March 26, 2017

第20回千葉県知事選挙

 
 
本日は日曜日なれどもお仕事。
なんですけれど、この日、三月二十六日は千葉県知事選挙の投票日でもあります!
私は出勤の前、自宅から駅までの道すがらに在ります投票所にて、早めの投票を済ませておく事にしました。
今日はまた、オケの本番日でもあるのだよなぁ。(嘆息)

それにしても、今度の選挙は精彩を欠いています。
立候補者は四名。
千葉県、人材に乏しいなぁ・・・・と言うのが私の率直な感想ですかね。
投票率も好くは無さそうです。

過去二回、2009年、2013年と連続当選している現職・森田候補が圧倒的で、なんかこう、付け入る隙が無さそうですものねぇ。
が、そんな中にあって、松崎候補は現職・浦安市長のポジションを投げ打っての知事選出馬ですから、その覚悟のほどが窺えます。

        ▽▲▽▲▽▲

さて、夜になって帰宅してみれば、森田健作氏の当選が確実ですと。
熱血知事の三期目、(失礼ながら)まさかこんなに長く続くとは、想ってもみませんでした。
是非とも頑張って頂きたいものです。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 10, 2016

第24回参議院選挙

 
 
選挙権年齢が十八歳以上へと引き下げられて初の国政選挙です。

その投票日の今日、私は早めの時間を狙って、地元の投票所へと行って参りました。
相変わらずの風邪っぴきで、体調も好くなかったんですけれど。 ゲホッ、ゲホッ。 投票所が近所にあると、こういう時に助かります。

選挙の投票率・・・・ワーストの常連である千葉県民としては、どれだけの人が投票に来るのかも気になりますね。
選挙と言えば、つい先日のこと。 EUからの離脱を決める英国の国民投票で、その大方の予想を覆した結果は、あまりにも記憶に新しいところ。
そのことも、この日の投票に影響を与えて来はしまいか、なんて考えている私です。

選挙で訪れる度、閑散としていたこの投票所ですけれど、今回は想いの外、人数が集まっていました。 この投票所で行列に並んだのって(多分)これが初めてのこと。 選挙の結果、政治の趨勢がどうなるのかは置いといて、ここだけは、ちょっと安心しました。

体調が悪い時って、空の蒼さが却って恨めしくなりますね。 投票を済ませたら、速攻帰宅です。
ちなみに、人生初めての選挙に臨むであろう若者の姿は・・・・私の投票所滞在中、特に見当たらず、でした。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 27, 2015

平成27年船橋市議会議員一般選挙

 
 
久々の更新をさせて頂きます。m(__)m

新年度から職場が異動しまして、現在は(久しぶりに)都内で働いているもとよしであります。
忙しさ、と言うか身の周りの変化に併せること(チョー苦手!)にかまけまして、この間、ブログの方はず~っとサボっておりました。 はぁ。

        ▽▲▽▲▽▲

参ったマイッタとぼやく日々の中、それでも昨日の選挙は投票して参りました。

いつもは早めの投票を心掛けている私ですけれど、今回はちょいとばかり出遅れてしまいまして、お昼ちょっと前にいつもの地元投票所へと到着。

小さな公民館と言えども、この時間になると中々の人出でありまして。 地元の老若男女が続々と投票所へ足を運ぶ様子(その中には幼い子供たちを連れたファミリーも)と言うのは、見ていて中々頼もしいモンです。

一夜明けて、ネットで開票結果を見てみたらば、私が昨日一票を投じた候補はメデタク当選! よろしく頼みますよ!!
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 16, 2014

第47回衆議院選挙

 
 
第47回衆議院選挙の投票を翌日に控えた土曜日の夕刻。
仕事帰りだった私は、津田沼駅北口で選挙演説中の野田候補に出くわしました。
時間は・・・・既に19時を廻ったところ。
今回の選挙活動は、津田沼で締め括る積りのようです。
時間ギリギリまで使い切って、地元有権者との握手までして・・・・選挙ってホントに大変なんだなぁ、なんて、ノー天気な感想を持って家路に着いたわけです。
 
投票日(日曜日)も仕事のあった私。
早朝、家から駅へと向かう途上にある、地元の投票所に立ち寄りました。
こんな朝早くから投票に来るのは自分くらいかと想っていたら、他にも結構居らっしゃるものなんですね。 早朝から中々に活気がありました。
私も急ぎ投票を済ませ、そそくさと職場に向かいます。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
さて、選挙の結果は与党の圧勝でした。
共産党が、想いの他議席を増やして来たのがオドロキでした。
当地に関して言えば、2000年からこっち、連続当選を続ける野田さんが今回もまた当選。
今の選挙制度だと、こういう絶大な強さを誇る議員の居る地域に、新しい候補って出てき辛いんでしょうかね。
有権者からみても、結果が見え見えで投票のし甲斐がないってモンです。(違)
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 24, 2011

