July 26, 2020

弱くなったなぁ

 
  
Dscf6784_-3  
  
また随分と更新をサボっちゃいました。(^^ゞ

昔々、東京駅の割と近くで働いていた頃のことですけれど。

なにしろ忙しくってですね、日々残業(それも終電間際まで orz )が当たり前でした。
幾らやっても、仕事は後から後から。
忙しかったんですねぇ。(>_<)

そんな中。
連日のオーバーワークの結果、もとよし 遂にトチ狂ったんでしょうか?(笑)
いつしか、食事は辛いものばかり好んで摂るようになっていました。
はい、それまで(味覚に関して)ごくノーマルだったワタシが、突如重度の辛党へと転向しちゃいました。

爾来、カレー屋さんに入れば必ず激辛を所望。
スパゲッティやピザにはタバスコ雨あられ。
お蕎麦屋さんでも唐辛子ドバーとかね。

その後、忙しくしていた仕事が一段落して、チョー繁忙期を脱しても、この時身についた嗜好は変わりませんでした。
辛党(それも重症の)人生を歩み始めたんですね。

        ▽▲▽▲▽▲

さて、それが三年前の入院を契機として、味の好みがすっかり変わってしまったようなんです。
退院後、以前のように辛いモノを喰っても、辛さを負担に感じるようになっちゃってる。

どうやら、身体が辛いものを求めなくなった。
というか、辛さへの抵抗力が無くなったようなんです。
「オレって辛いものなら大概OK」とか想っていただけに、なんか寂しいです。

けどまぁ、トシ相応のマイルドな味覚に方向転換しなさいってことですね。

        ▽▲▽▲▽▲

先日、職場でのお昼に食したのが「蒙古タンメン中本」の北極ラーメンと称するカップ麺。
中本と言えば、激辛のラーメンを出すことで有名な名にし負う名店で、北極ラーメンはそのなかでも特にヤバいと評判の最凶メニュー。
中本はアレをカップ麺化しちゃったんですね。
カップに「辛さの極地」なんて書いてあります。(笑)

果たして、このカップ麺は今の私には(やっぱり)辛過ぎでした。
そして、あんまり愉しめなかった。 美味しく頂きました・・・・とは決して言えない。(>_<)
小さなカップ麺を相手に、なんか敗北感があります。(^^ゞ
 
 

| | Comments (4)

February 09, 2020

船橋:麺屋あらき 竃の番人 外伝

  
 
ワケ(!?)あって、地元、JR西船橋駅近くのラーメン屋さんで夕食を。
「麺屋あらき 竃の番人 外伝」
なんか曰くありげで、妙にフクザツな屋号ですけれど。(笑)
こういうのが今風なんでしょうか?

私がラーメン屋さんに入るのって、実に久々のことです。
病気して以来、ラーメンって喰い物とは、すっかり縁遠くなりました。
その以前なんて、しょっちゅう喰ってたのにねぇ。

いえ、カップ麺や、インスタントもののラーメンならば、日頃から喰ってはいるんですけど。(^^ゞ
でも、こうしてラーメン専門店に入って食すラーメンは、本当に久々のこと。
魚介系から出汁をとった、如何にも今風のやつです。

久々の(専門店で喰う本格的な)ラーメン。
いや、実にじつに旨かったです。(感涙)

私が注文したのは、あんまり具を乗せていない、お店で一番ベーシックなやつだったんですけれど、それでも、喰い終えて、想いの外にお腹一杯です。(^ァ^)
あれ、ラーメンって・・・・こんなにもしっかりとお腹に溜まるものだったんだっけ?(^ァ^)
というより、コッチの食が細くなったってコトなんでしょうね。(^^ゞ

久々のラーメン屋さんでした。
 
 

| | Comments (4)

February 04, 2020

節分

 
 
節分でしたね。(^ァ^)
節分と聞くと、反射的に「豆まき」って応えてしまう私ですけれど。(笑)

ところが、いつの頃からか、この時季になると「恵方巻」なんてぇものが幅を利かせるようになってますね。
何でも、その年の恵方を向いて、太巻きを食べるんだそうで。
でも、毎年そう聞かされても、この風習、私は未だにやったことがありません。

なんでも大阪の方の風習なんだそうで、だったらこの恵方巻、どうして他の地域、例えば関東でも行われて(と言うか、売られて (笑) )いるのか?
コンビニの店頭なんかで恵方巻の のぼり を見掛るようになって久しいですけれど、その理由に付いては今もって判らず。(^^ゞ
まぁ、大方、大人の事情なんでしょ! ってことくらい、ワタシにでも察せされますケド。(^^ゞ
  
 
Photo_20200204201201
                     今年は西南西です
  
  
昨日は、電車の乗り降りの度に、いつも寄っている駅前のスーパーで、神戸屋さんの「お豆パン」を購入。

節分ですからってのは、まぁ言い訳です。(^^ゞ
このパン、以前から好物で、時々買い求めては喰ってるんです。
菓子パンの類は、あんまり食べないよう心掛けている筈なんですケドね。(^^ゞ

やっぱり旨かったです。(^ァ^)
鬼は~外! 福は~内!

