March 01, 2013

我が青春の石丸電気3号店

 
 
ネットを廻っていてたまさか知ったんですけれど。 秋葉原の石丸電気・・・・現在は家電量販店エディオンの傘下に入って、エディオン秋葉原本店と言うそうですけれど・・・・そのお店が、このほど閉店するのだそうで。
かつてはアキバの代表的な大型電気店であった、「電気のことなら石丸電気。石丸電気はアキ~ハバ~ラ」のあの石丸電気です。

一時期、石丸電気に度々通ったことのある私。
このニュースには、一方ならぬ感慨がありました。

        ▽▲▽▲▽▲

かつて、静岡から上京して来たばかりの私が、まず最初に敢行したことのひとつが秋葉原詣ででした。
アキバと言っても、オタクも萌えも、パソコン/コンピュータすら未だない、(古き好き!)電気街の頃のお話しです。

やがて、秋葉原の石丸電気には、輸入盤クラシックのLPレコードが豊富に取り揃えられていることを知った私。
石丸電気の3号店を訪れるわけですが・・・・
そのクラシック専門フロアに初めて立ち入った折りの、私の、コーフンと来たら、もう!

なにしろ、生まれて初めて目にする大量の輸入盤LPの数々。 しかも、その全てがクラシックです。
それまで、クラシックのLPと言えばレコード店の片隅に申し訳程度、寂しく積まれている状況しか知らずにいた私とって、これはもう、宝の山を発見したようなモンです。
東京はスゴイって、心底想った瞬間でした。

今でも想い出すことが出来ます。
クラシックのフロアに足を踏み入れる度、私を迎えた、むせ返るようなビニールの匂い。
それは即ち、当時憧れてやまなかったのクラシックの本場、欧米を象徴する香りでした。

レコード棚にびっしりと詰め込まれた、途方もない数の欧米直輸入盤LP。
そこに収録されている、当時国内では一般的でなかったマイナーレーベル/楽曲/演奏家の数々の魅惑。
LPレコードの盤質やジャケットの体裁も、国内盤とは明らかに違っていて、そんな処にも一々シビレタんです。
私にとって、正しく聖地でした。

爾来、ここへは何度もなんども通い詰めて、レコード・コレクター(という程の者でもなかったンですけれど)への路を歩んだわけです。

我が青春の想い出。
石丸電気3号店のお話しでした。
  
  

| | Comments (8) | TrackBack (0)