February 19, 2015

ニット帽

 
 
どこから見ても、丸いアタマの持ち主である私。
丸顔 = 円満と表現すれば聴こえも好いんですけれど、これって言い換えれば、シャープさとは無縁の貌ですよ。 どこから見てもまるでメリハリのない自分の相貌に(詰まらない意識とは承知しつつ)いささかの引け目があります。

それに、まあるいアタマって、その形状からして、帽子のすわりが大変よろしくないんですよね。
どんな帽子をかぶっても、アタマに引っ掛かりのない分、どうにも安定してくれません。
ぴゅ~と風でも吹こうものなら、すぽっと脱げて飛んでゆきそう。
なので私は、帽子ってものがスゴク苦手でした。
子供の頃(校則でかぶっていた)はともかく、大人になってからはついぞかぶった覚えがありませんでしたね。

        ▽▲▽▲▽▲

さて、私がそれまで短めに垂らしていた髪をバッサリ刈り上げて、坊主頭となったのが二年ほど前のこと。
当初は三部刈り(6ミリ)程度にしていたんですけれど、それも段々と短くなり、今では電気バリカン付属のアタッチメントを一切使わず。 直に刈ってしまっています。

こうして、能う限り短く刈り込んだ我がアタマ。
風通し好く、とても快適だったんですけれど、でも、真夏の強い陽射しにはまいっちゃった。 なにしろ目一杯に短くしていて(ほぼ)地肌みたいな状態のところに直射日光ですからね。(笑)

で、昨年の夏のこと。 散歩の途中、あんまり暑いんで、已むなく百円均一のお店に駆け込みまして、キャップ(野球帽)を買い求めました。
かぶってみると、これが日光を上手く遮ってくれて実に快適なんです。
現金なモンで(あんなに帽子嫌いであった私が)これに味を占め、外出のたびキャップをかぶるようになりました。

但し、この百均のキャップ、如何にも安っぽいんですよね。 いえ、詰まらない見栄と、判っちゃあいるんですけれど。
しばらくしてから(津田沼駅南口のユザワヤにて)もう少ししっかりしたキャップに買い換えました。 すっかり気に入りまして、以来こちらを愛用しています。

        ▽▲▽▲▽▲

そして先日。 風が強く吹いて、おっそろしく寒かった日曜の夕刻のこと。
オケの練習に出掛けようと楽器を担いだところで、愛用のキャップが見当たらないのに気付きました。 その時は時間もなかったので、久々に百均キャップを取り出して練習に出ました。
私のユザワヤ・キャップ、一体どこに隠れているのやら。

仕方がないので、翌日になってニット帽を買い込みました。
これ、暖かいっすね。 すっかり気に入っちゃった。(笑)
なにしろ丸顔ですから、そりゃもうぴったりとアタマにフィット。

かぶるにこと欠いて、丸顔の一番引き立つニット帽を愛用するとか。
もはや帽子についての苦手意識なんて、どっかにいっちゃってるワタシです。
若い頃は嫌であったオノレの丸いアタマを、とうに受け入れている自分が居ました。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 25, 2005

黒い革靴

毎日の通勤に履いてきた革靴(ビジネスシューズ)が、気がつけばボロボロになっていた。 ボロボロって、比喩とかではなく本当に、文字通りボロボロのヨレヨレである。 靴底に未だ穴は出来ていない。

一体、靴には拘りを持たない性質である。 お洒落は足元からって話しを聴いたことがある。 出所は靴屋さんかもしれない。 あるいは、気に入りのを何足も買い集めて、履物道楽みたいにしている人も知っている。
自分はといえば、本当に必要最小限しか持っていないのである。 つまり、平日用の黒の革靴に、休日に履くスニーカーと。 それだけ。 (登山靴など、特殊な用途のもは別にして)

こんなボロ靴になるまで好く履いて来たわいと、吾が事呆れつつ、近所のマーケットで新しい靴を買って来た。
見たところ、これまで履いて来た革靴と何ら変わらないけれど、今度のはカンガルー革製である。値段は特に高くも、また安くもなかった。 そうですか。 カンガルー・・・ねえ・・・ 自分的には、この際、カンガルーでもコアラでも構わないので。 本当かどうか、確かめる術などないけれど、靴に挟んであった紙片にはそう書いてあったのである。
デザイン? どうでもよろしい。 黒い色を選んだのは、これまでに、黒しか履いた事がないから。 値段にも(少しでもお買い得な奴とか)それほど感心が無い。 それにしても、ちょっと、拘りが無さ過ぎじゃありませんかね。

で、履き心地の方は、これだけ、そろっぺえな買い物をした割には、これが、至って歩きやすいのである。 うん、悪くない。 これで、また暫くは、靴の事など考えなくなる日々が続くのである。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 23, 2005

バンダナ

ハンカチよりも断然、バンダナを愛好している。
普段、スーツのポケットに入れているのも、ハンカチではなく、バンダナであることが多いのである。

バンダナの色はなんでも好いけれど、やはり、白や濃緑などの地味な色合いが、なにかと扱いやすくて重宝する。
バンダナの模様と言えばペイズリー柄と決まっている。 何故だかは知らない。 但し、同じペイズリーとは言っても、ゾウリムシ(ちがふ)の大きさや配列は様々で、だから、色とりどりを何枚も並べて、それぞれを見比べてみたりするのも、また面白いのである。 最近は百円ショップで扱っているから、本当に買い求めやすくなった。

バンダナの使い道は、その人の工夫次第で無限大、と言ったらオーバーだけれど、自分の場合は、ハンカチとしての用途以外に、小さな風呂敷として使うことが多いかな。
新品卸したてのバンダナと言うのは、ジーンズと同じで、どこかこっ恥ずかしく、気拙さの付きまとうものである。 だから、買ったばかりの奴を、早く箔の付くよう、用も無いのに何度も洗濯機に突っ込んだりしたこともある。

昔々、バイク雑誌で読んで知ったバンダナの使い道のひとつに、焙煎したコーヒー豆をバンダナで包んで、それを石で叩いて粉々に潰して、そこにお湯を注いでコーヒーを煎れると言うのがあって、そんなワイルドな野点に長らく憧れていたものである。
これなども、真新しいバンダナを使ったのでは、お話しにならないのは言うまでもない。

| | Comments (8) | TrackBack (0)