋を貰って来ました。 それについて看護師さんとのお話し。
そして栄養士さんから指導もあり。
いろいろと聴かされましたけれど、そんなにいちいち覚えてられないって。(笑)
療養中とはいえ、病院というところ、これでなかなか忙しいのでした。(笑)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2017

人生初入院3

 
 
<入院7日目>
午前のリハビリ、歩いてあるいて歩き廻る・・・・仰々しくも、点滴台を繋いだまんまで。
久々のシャワー、とっても爽快なり。 めまいはあるけれどね。
続いてのリハビリは理学療法士さん。
今時の看護婦(違!)さんは台車にノートPCを載せて歩き廻るのね。 なんかスゴイ。

その後、お薬とご飯。
午後のリハビリは作業療法士さん。 新聞紙を折り畳む課題が出て、これが結構難しいのよ。 熱心にやってくれて、有り難い限り。
その後、夕食。 読書が捗ります。 家人の持って来てくれた本「小説 田中絹代」新藤兼人著 読了。 名著なり。 夜中に雷鳴轟く。


<入院8日目>
久々に曇天。 このところ、嫌ンなるくらい晴れてたからねぇ。

ようやく睡眠薬に馴染んで来たんでしょうか。 今朝は寝覚めがやけにイイんです。
それに、21時を過ぎると急にフロアの気温の下がるのに気が付いてからは、寝入り易くなったし。
看護師さんにも、人によって注射器の扱いに巧拙あり。 今日のお方は・・・・

朝食。 腕が、以前よりも自在に動くようになって来ました。 なにしろ、左でも団扇が扱い易いのは有り難い。 今日お給仕してくれた看護師さんは男性でした。

朝からリハビリ。 作業療法士さん。
点滴は今日まで。
じっとしていられず、そこいらじゅうを歩き廻る。
こうしてベッドを出てみると、天井の空調機の向きの悪いのがようっく判りますね。 ベッドの周辺に熱気がこもってしまって。
お薬。 お昼ごはんにスイカが出た。(今シーズン初です!)
午後イチのリハビリは理学療法士さん。 飯喰って寝てたところを起こされ、前半は寝ぼけて不調。 指を折って数える動作、それと片脚立ちが苦手。・・・・そんなの入院の前から苦手ですって(笑)。
夜中に左脚のつったのが、未だに違和感在り。


<入院9日目>
4時半に起床(起きてしまった・・・・・あんまり眠れなかったんですorz)
点滴が外れたのでラクラクの筈だけれど。
朝のお薬。
持参しているティーカップを、今日は左手で楽に持つことが出来ます。
デザートに出たリンゴとヨーグルトを、どういう順番で食すべきか、割と真剣に悩んだ。
本日の教訓。 自分は合理的だから・・・・とか言う者は、大概独りよがりなだけ也。
お茶、それから水道の水(上水)をよく飲むようになりました。
廊下に出してあるお茶は、時間が来れば下げられてしまいますからね。 ある意味で「勝負!」なんであります。

午前中、言語のリハビリ。 舌の動きが、上手くいかない・・・・言語聴覚士さんが熱心なのにね・・・・申し訳ないっす。

昨晩、家人の持参したアーサー・C・クラークの名作「幼年期の終り」を読了しました。
病院に図書室のあることはとうに気が付いていて、早速「時代劇は死なず! 完全版:京都太秦の「職人」たち」 春日 太一著 という一冊を借りて来ました。 これ、オモシロそう!
昨日に続いて本日もカーテン・オープン! いよいよストレスが溜まり始めたみたいです。
午後のリハビリは理学療法士さん。 2F~6Fを階段で移動するのが、かな~りキツイ。 一本脚で立つ課題。 これもキツイ!

午後から4Fのリハビリ病棟へ移動。 今度は窓際だった。 ウレシイねぇ!

医師の診察あり。
ココへ来てようやく退院日が見えて来る。 病院側がかなりしっかり考えられていてウレシイ。 職場にも電話します。
10日に6Fに入ったのと同様の書類を、今日は4Fでまた書かされる。 院内の横の連絡悪し!
お薬、夕食。 こっちは差額のあるベッドだった。 説明が遅い!


