« 映画:わんわん物語 | Main | 読書:英語は動詞で生きている! »

January 17, 2021

中山競馬場外の馬頭観音

 
  Dscf0770_-15  
 
中山競馬場の外縁。
フェンスぎりぎりの位置に、馬頭観音が祀ってあります。

前々から気にはなっていたんですけれど、訪ねたことはありませんでした。
今日、買い物帰りにふと思い立ち、ぶらり立ち寄ってみることに。

        ▽▲▽▲▽▲

馬頭観音と言えば、以前私が住んでいた津田沼でも幾つか見た覚えがあります。
西船橋にもあったんですね。
それも中山競馬場に隣接して。

競馬場に馬頭観音って、如何にもって感じですけれど。(笑)
競走馬の供養という意味があるんでしょうね。
そしてまた、古くから人馬の往来の絶えなかったであろう当地らしいこと、とも想います。
  
 
Dscf0770_-6 
 
この他、古い石碑が幾つも集められていました。

人と馬との関わりがほぼ途絶えてしまっている現在、この競馬場外周に結集させるというのは、実に相ふさわしいことと想います。

石碑の中でも特に古そうなものなど。 見れば、文政二年と読めます。
十九世紀のはじめ。
千葉周作、伊能忠敬、シーボルトなんかの時代です。
歴史を感じさせられますね。(^ァ^)
  
 

|

« 映画:わんわん物語 | Main | 読書:英語は動詞で生きている! »

Comments

こんにちは~

 馬頭観音、お祭りしてるのですね。
競走馬の供養のためなのですか。興味深いです。
文政2年、かなり古いものもあるのですね。
確かに歴史を感じます。
珍しい風景紹介ありがとうです。

Posted by: みい | January 19, 2021 12:50 PM

馬頭観音長野方面を旅しますと結構見かけますね。
俄然興味がわきましてわが地方を調べたところ市内にありました!(^^)/しかも私が画材を買いによく通る場所です。
温かくなったらそのあたりを散策してみましょう。楽しみが出来ました。

Posted by: おキヨ | January 19, 2021 02:17 PM

>みいさん

今は競馬場の広大な敷地が広がる当地ですけれど(今でも尚)畑がひろがっていますし、ところどころ水場もあるしで、かつては人馬の盛んに行き交う街道だったのではないかと想像されます。

捜せば、まだまだ往時の遺構とか見付かりそうで、散歩の折りなど、出会うこともあるかと楽しみです。(笑)

Posted by: もとよし | January 20, 2021 05:00 AM


>おキヨさん

こういった石仏、石碑などなど。 日頃、何気なく通り過ぎていた道筋で、ある日、ひょっこり見付けたりしますね。(笑)

中でも馬頭観音のが多い地域と言うのは、やはり馬との関わりのあった場所。 往時の民間信仰からまつられて来たんでしょうね。
とりわけ石仏など、馬をかたどった意匠が確認できて興味深いです。(^ァ^)

Posted by: もとよし | January 20, 2021 05:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 映画:わんわん物語 | Main | 読書:英語は動詞で生きている! »