 
 

 

 

| | Comments (2)

December 22, 2019

また忘年会でした

 
 
またしても職場の忘年会です。
今回もまた、小規模の席でした。
場所は、今度のは職場から少し離れたところ。
自分的には帰宅路線につながる駅の近くでしたので、帰りはラクさせて貰いました。(^ァ^)

        ▽▲▽▲▽▲

で、今回はどこをどう間違えたのか、一座の話題の中心が蛇/トカゲなどの爬虫類、それからネズミの飼育(ペットとして)の談義に。(^^ゞ
まぁ、そこは好き好きですから、どうぞご自由にって言いたいところではあるんですけれど。
ともあれ、私なんかの見も知らぬディープな世界に付き合わされました。

で、その話しを、しゃぶしゃぶツツキながら聞かされるワケです。(笑)
いえ、マニアックな話題に臆することなく、しっかり喰って来ましたよ。(^^ゞ スゴク美味しかったです。

今度は会がお開きとなるまで、最後までお付き合いしました。
というか、皆さん早目に切り上げてくれたんですね。(笑)
上品な会席で、今年の締め括りをして来ました。

 

| | Comments (0)

December 09, 2019

忘年会でした

 
 
先日、職場の忘年会がありました。
ちょっと早過ぎって気もしますけれど、なに、これくらいの時期が予約しやすいって事で。(笑)

場所は、職場からちょっとばかり歩いたところ。
ここ、ワタシ的に初めてのお店ですね。(^ァ^)
まぁ、このところ、外食からすっかり足の遠のいている私としては、どこへ入ろうが、その印象は新鮮なんですけれど。(笑)

席に着いてみれば、意外や少人数(我が職場としては)の会席でした。
まぁ、次々に配膳されるお酒も料理が、どれも美味しかったので無問題です。

        ▽▲▽▲▽▲

このお店。 酒食の配膳を店員さん一人でやっていました。
つまりフロアの仕事を、たった一人でこなしているんですね。
スゴイ働きぶりで、これにはビックリの我々。
経費削減の波がココにも押し寄せて・・・・ なんて、皆で語っている内に夜も更けて参りました。

        ▽▲▽▲▽▲

その内に職場の不平不満、ぼやきクレームのあれこれが俎上に上がりだしまして・・・・(^^ゞ
雰囲気が怪しくなって来たので、ワタシは早目に退散させて頂くことに。

すっかり弱くなったモンです。orz
まぁ歳だしねぇ。 体調を崩すのがなにより怖くて、もう、そんなには呑めません。(笑)

 
 

| | Comments (4)

March 17, 2019

坂の上の100円ローソン

 
 
100
 
 
拙宅からみて急峻な坂を上った先、県道180号線沿いに在りますローソン船橋西船六丁目店。 坂の上とは言っても、それより他に、近くにお店がありませんから、時々はお世話になるわけです。

で、しばらくして、同じ県道をもう少し南下した先に、もう一軒のコンビニがあるのに気がつきました。 これが、ローソンストア100中山競馬場通り店。

つまり、普通の(?)ローソンと100円ローソンが、同じ街道の、そう遠くない辺りに、ほぼ隣り合って(?)建っているワケです。

ワタシ的に、え~? 無印ローソンと100円ローソンって、出店するにあたって、連携したりするんじゃないの? 一店一店、戦略的に配置していくんじゃあないの?
とか、不思議に想うんですけれど、ともあれ、消費者からすれば、選択肢は豊富なほどイイですからね。 こちらとしては大歓迎です。

どちらのコンビニもローソン、とは言え、置いてあるものが違っていて、特に100円の方は(名前の通り)廉価な商品を扱っているので、ココを知ってから(今日はどっちにしようかって)お店の選択肢が豊かになりました。(笑)

この日、買い求めたのはプライベートブランドらしい「バリューライン」のベビーチーズ。 ラベルが緑のパルメザン・チーズ入りが目下のお気に入りです。(^ァ^)
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 25, 2019

ふなっこ畑

 
 
 Photo
 
                              (船橋市のHPからお借りしました)
拙宅から自転車でちょこっと行った処にあります「ふなっこ畑」。
JAの農産物直売所で、船橋市行田の巨大なサークル、旧海軍の無線基地の跡地の丁度ド真ん中にあります。

入店すると、広々として見通しの良い店内。
市内の他のスーパーとは、明らかに空気が違います。(笑)
なによりJAらしいのは、地元産(に限らず近県のも)の農作物や加工品など、いろいろと扱っているということ。
市内で採れた野菜が、売り場にずら~っと並べられている、この眺めって頼もしい。(^ァ^)
千産千消するなら「ふなっこ畑」です。
 
 
Photo_2
 
 
この日、買い求めたのは、船橋市内で生産された小松菜(試しに二種類買ってみました)と菜の花(もう咲いているんですね)。 それと、県内山武郡九十九里の おから でした。
  
