« March 2019 | Main | May 2019 »

April 30, 2019

小説:神去なあなあ日常

 
 
神去なあなあ日常
 
 
   三浦しをん 著
 
 
       2009年  徳間書店
 
 
三浦しをんワールド。 今回は都会育ちの主人公が、山で木を切って働く羽目に!w

※ 横浜の高校を卒業して、進学/就職するでもなく(これといって目標もないまま)とりあえずコンビニのバイトでもやって喰いつなぐか、くらいに考えていた主人公が、無理矢理(!)に三重県の神去村へと放り込まれます。
そこは、主人公の見も知らぬ山奥の里。 林業を生業とする人々の世界でした。

        ▽▲▽▲▽▲

カントリーライフへの関心の高まる中、如何にも時宜を得た企画って感じですね。(^ァ^)

意に沿わぬ仕事に就かされて、当初は反発する主人公。
チェーンソーの扱いをはじめ山仕事のあれこれに戸惑い、ダニ/ヒルなど山の住人たちの襲撃にビビリ(笑)ながらも、やがて山仕事の先輩/ベテランたちの熟練した仕事ぶり/山暮らしの知恵、その深さ/豊かさに傾倒してゆくのでした。

つまりこれ、都会育ちのガキが山仕事を通じて男になってゆくという、そういうお話しです。
まぁ、ありがちではありますけれど。

そこに山暮らし/山仕事のトリビア、百年先を見越して樹を育ててゆく林業という生き方、そしてアミニズム的な描写、などなどが彩りを添えます。

主人公の(如何にも今時の)若者らしい言動と、この著者ならではの暖かさ/慈しみに満ち満ちた文章も魅力です。

作品全体からは、林業で暮らす人々への理解/リスペクトが篤く感じられ、これは執筆に当って、さぞ入念な(林業周辺への)取材を重ねたであろうと察せられます。

        ▽▲▽▲▽▲

それにしても、好きだなぁ。 この、神去村の世界。
読んでいて、子供の頃、大好きなお話を読んでいて度々想った感覚・・・・この小説の世界に入ってみたい。(^ァ^) そうして中村林業(株)の中村精一班に加わりたい。(^ァ^)
そんな衝動を(実に久々に)味わいました。

読んで大満足の一冊でした。
 
 

| | Comments (4)

坂の上のSEIMS

 
 
Seims
 
 
私が今の住まいに引っ越して来て、暫く経ってからだったでしょうか。
近所のローソン(以前に書かせて頂いた、拙宅から見て随分と急な坂を登り詰めた先にあるローソン船橋西船六丁目店です)の隣で、なにやら工事が始まったのに気が付きました。

何かのお店でも建つんでしょうか?
生鮮食料品の充実したスーパーだとイイな。(^ァ^) とか期待しちゃうワケです。 ワクワク。w
やがて建物が形を成して来まして、そこに現れたのは、まさかのドラッグストアでした。
ドラッグセイムス船橋西船橋店。

またですか。orz
ここいらもう、ドラッグストア多すぎだっつ~の!(^^ゞ

なにしろ拙宅の界隈、一度にぱっとは想い出せないくらい沢山建っていまして、ドラッグストアに取り囲まれているかの感があるんですけど。(^^ゞ

        ▽▲▽▲▽▲

そうは言っても、この新しく出来たSEIMS。
店内は広々。 接客のサービスも好くて、使い勝手はワルかないです。
さすがに生鮮食料品は少ないんですけれど。
すぐ近所、同じ通りに面して店舗を構えるローソン100円ローソンにとっては脅威でしょうね。

しかし、幾らなんでもお店がデカ過ぎないですか?w
いつ見ても、お客さんは少なそうですし、広い駐車場も半分以上空いたまんま。

現在、この近所の二ヶ所で、大きなマンションが建設中でありまして、あるいは、それを見越しての出店なのかも、とか想像するわけですけれど、ともあれ、この先の切り盛りがちょっと心配なSEIMS。

私も早速会員カードを作りまして、まめに通っては買い支えて(大げさ (^^ゞ)います。

        ▽▲▽▲▽▲

本日、平成最後に日に買い求めたのは、ヤマザキの低糖質パン二点。
こういうものを取り扱ってくれているのはウレシイ限りです。(だから、撤退しないでね (^ァ^))
 
 

| | Comments (2)

April 29, 2019

鎌ヶ谷スタジアム(日ハムXDeNA)



Dscn0569_20190428_dna-24  
 
 
黄金週間です。 どっかに出掛けなきゃなりません。(脅迫観念w)
そうはいっても、混雑している場所がなにより苦手ときているワタシ。
じゃ、どうするか?
そこで、地元でやってるイースタンリーグの公式戦ですよ。

        ▽▲▽▲▽▲

今回もまた、自転車漕いで鎌ヶ谷スタジアムへと向かいました。 お天気でヨカッタ~♪

この日のゲームは 北海道日本ハムファイターズ 対 横浜DeNAベイスターズ 戦。
大型連休とあって、スタジアムはお客さんでいっぱい。
でも、窮屈さ/不自由を感じさせられるまでには混んでない。 丁度好い感じの入りでした。(^ァ^)

