« 令和二年二月の通院です | Main | 映画:怪獣総進撃 »

March 01, 2020

冬の大柏川、乱舞するユリカモメ

  
 
Dscn2306_-36
 
 
日頃、私が自転車を漕いで出掛けることが多く、ここ「問はず~」でも紹介しています大柏川。(去年の桜、好かった~ (^ァ^) )
この先、真間川と合流して、東京湾に注いでいる川です。
つまり、海までは少しばかり距離があるってこと。

先日(二月下旬)、その大柏川に差し掛かったところ、冬らしく、ユリカモメが群れていました。
この時季、海の鳥がこんなところまで上がって来ていたとはね! (@_@)
東京湾→真間川→大柏川と遡上して来たんでしょうか?
のんびりプカプカ、川面に浮かんでいるかと思えば、フワリと華麗に空を舞って見せます。

橋の半ばに自転車を止めて、欄干にもたれて菓子パンかじっていたら、ユリカモメの一群にマークされちゃいました。(笑)
カモメって、あんまり人を恐れないんですねぇ。
それこそ、こっちがビビるくらい(笑)すぐ傍まで寄って来ます。
 
 
Dscn2306_-44 
 
しかたがないので(笑)菓子パンの端っこを摘まんでは、時々放り投げてやります。
したら奴ら、それを的確にキャッチ(驚くべき身体能力で)してゆきますよ!
そんなの当たり前なんでしょうけど、でもビックリさせられます。
   
   

|

« 令和二年二月の通院です | Main | 映画:怪獣総進撃 »

Comments

カモメ・・・浜育ちの私にとっては懐かしい鳥です。子供のころはウミネコの声で目が覚めたものです。
ユリカモメとウミネコは全く別の個体ですか?お写真を拝見する限りユリカモメはかわいらしい顔にみえます。ウミネコはけっこう鋭い目つきですよ。繁殖期には襲われるので怖くて近寄れませんね。

Posted by: おキヨ | March 04, 2020 02:20 PM

>おキヨさん

海辺の街にウミネコの群れ。
そう聴いただけで、もう情景が浮かんできますね。(笑)

当地のユリカモメはウミネコとは別種で、夏季を大陸で過ごす渡り鳥らしいです。(確かに、他の季節には見掛けません)
純白の羽毛が綺麗ですし、とにかく巧みに飛翔するので、つい見とれてしまいます。
でも、近寄って見るとクチバシがとっても鋭いんです。
幼い子供を連れていたら、ちょっと近寄れません。(^^ゞ

Posted by: もとよし | March 05, 2020 08:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 令和二年二月の通院です | Main | 映画:怪獣総進撃 »