船橋市議会議員選挙

 
 
なんとまあ、愚かなるもとよしは今回の選挙の入場整理券を紛失してしまいました!
コトに気の付いたのは投票日の前日、すなわち昨日の午前中のこと。
取り急ぎ家中に大捜査線を敷くも、さっぱり見つかりませんでした。 嗚呼・・・・

で、当日のお昼になって同僚(今日もお仕事でした)から、選挙人名簿に登録されていさえすれば、入場整理券が無くとも投票は出来ると聞き及びまして。
夕方になってから、いつもの公民館で投票を済ませることが出来ました。(ほっ)

地元投票所の皆様、その節は大変ご迷惑をお掛け致しました。(陳謝)

         ▽▲▽▲▽▲

前回、県議会議員選の折にも想ったことですけれど、まだまだ選挙どこじゃあないってのが正直なところですね。
船橋市は定数50に対して64名が立候補。
今回、一体どんな人が立候補しているのか・・・・私は終に把握し切れませんでした。
各候補とも選挙活動に全力を傾注し辛い今の状況/風潮の中。 有権者としては一体誰に入れたらイイんだか、どうにも決め難くなっちまってるんですね。

船橋市議会議員の責を、さて誰に託すべきか。
私は今日の午後になって、もう一度ネットから情報を(え? 仕事もしましたってぇ!)仕入れ直し、やっとこさ、一票を投じる候補を絞り切りました。
 
 
 
     千葉県議会議員選挙 (2011年4月10日)
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 10, 2011

千葉県議会議員選挙

 
 
本日は日曜なれどもお仕事アリ!
で私は、出掛けにいつもの公民館に立ち寄り、投票を済ませから職場に向かいました。
朝イチってこともあるのかもしれませんけれど、いつにもなく閑散とした投票所でしたね。
果たして投票率はどのくらいになるのか、ちょいと心配ではあります。

         ▽▲▽▲▽▲

なんといっても東日本大震災の「あの日」からこっち、世間の関心が選挙に相対しきれているとは想えませんです。
戦後生まれの有権者の多くにとって、こいいう常ならぬ状況下での選挙は、おそらく初めてなんじゃあないでしょうか。
「とにかくもう、選挙どころじゃあなくなってるよね」ってのが、私の周囲での一致した見解です。
(因みに、被害状況が尋常ではない浦安市では、本日の投票は行われないとのこと)
いつもならば、此処を先途と声を嗄らす駅前の選挙演説も、今回ばかりはリキが入らない様子。
「今回は候補者に関して情報が少ないんで、一体誰に投票したらイイんだか・・・・・」ってこれは、今日職場で耳にした意見ですけれど、ともかく新人候補者にとって、とりわけキビシイものになりそうな、今回の千葉県議会議員選挙であります。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2010

第22回参議院選挙

 
 
先日あった第22回参議院選挙。
当地、千葉県では定数3のところへ民主党、自民党からともに2名ずつの候補が立ちました。
ガチンコ対決ですね! 人事ながら、同じ党の中で票を喰い合うんじゃあないの? なんて想ってしまいますけれど。

果たして、選挙の結果は民主党1、自民党1、みんなの党1というもの。
なんか、上手く出来てますねぇ。

選挙直後の新聞の社説など見ると、有権者の期待に応え得なかった与党・民主党に対する審判・・・・みたいなことが書かれていましたけれど、いやそればかりじゃあないと想う。

昨年夏の衆院選で野党・民主党に入った票の少なくない部分が、そもそも「長年に渡って安穏を貪ってきた自民党政権にお灸を据えてやれ!」という想いから来ているのではなかったでしょうかネ。
Aではもうお話にならないから、今ならばAに引導を渡せそうなBに、ってこと。 そのBが誰か、一体どんな奴かは、この際・・・・
だから、「期待」とは言っても、何かを明確に嘱望されていたというワケでもない。 そのように想います。

今度、当地においてみんなの党が議席1を獲得したのはAでもBでもないCだから、ですね、きっと。
もちろん、そんなことはみんなの党でもご賢察でしょうけれど。

まずは個人的に、ちょっと安堵の出来る選挙結果でした。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 10, 2010

参院選投票日前夜

 
 
明日は第22回参議院選挙の投票日です。
私自身は既に期日前投票を済ませているんですけれどネ。

今日の午後、JR津田沼駅を北口に出たら、どこからか聞き覚えのある声が。 それもすごいハイテンションの大音声で!