<入院10日目>
今朝はめまい、ほとんどなし。 イイぞ!
フロアをぐるぐる歩いてみると、二日酔い程度のめまい。 フロアの雰囲気が緩い。
朝食に納豆出るんだと軽く吃驚!
そしてお薬。 リハビリ病棟は6Fよりも涼くって結構。
リハビリは言語聴覚士さん。 図形を覚える課題。 記憶力を試す課題。 イジワルクイズみたいで、こういうのは元々超苦手っす。 活舌は・・・・まだ好くないかな。

昼食後、頭痛は無くなったが、めまいがのこる。
午後、栄養士さんからの講義。 役に立ちそう。
病院の図書室から借りた「時代劇は死なず! 完全版:京都太秦の「職人」たち」 春日 太一 著 を一気に読了。 面白かったです。

だんだんと周囲が見えて来たんだけれど、ここに居る大概の入院患者は自分よりも重症のようである。 めまいは未だ続くけれど、自分がこの場に居ることが、不当に思えて来る。

ソーシャルワーカー来たる。
更に医師の診察あり。 元々、2週間くらいで退院出来るもんだと楽観的に考えていましたけれど・・・・甘かったみたい。(汗)


<入院11日目>
今日は暑い! 団扇が扱い易くなっていて好かった。
フロアのロビーで、誰かが「禁じられた遊び」を爪弾いているのが聴こえる。 なかなかイイもんです。

このフロアの呼び出し(ナースコール)はバッハのメヌエット。 6Fはショパンのノクターンとパッヘルベルのカノンでした。 その内に覚えちゃうね。 嫌いにならないといいけれど。

お薬。 午前のリハビリは作業療法士さん。 新しい人。 池袋の帝京平成大学を出たんだそうな。 自分のまったく知らぬ学部であり、業種。 世の中変わっているんだなぁ、と実感。 ともあれ、自分が親を病院に入れた頃とは大違い。
下剤が効かなかったよ~。

お昼ごはんは麺類。 珍しくってウレシイ。
午後のリハビリは理学療法士さん。 こちらも初めて。 初めて病院の外周を歩いてみます。 ちょっとキンチョーしました。 アップダウンっていうか、ビミョーに下り坂になっている時、加速が付いちまって怖いんだね。

保険屋さん来訪す。 ちと遅いのではないか。

その後、午後のリハビリ2。 病院の外周を歩いて、それから初バイク。 これ、前から乗ってみたかったのよ~♪ それに因んで、療法士のお兄さんと自転車談義。 世代が違っても、お話が会うと、愉しいものです。


<入院12日目>
昨夜、しつこく咳き込んだ。 それはそれは辛かったっす。
早朝、採血。
朝食。
朝からのリハビリは言語聴覚士さん。 でも、発熱のため中止。
その後の作業療法士さん、理学療法士さんのリハビリもそれぞれ中止。
それにしても、病院内で風邪をひくとは。 なんたる不覚。
一日中寝ていました。 ガックリ。
「時代劇は死なず! 完全版:京都太秦の「職人」たち」 春日 太一 著 を再読。


<入院13日目>
発熱あり。 こりゃ、本格的な風邪だな。
それに、どうしたわけか、しゃっくりが止まらない。 これが一番参る。
ご飯がパンだった。(少しでも変化を求めたい心理が働いて、ご飯かパンかを選べるときは、パンにして貰います)
お薬。
午前のリハビリはベッドで行う。 なんか、凄~く損した気分。


<入院14日目>
体感的に、平熱に戻った気がします。
でも、リハビリはお休み。 あ~あ、とっても損した気分。

病院の夜は長い。 夕食を食ったらもう、する事が無いんです。
TVは見ない主義を貫いているので本を読みます。 イイ姿勢がとれないので読み辛い。 
病院には中々立派な図書室が在って、そこから借りた道尾秀介の「カラスの親指」読了。 これは理学療法士さんお勧めの一冊でした。
それにつけても、しゃっくりが止まらないのにはホントに参ったね。
今夜も眠剤を貰う。 もはや常習者ですね。


<入院15日目>
当初のスケジュールでは、この日には退院していた筈なんですけれど・・・・
午前のリハビリは言語聴覚士さん。 すぐに終わる。
その後、作業療法士さん。

お昼にまたスイカが出た。
午後のリハビリで作業療法士さん。 ここへ来て、進捗悪し。
誉田 哲也著「武士道セブンティーン」読了。

担当医から、しゃっくりは喉の力を抜くように言われる。 そんなものか。


<入院16日目>
お薬、ご飯。
午前のリハビリは言語聴覚士さん、それから作業療法士さん。
午後のリハビリで、またバイク。 脚にオモリをつけてみるも、あんまり変わりなし。
栄養士さんからの指導あり。

桐野夏生 著「東京島」読了。
ついに、しゃっくり対策のお薬が出た。 でも、ツムラ芍薬甘草糖だって。 効くのか? 只の市販の漢方の風邪薬っぽいけれど。

退院に向けてお薬の袋が増えて来ました。
今日も眠剤。 もはや、向こうから持って来てくれる。


<入院17日目>
安眠出来た・・・・入院して以来、初めてぐっすりと眠れた気がします。
本日はもうリハビリ等もなし。 身の回りを片付けて、いそいそと退院の手続き。 病院とも思えないチョー忙しさです。

人生で初となった入院もこれでお終いです。
お世話になりました、と言う間もなしに、そそくさと病院を後にして自宅へと向かいました。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 31, 2017