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 03, 2019

進化する6P

 6p_2
 
 
乳製品の代表的なブランドとして、子供の頃からお馴染みであった雪印。
いつの間にか雪印メグミルクと、その名前が変わっていたことは私も知っていました。

でも、あの雪印マークまで、微妙にカタチを変えていたとは。 ワタシ、今日始めて知りました。(^^ゞ

事故とか合併とかあって、社名変更を機会に心機一転したかったのかもしれませんけれど、でも雪印と言えばあの雪の結晶マークが印象的で素敵したからね。 ちょっとしたアレンジを加えるだけで留めたのはナイスな判断と想います。

        ▽▲▽▲▽▲

発症して以来、私が日々常食としているチーズですけれど、中でも雪印の6Pチーズがお気に入りってハナシは、以前この「問はず~」でも記しました。

その6Pにもいろんな種類が出来ていたんですね。 これは、最近になって知りました。

目下気になっているのは「6Pチーズ こくとうまみ」って奴。
『「コク」と「うまみ」がギュッとつまった6Pチーズ』なんだそうです。
早速買い求めて食べてみたら、従来の6Pよりも若干濃いめのお味がワタシ好み。 そして6Pと同様しっかりとした食感。 これ、中々イケますよ。(^ァ^)

でも、何かにつけてコンサバな私。 スタンダード、ロングセラー商品を好む傾向にあります。
チーズはやっぱり、オリジナルの6Pの方がイイかな。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2018

成城石井でチーズを

 
 
日曜日なれど本日はお仕事。
朝から都内の職場に赴きまして、マジメに業務に邁進(笑)したわけですけれど、それが想いの他早めに(この季節、未だ充分陽のある内に)片付きまして。 ゴキゲンで帰路に就いたワタクシ。(^ァ^)

仕事を早く終えて、キモチにちょっとばかり余裕があったんでしょう。
途中マーケットへ(フラフラと)吸い寄せられまして、食料品を買い込みました。
立ち寄りましたのは、山手線某駅ビル内の「成城石井」。

        ▽▲▽▲▽▲

日曜日に「成城石井」でお・買・い・も・の~♪ です。(笑)

ここ、サスガに品揃えが豊富ですし、その何れもが高品質でハズレが無い。
なにより趣味がイイですよ!
でも、ちょっとお高いですかねぇ。(^^ゞ

いろいろと迷いまして、やっぱりチーズを買っちゃいました。
成城石井ブランド「桜燻しのスモークチーズ」。
 
 
 Photo
 
 
        ▽▲▽▲▽▲

この一年余り、いろんなチーズを喰って来て、だんだんと自分の嗜好が判って来ました。
私の場合(世間に広く受け入れられている)ミルキー/クリーミーな、柔らかなチーズよりも、クセのあるハードなタイプが好みのようです。

クセの強いハードなものは、ナチュラルチーズに多いんですけれど、(私が普段購入しているような)比較的廉価なプロセスチーズには、まず見当たりません。

そこで、手の届く範囲にある中で、せめて自分の舌に合うものを捜すわけです。
で、今日のは結構期待出来そう。(^ァ^)

        ▽▲▽▲▽▲

さて、「成城石井」のスモークチーズ。
これから食してみます。 たのしみ~♪(^ァ^)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2018

6Pと書いてロッピーと読む

 
 
6p
 
 
ご存知、雪印(正しくは雪印メグミルク(株))の6Pチーズ。
もう、ず~っと昔からありますよね。

なにしろワタシの最初期の記憶の中に、これが登場します。
父の晩酌のアテが、確かこれだったんです。

この大きさで丸いってだけでもユニークなのに、それがしっかりしたケースに入れられて、綺麗に六等分されているという、不思議なカタチ。
それを興味シンシンで眺めていたであろう、幼い日のボク。

おねだりして、父からひとつ、分けて貰ったりしたんだろうか。 なんて想うワケです。
幼児に6Pチーズなんて無理か?
でも、あの親父なら、面白がって与えたりしちゃったかもネ。 で、母に怒られたりして。(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

そんな6P。
調べてみたら1954年からあるんだとか。(で、これ、ロッピーって読むらしいですね。 知らなかった (^^ゞ )
なるほど、押しも押されもしないロングセラー商品ってことですね。

それにしてもこの6P(あまりに今更ながら、ですけれど)見れば見るほど面白い形です。(笑)
丸いケースの中にチーズの塊が六つ、一分の隙も無しにキッチリ詰まっている。 ならば機能的かと言うと、そうでもないし。
外形が丸い分、角に当るスペースが無駄になってますよね。
頑固一徹。 もう50年以上、ず~っとムダを貫いてる奴。(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

本来チーズを買う習慣って無かった私ですけれど、昨年来、食習慣が一変しましてしまい(糖質制限を開始)、そんな中で、いろんなチーズを食べ比べるようになりました。
で、この6Pも買い求めることに。

そしたらこれが、しっかりとした味と食感で、矢鱈と美味いでやんの。(笑)
比較的安価なプロセスチーズ群の中でも、特に出色の出来と言えそうです。
さすがはロングセラー、一味違うワケだ。

スーパーで安売りの折を狙い定めて(笑)買い求め、食している内に、独特の形状にも愛着が湧き始めました。(今頃!) やっぱこれでなくちゃね!(^ァ^)
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