« 映画:天使にラブ・ソングを・・・ | Main | 映画:苦役列車 »

May 25, 2020

新型コロナ過の今、歳を重ねること

 
 
子供の頃は、自分もやがてその時が来たら(自動的に!?)大人になれるんだろうって、ボンヤリ(安易に)想っていたものでした。
でも、ンなこたぁ無かった。 当たり前のことなんですけれど。
なんとも情けないことに、年齢だけ重ねておいて、しかし心の(歳相応な)成長が伴いません。

        ▽▲▽▲▽▲

さて、新型コロナ過を受けて緊急事態宣言がなされている中、今年もまた誕生日を迎えた私。
これにて六十歳ですよ。 オメデタクも還暦。

でも、年齢に見合っただけのオトナに、未だなってないなぁ。
というのが(情けないことに)この歳になっての所感です。
まったく、お恥ずかしい話ですけれど。

これだけの年月を掛け、馬齢を重ねておいて、まるで成長してないじゃないか!
と、目下(心の底から)ガックリ来ているところ。

        ▽▲▽▲▽▲

さて(一日遅れでしたけれど)昨日のお昼、家人にも(ささやかに!)祝ってもらいました。
好かったじゃない? 的なことを言われるんですけれど、そんなもんかなぁ?
ともかく、まるっきり実感が無いんですね。

それにしても、この瞬間を新型コロナの緊急事態宣言下に迎えるとは想わなかったです。
 
 

|

« 映画:天使にラブ・ソングを・・・ | Main | 映画:苦役列車 »

Comments

還暦おめでとうございます。
だれもが到達しそうですが、達さない方もいらっしゃるわけで、やはりおめでとうございます。

私も到達した時には先輩方にくらべなんと未熟な、と思ったことです。昔にくらべたら「八掛け」の感覚ですから50前、まだまだ色々なことが出来ますし、いろいろなことが待っていますよ。

Posted by: weiss | May 26, 2020 08:28 AM

めでたく還暦と!?・・・おめでとうございます!
60代突入ですか・・・お若いんだ~~。
私から見ると今の60代は青年!
長いお付き合いですが今までなぜ気が付かなかったのかしら。こんなお若い方と思わなかった。
おそらくもとよしさんが広範囲のものしりのせいかと思います。

Posted by: おキヨ | May 26, 2020 12:58 PM

>weissさん

ありがとうございます。

そうですね。 還暦をついに迎えない方も・・・・
コメントを読ませて頂いて、そんな当然のことに(やっと)考えが至り、自分より若くして逝った友人らのことが(今更ながら)想い出されました。
ともあれ、いつまで・・・・なんて、誰にも判らないわけで、まだまだこれからっていう気概が必要ですね。

Posted by: もとよし | May 27, 2020 07:03 PM

>おキヨさん

ありがとうございます。

年齢に対する印象って、加齢に伴ってどんどん変わってゆきますね。
今、自分が五十歳を越えた当時のことを思い出そうとしたんですけれど、果たしてどんなだったか、いまひとつ記憶にありません。(笑)

六十歳も、過ぎてみれば(ただ数字が加算されたというだけで)当たり前のことなんでしょうけれど。
ともあれ、これからは「還暦間近」ということを意識せずに済んで、むしろ楽なのかと。(笑)

Posted by: もとよし | May 27, 2020 07:04 PM

こんにちは~

 還暦でしたか^^。
おめでとうございます🎂♪
誰しも人は年を重ねて生きてゆくんですね。
自分はいつまでも変わらないつもりだけど(笑)
歳を重ねた分だけ内面は成長してると思います。
これからも楽しく歳を重ねて生きましょう^^。

Posted by: みい | May 29, 2020 11:20 AM

>みいさん

ありがとうございます。
成長は・・・・果たして、しているんでしょうか?
まるっきり実感の無いのが、なんともお恥ずかしいところです。(^^ゞ

でも、年齢の分だけ(その内容に関わらず)確実に重ねて来ての今日なんですよね。w

これからもよろしくお願い致します。

Posted by: もとよし | May 31, 2020 09:43 PM

>みいさん

ありがとうございます。
成長は・・・・果たして、しているんでしょうか?
まるっきり実感の無いのが、なんともお恥ずかしいところです。(^^ゞ

でも、年齢の分だけ(その内容に関わらず)確実に重ねて来ての今日なんですよね。w

これからもよろしくお願い致します。

Posted by: もとよし | May 31, 2020 09:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 映画:天使にラブ・ソングを・・・ | Main | 映画:苦役列車 »