人生初入院2

 
 
<入院三日目>
朝、未だちょっと眠い中での朝食。 でも美味しい♪
家人来る。 今日も暑いっス!
午前のリハビリ開始~。 頑張りましょう!
その後、診察。 お昼の後、午後のリハビリ~。
午後もまたリハビリって、午前にやったのと大差ないようだけれど、午後のは脚の訓練・歩行の訓練がメインなり。
軽~いめまいが続いています。

今日はあんまり暑くないですねぇ♪ もしや、室温下がったのでは?
でも、中々寝付けないのは相変わらずですな。


<入院して4日目>
起床したら軽いめまい。 お通じ悪し。 って言うか、この入院期間を通じてず~っと悪し。 オレってそんなに繊細だったのか?
朝食後になって、また眠くなるなり。
家人来て歯ブラシ一式を持って来てくれる。 ありがたし。

午前のリハビリ。 まずは作業療法士さん。
その後に昼食、今度は眠くならなかったです。
午後のリハビリ、理学療法士さん。 歩行器無しで歩いてみます。 まぁ、ちょっとはふらつきますね。
その後、午後のリハビリ第二段で、今度は言語聴覚士さん。 世の中いろんなジャンルがあるもんだなぁ、と。


<入院して5日目>
週の頭に入院して、もう金曜日ですよ。
午前のリハビリで、ちょっと取り乱す。 申し訳ない。 お昼過ぎに眼科の診察。 とりあえず問題はなさそうって言われて、ほっ。

そして今日は、会社から人が来訪するので、その面会を受けます。 正社員で居たことのこの有り難さよ。
想えばこれまで、大きな病気も、長い旅行もしてこなかった私。 有給休暇は存外残っておりました。 色々と話し込むも、しゃっくりが止まらない私、ちょっと気拙いっス。

午後もハビリがありまして、今度は言語聴覚士さん。 これが、まったく上手くいかない。 言葉のリハビリって、かなり苦手です。

そして夕食。 その後、あんまり寝苦しいもんだから、看護師さんを呼んで睡眠薬(これまた人生初!)を貰うことにします。


<入院して6日目>
前夜の睡眠薬、寝苦しくって、なっかなか効かなかったです。 え?、睡眠薬ってこういうモンなんすか?
採血アンドお薬。
今着ている病院お仕着せのパジャマは、ちょっと着難い、って言うか。かなり動き難いと想うぞ。 とりわけ、この日はズボンのゴムが緩い奴に当たっちゃった。 丈も短いし。

同室のクレーマー氏、退院す。(病院側はホメ殺し作戦に出たらしい)それでイイんですよ。
想えば、病院内で働くスタッフの殆どが自分よりも若いんだねぇ。 しみじみ。
水を努めて飲むこと・・・・はいはい。

もう思い切って、個室に張り巡らされたカーテンを開けてみます。(我ながら、ストレスが溜まり始めていますねぇ)したら、風が入って来ますよ、想いの外。 室内の空調機の設置場所が悪いんだねぇ。

「テレビカード」なる病院内で流通するプリペイドカードを購入。(テレビは観ないんですが、洗濯機に必要のため) そして売店にてノート、団扇(あんまり暑いんで)そして洗剤を購入。  お通じ悪いので、今日も看護師さんから下剤を貰います。

午前のリハビリ。 作業療法士さん。 手が動くようになって来ました。 人間、自分では思いもよらない箇所の筋肉を使ってるモンです。

それにしても、病院お仕着せのパジャマは至って使い勝手が悪し。 もはや、上着とか要らないなぁ。
もはやじっとしていられなくって来ていて、歩行器に掴まって歩く、とにかく歩く。 歩き廻ります。

午後もリハビリ。 理学療法士さん。 左足を中心に。 歩行器無しで歩いてみる。
それにしても、病院のパジャマって歩き難い! 階段の昇り降りが矢鱈滅多ら難しいっす。 これには、ちょっとショック。

午後のリハビリその2。 言語聴覚士さん。 舌の運動の他、アタマを使う問題。 記憶力とか、暗算とか。 ヤメテ~! そういうの元から苦手なんですって。

午後のリハビリが終わると、もう仕事は無い。 後は夕食。 眠ったってイイのだけれど、未だ点滴が取れません。 21時にその点滴を外しに来るしねぇ。
その21時以降、部屋が涼しくなることが判ってきた(ココへ来て漸く)ので。 温度の下がるのをひたすらに待ちます。
しかし、眠くならない。 トイレにも行って無いし。
あ、点滴を外しに看護師さんが来た。 お願いしま~す。 細い腕が恨めしいかぎりです。
それにしても眠れない。 睡眠薬を貰うも、一向に眠くなりません。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 30, 2017

