« 映画:3月のライオン(後編) | Main | 映画:スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 »

December 29, 2019

荷風の散歩道

 
 
Dscn2073_-3
 
 
作家・永井荷風が京成八幡駅のすぐ傍(千葉県市川市)に居を定めたのは昭和三十二年のこと。 以来、亡くなるまでを、この地の住人として暮らしたわけです。

そんなことを、先日訪れた「永井荷風と谷崎潤一郎展」(市川市文学ミュージアム)で知り得た(今更ですけれど (^^ゞ )私。
文豪の足跡を訪ねて、京成八幡駅の付近へと行ってみることにしました。
なに、京成本線の二駅先。 自転車を漕いで、ちょっと遠出するくらいの距離です。

八幡までは単純そのものなコースですし、荷風の住居があったと思しき地域も、簡単に(いささか拍子抜けするくらい、呆気なく (^^ゞ )見つけることが出来ました。

荷風の暮らしたのは駅の北側。
このあたり、住宅が密集しています。
が、現在建っているのは(サスガに)新しい建物ばかりで、文豪の暮らした当時の雰囲気は、最早ありません。

荷風の住居。 あるいはその跡を示すような案内板とかも立ってはおらず。 しかし、近所の商店街に沿って「荷風の散歩道」なる旗が、ずらり下がっていました。(^ァ^)

永井荷風、京成線の走り過ぎる音(すぐ傍ですし)など聞きながら、「断腸亭日乗」を書き綴ったんでしょうか。
この商店街も、日々歩いたことでしょうね。
晩年の荷風が贔屓にしたという「大黒家」(いつもカツ丼を頼んだのだそうな)の場所も確認出来ました。
生憎と、近年閉店してしまった由。 その味、確かめること能わず。 此のこと心残りなり。

 
 

|

« 映画:3月のライオン(後編) | Main | 映画:スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 »

Comments

こんばんは

 文豪の散歩道ですか^^。
荷風の生きた日々に思いを馳せながらの散策も楽しいですね。大黒屋さん閉店してましたか~残念でしたね!

一年があっという間に過ぎ去ろうとしています。
今年も交流ありがとうございました。
来年もよろしくです<(_ _)>

良いお年をお迎えくださいね。

Posted by: みい | December 29, 2019 08:39 PM

>みいさん

商店街に沿って揺れている綺麗なカラーの旗の眺めと、荷風の(昭和/戦前)イメージとのギャップが面白かったです。(笑)
 
大黒家さん、ほんの数年前までは営業していたそうなんですけれど。 その存在に気付くのが遅すぎました。(^^ゞ

今年もいろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。
好いお年をお迎え下さいませ。(^ァ^)

Posted by: もとよし | December 30, 2019 06:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 映画:3月のライオン(後編) | Main | 映画:スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 »