« 病院をハシゴした日 | Main | 市川市観賞植物園 »

August 22, 2019

小説:カエルの楽園

 
 
カエルの楽園
THE PARADISE OF FROGS
 
 
    百田尚樹 著
 
 
       2016年    新潮社
 
 
「永遠の0」の著者による意欲作。

奇妙な寓話から、この小説は始まります。

ここに登場するのはカエルさんたち。
カエルって言ってもいろんな種類。 アマガエル、ツチガエル、ウシガエル などなどが、それぞれ独立した国家を形成しています。

一種族一国家。 それぞれ体格、棲む地域、性質、そして歴史も異なるカエルたちの国です。
そしてゲコゲコ鳴く代わりに、仲間同士でお喋りします。
時に会話が熱くなることも。
そう、このカエルの皆さんはとっても議論好きのようです。

        ▽▲▽▲▽▲

一方で、この作品世界は徹底した弱肉強食です。
この点に関してだけは、現実世界となんら変わるところがありません。

カエルは小さな虫を食しますけれど(アマガエル、ツチガエルなどの)弱い種のカエルは(ウシガエルなどの)より強力なカエルや他の動物(モズなど)から喰われることもある。

一見童話のていを取っていて、その実おそろしく殺伐とした世界観です。

        ▽▲▽▲▽▲

読み始めてすぐに判ることですけれど、これって現実世界、国際情勢を模しているんですね。
各々のカエルの「種族」とは、すなわち国家の比喩です。 大国もあれば小国も。

主な舞台となる、ツチガエルたちの建てたナパージュ国って、これ、まず間違いなく日本(Japan)のことでしょう。
他種の動物たち(ウシガエル、ヌマガエル、ワシ)は、それぞれ諸外国のこと。

ツチガエルらのナパージュ国(Japan)は、自分たちより大きな種族(諸外国)の中に在って、しかし平和と繁栄を享受しています。

        ▽▲▽▲▽▲

平穏無事なナパージュ国(Japan)から一歩外に出れば、そこは弱肉強食の世界です。
小さなツチガエルなんて、簡単に喰われちゃいますから。

そんな中で栄えていられるナパージュ。
何故かって?
ツチガエルの論客が熱く説くには、ナパージュには以前から「三戒」なる決まりがあって、それさえ守っていれば絶対に侵略されるハズがない! だからだそうで。
これ(三戒)って、憲法9条のことですね。

つまりこの「カエルの楽園」ってお話は、日本における憲法論議を寓話化したものだったんですね。
それにしても、一篇の小説まるごとが寓話でなんすから、念が入ってます。

登場する人物は特定の誰かだったり、社会的な勢力、言論機関や大衆の声だったり。
ツチガエルの論客デイブレイクやハンドレッド、強大な鷲のスチームボートなどなど、誰がどの新聞や論客、大国のことなのか、すぐにピンと来るところ。

これ、導入部を寓話のカタチで始めて、そのうちにドラマに移るのかと想って読み進めていったら、結局お終いまで寓話で押し通しました。(爆)

不毛な議論ばかり重ねて、愚かとしか思えぬ結果に向かって突き進むツチガエルたち。
ウン、好く判った。(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

しかしながらこれ、終盤まで来ると流石に飽きて来ますね。
だって、この作品世界が現実の日本と、周囲の諸外国を表しており、ツチガエルたちの間で交わされる議論が憲法9条についてのそれを模しているとすれば、この先どうなるか、予想出来ちゃいますからね。

        ▽▲▽▲▽▲

しかも、この小説はその先。 未来まで描いちゃった。

つまり、現実世界が(著者の案じる方向に)このまま行ったらどうなるか? をシミュレーションして見せるんです。

さて、作品世界をここまで緻密に造り上げておいて、お終いに待っている展開。 あまりに皮肉な、悲劇的な結末はゾッとします。
最も実現してはならない、でも、ひょっとしたらあり得るかもしれないケース。
一種の(皮肉過ぎる)未来予測になっています。

 
 

|

« 病院をハシゴした日 | Main | 市川市観賞植物園 »

Comments

面白そう!
だけど、未読の本がまだ7,8冊。己が目と、書棚の為本の買いだめはあまりしないことにします。
もとよしさんもそろそろ読書をセーブしませんとお目が心配。。。

Posted by: おキヨ | August 22, 2019 12:36 PM

>おキヨさん
 
とにかく、一風変わった小説でした。(笑)
 
この本、私はいつも行く図書館で借りて来まして、その返却期限が2週間後なんです。
それだけあれば、読めないワケはないんですけれど、でも、早く読まなきゃっていう脅迫観念が、どうしても付いて廻りますね。(笑)
 
幸い「カエルの楽園」は平易な内容で、なにより短かったので、直ぐに読み終えられましたけれど、急いで読むのも、また眼に負担が掛かりそうですね。
充分気を付けたいと想います。(^^ゞ

Posted by: もとよし | August 22, 2019 07:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 病院をハシゴした日 | Main | 市川市観賞植物園 »