客席は、ちびっ子連れのファミリー層/若手選手が目当てと思しき女性/リタイア後らしきお年寄り/根っから野球好きっぽい男性。 などなど、老若男女バランスよく入っていて、なんかイイ感じです。(^ァ^)

これだけキレイに晴れると、もうそれだけで気分が高揚しますね。
蜂が何匹も飛んで来まして、客席の間をブンブンやってます。
この陽気で、きっと一気に羽化したんでしょうね。
鎌スタですから。w

そう言えば、前回の観戦の際、私の後ろに座った女性グループが、試合中客席にカマキリが現れたとかで大騒ぎしてましたっけ。w
まぁ鎌スタですから。(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

試合の方は、日ハムが序盤からパカスカ打たれまくって、1対11。
DeNAのワンサイドゲームでした。
我がファイターズは手も足も出ず、ベイに完敗です。
正直、後半からは観ていて眠かった。orz

DeNA、なんでも一軍の方は10連敗中っていうじゃないですか。
そんな時にファームで日ハム相手に圧勝なんですから、そりゃ溜飲を下げたことでしょう。

        ▽▲▽▲▽▲

日ハムファイターズ、前回鎌ヶ谷で観戦した折りと併せると、ワタシの中では連敗中です。
応援に行って負けると、やっぱガッカリ感がありますね。
これ、これまでスポーツ観戦してこなかった私にとっては新しい感覚です。

いえね、私、昔っから不思議でしょうがなかったんですけれど、世の野球ファンって、ご贔屓のチームが負けると、矢鱈と不機嫌(^^ゞになったりするじゃないですか。

あの現象がどうにも理解出来なかったんですけれど、こうして複数回観戦/応援して(そして負けて)みて、そのキモチが判りそうな気がして参りました。(^^ゞ

ナルホド、この歳になっても、まだまだ発見ってあるもんだなと感心した一日でした。(笑)
 
 

| | Comments (0)

April 28, 2019

船橋市西図書館

Dscn0308_-a   
 
私が日々通勤に使っていますJR西船橋駅。
そこから、そう遠くない位置にあるのがこの西図書館です。
当地へと引越しして来て以来、ここへは、しょっちゅう通っています。

        ▽▲▽▲▽▲

JR総武線と、その線路際を通る道路との細長い隙間(?)に建てられた様なこの図書館。
その竣工は平成二十三年と、比較的新しい建物です。
以前は別の場所に建っていたのが、東日本大震災の折に被災したのを機に、今の場所に建て替えられたとのこと。
なるほど新しい建物で、入る度に気分のイイ図書館です。(^ァ^)

蔵書は(一利用者としての感覚的に)少なめでしょうか。 でも、さほど不自由は感じないレベル。
書棚のレイアウトとか、中々使いやすいんですけれど、でも、建物が線路際に建てられている関係で、フロアが細長~く造られていまして。 (例えば、私が本を捜す場合)2階・3階の間を移動~往復させられるコトが少なくないですね。

書棚を眺めながら(特に目的を定めず)只々歩き廻る時間の好きな私としては・・・・まぁ、これはこれで、運動になって良いモンです。(笑)

貸し出しのシステムは、洗練されてチョー快適。
ホントに便利な時代になったモンだと、利用する度に感心させられます。
お目当ての書籍がこの図書館にない場合でも(市内の他の図書館と連携して)予約とか出来るらしいですね。 私は未だ、そこまで使いこなせていませんけど。(^^ゞ

        ▽▲▽▲▽▲

それにしても、我ながら読むチカラが落ちたよなぁ。(溜息)
(通勤の時間を利用して)一週間もあれば読み終えられそうと踏んでいた本に、二週間以上掛かったりすることはザラです。

なにしろ、視力が劇的に落ちました。
小っさな文字を追っ掛けるのに、こんなにも苦労させられるとは。orz

加えて、思考のスピードそのものが遅くなったし、なにより柔軟性を失ったってことなんでしょうけれど。

でも、読みたい本/未読の本が、まだまだ幾らもありますすから、どんどん読んでかないとネ。(^ァ^)
図書館のデカイ書棚を眺めていると、ホントそう想います。
 
 

| | Comments (2)

April 21, 2019

船橋市議会議員一般選挙

 
 
本日は、平成31年船橋市議会議員一般選挙の投票日。
そう言えば先々週も投票したばかりですけれど、今回は市議会議員を選ぶ選挙です。

定数50名のところに、60名の候補者が立ちました。 大勢だなぁ。w
選挙活動ですけれど、あんまり激しいものではなかったような。
候補があんまり沢山居るんで、私なんかもう誰が誰だかって感じなんですけれど(笑)、それでも公示以来、自分なりに考えて一票の行方を決めました。

投票所は県議会の時と同様、地元某中学校の体育館。
今回も朝から出掛けたんですけれど、今回も静かでした。
既に桜も終わっており、前に比べて少し地味な雰囲気の投票所でしたね。
 
