« 令和二年九月の通院です | Main | 読書:なぜ時代劇は滅びるのか »

October 09, 2020

すみだ北斎美術館

 
 
Dscf7786_-25
  
 
お正月があって、夏があって、それから秋にも。 大相撲の本場所中ともなれば相撲ファンで賑わう国技館、そして両国駅ですが。
そこから、やや離れたところ。 と言って、駅からそのままトコトコ歩いてゆける辺りにあるのが、この「すみだ北斎美術館」です。

        ▽▲▽▲▽▲

その名が示す通り、葛飾北斎の遺した作品を中心として展示しているんですけれど、その建物のデザインがなかなか個性的でした!

ワタクシ、この建物の存在については、ずっと以前から気付いておりまして、すぐ傍を走るJR総武線の車窓越しに眺める度、その思い切りの良い、シャープなデザインに感心していました。
けれど、これが葛飾北斎の為の美術館とは(つい最近まで)知らずに居ました。

いわゆる「江戸趣味」とは対極にあるような、銀一色で窓とか見当たらない、シンプルな(一昔前の「近未来的」な)デザインと、浮世絵の巨匠とが結びつかなかったんです。

決して大きな美術館ではありませんけれど、地元墨田区の運営ですし、扱う対象も、葛飾北斎とその周辺に絞ってあるわけで、丁度手ごろな大きさにまとめたと言えるのかも。
建物のコンパクトなサイズからは、余分なものをそぎ落とした小粋さ。 そして、山椒は小粒でもぴりりと辛い (^ァ^) 的な小気味良さを感じます。

        ▽▲▽▲▽▲

そんな「すみだ北斎美術館」。
これまで総武線の車窓から眺めるばかりであったのが、平日に休みが取れたのを良い機会に、ふらり訪れてみました。

なにせ(あんまり話題に上る機会も無い)比較的コンパクトな美術館ですし。 その上テーマが北斎ひとりに絞られていまして、まして、この日はウィークデー。
館内はガラガラなんじゃないの? って、なんとなく予想していたんですけれど、あにはからんや、そこそこの人出がありました。 サスガ巨匠! 葛飾北斎。

        ▽▲▽▲▽▲

この美術館。 区の施設だけあってか、巨匠・葛飾北斎を記念する/讃える役割も果たしているようです。

ロビーには、地元の小学生が見学した折りの感想文なんかも展示されていまして、教育目的に活用されている様子。

そもそも北斎は現在の墨田区で生まれて、そしてそのまま、生涯の殆どを区内で過ごしたのだそうで。
ならば、郷土の偉人、大先達ってわけですね。 そりゃ、子供たちにしっかり教えておかねばってことになるワケだ。(^ァ^)
 
 
Dscf7786_-21
 ※ この日は曇りがち。 ではあったんですけれど、美術館の外壁の銀色に、曇り空がオドロオドロしくもマッチしていました。(笑) 

  
生憎とこちとら、浮世絵や葛飾北斎について、ほとんど知識がありません。orz
それでも「神奈川沖浪裏」とか「甲州石班澤(かじかざわ)」など、「富嶽三十六景」の錦絵はワタシでも知っていた。
シロウト的に、こういう著名な作品が掛かっていると安心します。(笑)

それから、これは版画の良いところで、オリジナルプリント(当時の初刷りとかに)にこだわらなければ、状態の良好なのを選りすぐって展示出来るんですね。(^ァ^)

名高い「北斎漫画」は、小冊子化された複製が展示されていましたけれど、その点数が豊富(過ぎ (^^ゞ)で、かえって見切れなかったくらい。 これは、いつか機会をつくって、ゆっくり見てみたいですね。
 
 

|

« 令和二年九月の通院です | Main | 読書:なぜ時代劇は滅びるのか »

Comments

こんにちは~
 北斎美術館ですか~行ってみたくなりました^^。
建物が確かにユニーク、現代美術館かと思いますね。
いつか上京出来たら是非行ってみたいです。
あ、わたしも詳しくはないですが💦

Posted by: みい | October 10, 2020 01:45 PM

>みいさん

この美術館の(いかにも区の施設らしい)素っ気無さ。
ワタシは嫌いじゃないです。(笑)

この「すみだ北斎美術館」だけを目指して両国まで、というのには、収蔵点数が少な過ぎでしょうか。(^^ゞ
上野(ここから、そう遠くないです)にある大きな国立美術館の浮世絵コーナー(?)の方が、明らかに沢山ありそうです。(笑)
まぁ、こちらはあくまで北斎の地元・墨田区の施設ですし。
国技館での大相撲見物や、江戸東京博物館を観覧にいらっしゃる時など、ちょっと立ち寄ってみる形がベターかも。(^ァ^)

Posted by: もとよし | October 10, 2020 03:04 PM

両国に美術館ができた!とあればやっぱり北斎でしょうね。
私事ですが、20代という若いわかぁい頃、両国は国技館裏に住んでおりました。懐かしいですね両国。ちなみに隣のおじさんは松登というお相撲さんでした。「たぶんご存じないでしょう。

60代であったなら私両国まで出かけましたが、いかんせん80過ぎではおっくうですね、(-。-)

Posted by: おキヨ | October 11, 2020 01:32 PM

>おキヨさん

国技館の辺り、おキヨさんもご存知でしたか。(^ァ^)
両国にお相撲さん。 絵になりそうですね。
あの辺りは、国技館もそうですが、新しい建物がどんどん建っていまして、勢いを感じます。

因みに船橋、習志野方面にも相撲部屋がありまして、私が以前住んでいたJR津田沼駅や、そして今居る西船橋駅でも、ごく稀にお相撲さんと思しき若者とすれ違うことがあります。(^ァ^)

Posted by: もとよし | October 11, 2020 08:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 令和二年九月の通院です | Main | 読書:なぜ時代劇は滅びるのか »