« おさつの季節です | Main | 令和二年十月の通院です »

October 30, 2020

読書:世界を歩いて考えよう!

 
 
社会派ちきりんの

   世界を歩いて考えよう!
 

 
     ちきりん著
 
 
        2012年   大和書房
 
 
(インターネットの)著名ブロガー(「Chikirinの日記」の管理人)による一冊。
ブログに書いた記事をまとめたってワケではなく、この本のために書き下ろしたようなんですけれど、そこは人気と実力で、こうして立派な本が出せちゃうんですね、 凄いです!(^ァ^)

        ▽▲▽▲▽▲

著者は、お若い頃から海外旅行が好きだったんだそうで、名立たる観光地から、観光客など滅多に訪れることのない辺境の地まで、世界各国を廻って(延べ50ヶ国を超すんだとか!)見聞を深めてきたのだとか。
そこは社会派をなのるだけあって、どこへ行ってもリクツっぽいですぞ。(笑) 語る、語る(笑)
そして、どこへ行っても/ナニを前にしても自然体。
その考察の、偏りの無いニュートラルさ(そして深さ)に感心させられます。

        ▽▲▽▲▽▲

お若い頃から、絶えずあちこち旅行している。
それも、同じ地域を何度も訪れている。
ってことは、その地を(特段その国/地域に暮らしているってワケでも無いのに)十年~二十年という長いスパンで俯瞰する(定点観測じゃあないですけど)ことにもなるんですね。

と言って、軸足はあくまで日本に置いている(そして我が国の政治・経済・社会への考察を日々欠かさない)ので、その視線は我々から見て極々自然な、深くナットクのゆくもの。

長い間には、社会体制が大変換するなど、激動を経ている国があります。
それとは逆に、十年一日の如く変化の無い国も。
そして、大小の変革のあった国。
中には、国家そのものの在りようが・・・・

ともあれ、長い時間を掛けて、その国/民族の歴史そのものに(日本に住みながら)立ち会って来たようなモンですね。
それってスゴイと(なんて単純な感想 w)想う。

        ▽▲▽▲▽▲

昭和の、まだまだ海外旅行の難しかった時代から、発展途上国にさえどんどん立ち入り、体感して廻るなど、ともかく大変な行動力です。

そんな、旅行の達人の著者ですけれど、でも、誰もが知るような著名な観光地も廻っていて(ここンとこはフツーの観光旅行者と変わらず)しっかりと愉しんで来てます。(^ァ^)
こういうトコ、好感が持てますね。w

あと、こういう方って、かえってアート関係は苦手なんじゃあ?
なんて(失礼ながら)勝手に想っていたら(ホント、私の偏見もいいとこですけれど (^^ゞ )美術館や遺跡なども、有名無名取り混ぜて幅広く見て(そして愉しんで)おられます。

        ▽▲▽▲▽▲

ともあれ、先へ先へと進む著者のパッションと知力/行動力にはホトホト感心させられます。
(オレだったら、どっか一箇所にひっ掛かってしまって、そこから先に進めなさそう(笑))
こういう旅の仕方(それは、人生の過ごし方でもある)もあるんだねぇ。(^ァ^)
 
 

|

« おさつの季節です | Main | 令和二年十月の通院です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« おさつの季節です | Main | 令和二年十月の通院です »