April 23, 2011

またひとつ昭和は遠くなりにけり

 
  
元キャンディーズのスーちゃん(田中好子さん)、逝ってしまわれましたね。
想えばキャンディーズは70年代を代表するアイドル・グループでした。
それにしても55歳とは若い、若すぎるよ。
 
歌は世につれ・・・・・人はその時々の想い出と、往年のヒット曲への想い入れとを、大概セットにして持っているものかもしれません。
けれど私の場合、そういう例ってのが案外少ないんですよね。
なにしろあの頃の私は、流行歌とか、アイドルとか、そういった流行りもの全般を努めて避けて通っていた、至って偏屈で面白みのない少年でありました。
ですから、アイドルについての想い入れとかあんまり持ち合わせなくて、それにまつわる記憶も、同じ世代の人とくらべてずっと少ない。
これについちゃ、今になってみると随分と損をしたって気がしますね。 シマッタなと・・・・・

それでも自身の若かった日々、あの頃を象徴するようなアイドルの訃報には、やはり少なからぬ感慨が(自分でも驚くくらい)湧き上がりまして。
昨日から動画サイトでキャンディーズの画像ばかり見続けています。
久方ぶりに接する往年のステージからは、熱くて、純で、それから若干ウエットな70年代の空気が伝わってきました。
 
またひとつ昭和は遠くなりにけり、なのであります。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)