人生初入院

 
 
思えば私、これまでの人生を、病院というものとは無関係に、あんまり関わること無しに暮らして参りました。
それが此の度ですよ、我が人生で初のことになる入院を体験したんです。
今現在は、自宅療養ってカタチで家に居ますけれど。 ウン、最初は2週間という予定で入ったんだけれど、少うし伸びちゃいました。


<入院初日>
前週の金曜日あたりから体調の不良を感じ始めていた私。
週明けの日の朝、通勤の前にちょいと地元の病院に立ち寄っていく積もり(これとて私としては超例外的措置)が、即入院に。
準備もなにもなしに、イキナリ入院を告げられるってハナシには、ちょいとばかり焦りましたね。 初めての車椅子に乗り。 こちらも初の(簡易な)MRIに入り。 そして初となる病室入り。(入り口の奥側で窓際ではなかった orz) お仕着せのパジャマ。
とりあえずは職場関係とそれから家に、何本かコトの顛末を電話です。(あ~メンドクサイ)

未だ早い時間でしたので、食事も出ました。
こ、これが噂に聞くかの有名な「病院食」って奴ですかい? 美味しかったし、量もあるしで、俺的に、まったくオッケーなんですけれど。(かつて、二親共入院させている私ですけれど、あの頃はぜんぜん注意を払っていなかった親不孝モンです)
喰ってからめまい始まる・・・・・・
点滴の他、薬物の投与開始・・・・手際好いんだ、これが。

いろいろと未経験のイヴェントばかりあって余程疲れたんでしょう。 この日は直ぐに寝ちゃいました。 (て言うか、この日「だけ」は良~く眠れた)


<そうして入院二日目>
しっかり起床時間まで眠りました。 今日もお薬と点滴。
家の者来る。 サンダルに着替えとはありがたい。 感謝、かんしゃ。
看護師さんから初歩行器を借りる。 これをつかわなけりゃトイレにも往けないってか? また、めまい。 あっ、歩行器って便利かも。 歩いてすいすい。

それにしても、病室が暑~い。 温度管理はどうなっとるのか?
この辺で所属オケにも連絡しました。 こりゃ、暫くは休団ですかねぇ。
この日もあっと言う間に終わる。 入院するって、これで中々忙しいモンなんです。

それにしても暑過ぎて、なっかなか寝付かれませんね~。
同室計四名中にクレーマー氏一名在り。 あちゃ~。 でも、こちとら文句言いに立ち上がる程の元気もなし。 クチも廻んないし。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 14, 2017

カゼなのでした

 
 
ずいぶんと長いこと、更新をサボっておりました。 申しわけございません。m(__)m

ず~っと風邪を患っておりまして。
これ、罹ったのは先月のことなんですけれど。 それを長~~く引き摺っていまして、未だ完治に至らず、なんです。 今年の風邪、なんともシツコイ厄介者ですなぁ。

それでも症状の一番酷い時期が休みと重なったお陰で、なんとか仕事は休まずに済みました。
仕事に出ていられるだけ感謝ですね。
が、体調不良に甘え、諸事ダラシナクなってますよ。 深~く反省です。(__)

風邪をひいてこの方、睡眠時間を多めにとるようにしていまして、生活習慣的には改善されてますかね?
それと、一日中マスクを着けて暮らしていると、これが顔面がポカポカと暖かくって、今の気候には実に具合がイイです。(笑)

その風邪も、ココへ来てようやっと終点が見えて参りました。
長かった~!
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 19, 2016

健康診断

 
 
毎度まいどの健康診断、今年も受けて参りました。
場所は昨年受診した際と変わらず、東京駅の近くに在ります、とあるクリニックで。
前回と変わらないということは、何もかも勝手が判っているわけで、これなら余裕ですね。♪

が、そうではなかった。(笑)
勝手知ったる気分と言うのは、つまり、な~んの緊張感も呼ばないワケです。
お陰で、リラックスし過ぎちゃいましたよ。
遅刻こそしなかったんですけれど、ウッカリな忘れ物をしたり、また受付から呼ばれても反応が遅かったりと、とにかくダレきってましたねぇ。(反省)
それでも血圧の値が、前年と比べてバカに好くなっていまして、ここだけは、リラックス過剰の好い効果が出たのかもしれません。

健康診断のシステム・・・・各診断ブースのレイアウトや案内の仕方などは、昨年と同様だったようで。(この一年の内に、既に記憶が曖昧に?) 至って快適にしつらえてあります。
但し、受診者が大勢で混んでいたんでしょうね。 健康診断のコースをお終いまで廻り切るのに、想っていたよりも余程時間が掛かりました。
が、そうは言っても、診断を一通り終えた後の開放感ってのは、実にイイもんであります。
まっすぐ帰宅した私。 即、ビールの缶を開けていました。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)