パルコ側に選挙カーを停めて、街頭演説の真っ最中のようです。
なんたって投票日前日ですから。 皆さんここを先途と、最後のお願いに駆け廻っているワケですね。

声の主は渡辺喜美みんなの党代表。
千葉選挙区は定数3に対して9名の立候補者。 民主党から2名、自民党からも2名(内1名は現職)。 みんな~からは代表その人が出張って来ましたか!

当地も選挙への関心は決して低くないと想うんですけれど、演説に聴き入る人々の数はさほど多くはない・・・・千葉県知事選の前日に森田健作候補(当時)が同じ場所に立った時程は集まって無かったですねぇ。

それにしても渡辺さんは服装が地味過ぎだよなぁ。 なんか、応援演説の熱さと反比例しちゃってますよ。 普通のオジサンにしか見えませんって。 そこが人柄なのかもしれませんけれど。
一方、肝心の水野賢一候補は、こうしてナマでお見掛けすると、今ひとつ押し出しが弱いというか、キャラが立ってませんねぇ。
まぁ、見てくればかり気にする私の方こそどうよって話なんですけれど。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 30, 2009

都市交通と暮らし方についてのアンケート調査

 
 
我が家に、封書で「都市交通と暮らし方についてのアンケート調査」なるものが郵送されてきました。

これは、東京都市圏交通計画協議会の行なうパーソントリップ調査(一定地域における人の動きを調べ、交通機関の実態を把握する調査)というものの一環とのことで、市民が日頃の生活の中で何を重視しているのか、鉄道やバスなどの公共交通について何を重視しているのかについてのアンケートです。

東京都および周辺地域の都市計画に役立てるということらしいんですね。
各地域ごとに市民の中から無作為抽出によってアンケートを送っているというんですけれど、そいうのって広報とかしてましたっけ?

今年から4年越しに行なうこの調査の内、今度のはその第一段階。 事前調査というフェーズです。
私のところに来たのは、差し出しが千葉県の県土整備部・都市計画課からで、名義は森田健作千葉県知事。
私も長年電車通勤などして、都市交通網のお世話になっている身ですからね、ここは協力せねばなりますまい。

アンケートは8ページあって、回答し終えるまで意外に掛かりました。
設問の中には、例えば「本格的な少子高齢社会となる[20年後の暮らし]について・・・・・」なんて切り出しの文もありまして、それへの行政サイドの対応が着実に始まっているのを実感してドキッとしちゃいましたよ。
ったく我ながら肝が小さいなあ。

とまれ、世の移ろいのシビアさを予感させられるアンケートではありましたね。
一通りの記入を終わらせましたので、さっそく明朝にでも投函する積もりです。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2009

千葉県不正経理 森田知事出番です!

 
 
この度、千葉県庁で発覚した不正経理事件。 調査の対象となった03~07年の5年間だけで、なんとまあ30億円にもなるんですと。 あんまり途方もない額で、もはやピンとこないですよ。
不正に使われたその金額もさることながら、県のほとんどの部局がそれに関わっていたことには、嘆息するより他ありません。

というわけで、ここは森田健作知事の出番です。
先日テレビで、幹部職を引き連れての謝罪会見が放送されていました。
もともと知事の公約であった東京湾アクアラインの料金値下げなど、与党となる民主党の掲げる高速道路無料化政策によって、その意義が揺らぎはじめていますしね。 ここは知事としても正念場でしょう。
ひとつ、謝罪会見での発言の通り「毅然として対処」していって頂きたいところです。

どうやら、思いっきり根の深そうな、県の不正経理体質。
それに立ち向かう、知事持ち前の熱血キャラ。 とにかくなにがなんでもやるんだ俺は男だ的イキオイの好さは、これはこの際相当に「ツカエ」そうな気がしています。

それにしても森田知事。 就任してすぐの頃、(不祥事を知って)直感的にこれは根が深いと思ったそうですけれど、それって県民的には、直感的にシックリこないんですけれどねぇ・・・・
だって、あの(!)森田知事がですよ、そういう面で切れ者か、県庁の内部事情にまで鋭い嗅覚を発揮するかっていうと、ハテナマークが瞬くじゃあないですか。
好いブレーン、しっかりしたスタッフに恵まれているのでしょうネ。
ま、熱血漢であれはたまた切れ者であれ、しっかりと職責を果たしてくれさえすれば、県民としては文句なしです。
なにはともあれ、これを好機として是非とも県庁を浄化して欲しいところであります。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