 

| | Comments (0)

April 14, 2019

ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム

    
Dscn0558_-37

 
先日の記事に書きました真間川、これは江戸川から分岐している川ですけれど、この真間川に合流している川がありまして、これが大柏川です。(ナンカややこしくてスイマセン(^^ゞ)

ある日、その大柏川沿いを自転車で流していたら、上流のその先、だんだん山間っぽく(ここいらはもう鎌ケ谷市)なって来た辺りで偶然(!)見つけたのがこの野球場、ファイターズ鎌ヶ谷スタジアムです。

        ▽▲▽▲▽▲

ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム。
北海道 日本ハム・ファイターズ二軍の本拠地兼練習施設。
鎌ケ谷市内、千葉県の内陸部で見掛ける「北海道」の文字、なんか眼に異質に映りますね。(笑)
どうして日ハムのファームがこんなところにあるのかっていうと、まぁいろいろと経緯があったようで、とにかく90年代から今の場所に。
野球に疎い私、そんなこととは全然知らなかったです。

        ▽▲▽▲▽▲

さて二軍とはいえ、そこはプロのこと、この球場でイースタン・リーグの公式戦とかもあるワケです。
これはもう、観戦に出掛けるしかありませんね。(^ァ^)

本日、若干曇っていたのが気になりはしましたけれど、鎌ヶ谷スタジアムまで自転車漕いで(ウチからだと結構掛かるんですけれど (^^ゞ )行って来ました。

        ▽▲▽▲▽▲

さあ、これが多分、ワタシの人生で二度目となるプロ野球観戦。
一度目は、まだ東京ドームの出来る前(気の遠くなるくらい昔のハナシですねw)の、旧後楽園球場で一戦見たっきりです。
その時も(ワケあって)日ハムの試合。
だからこの日は、数十年ぶりのプロ野球観戦でした。
なんだか、日ハムと縁のある私。w

        ▽▲▽▲▽▲

さて、本日の対戦相手は千葉ロッテ・マリーンズ(の二軍)です。
ん?、千葉って? 地元のプロ球団じゃないですか。
千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムがホームグラウンドの、あのマリーンズ。

一方、北海道日本ハムファイターズの二軍はと言うと、この鎌ヶ谷スタジアムがホームグラウンド。
今回は地元球団同士の対決(?)となりました。

あれ?、私はどっちを応援すりゃイイのって想っちゃいましたけれど、流れ(笑)で日ハム側の内野スタンドに着座。

        ▽▲▽▲▽▲

日曜日と言う事もあってか、お客さんは結構入っていますよ。
それも、日ハム・ファイターズのユニホームとかキャップその他、観戦グッズを用意して臨む人が少なくなかったです。
鎌ヶ谷の日ハム二軍、熱心なファンに支えられているんですね。(^ァ^)

相手側の千葉ロッテのスタンドも、そこは地元だけあってか、ファンが大勢詰め掛けています。
鎌ヶ谷スタジアム、盛り上がって参りました。(^ァ^)

        ▽▲▽▲▽▲

本日、始球式を務めたのは長与千種(懐かしい名前!)。
現在は、船橋で女子プロレス団体を主宰しているんだそうで、そのPR活動らしいですね。

時折、どこからか飛んで来る桜の花弁が舞い落ちる中、さあプレイボールです。

        ▽▲▽▲▽▲

試合の方は、なかなかの打ち合いで、退屈してるヒマがなかったです。(^ァ^)
スタンドの雰囲気も好かったしね。
ウン、なかなか面白かった。
我が日ハム、7対12で負けちゃったんですけれど。(爆)

でも寒いのには参ったね。 四月も半ばって言うのに。orz
雨も降り出しそうで、でもなんとか持ち堪えてくれたのは幸いでした。

地元の球団、また観戦しに行きます。
 
 

| | Comments (0)

今月の通院(栄養相談つき)

 
 
一ヶ月ぶりの通院です。
いやぁ~、先月の通院の際に先生から、次の診察では管理栄養士さんによる栄養相談がある旨、言い渡されて以来、この日までが長く感じられてですね、この一ヶ月というもの、プチ憂鬱でした。(^^ゞ

        ▽▲▽▲▽▲

担当医による通常の診察の他に、別室にて管理栄養士さんと面談。
主として最近の食生活を申告し、指導を受けるわけなんですけれど、なにしろワタクシ、これがもの凄く苦手です。(^^ゞ
食事の内容や嗜好について詳しく訊かれる前に、いろいろと言い訳をしはじめちゃって。(爆)

だからそういうところだよ、って言われればそうかもしれません。orz
いろいろと突っ込みどころのある自分の食習慣ついて、ハッキリ直視せずに来たのが、血液検査の数値に出て来ているんでしょうね。
いえ、ひとつひとつの数値の意味とか、よく判んないんですけれど。(^^ゞ

ともあれ専門家の視点から、いろいろと問題点の指摘、改善点についてのご提案を頂きました。 
        ▽▲▽▲▽▲

診察の方は、サスガに先月よりは幾らか(ホントに若干)好くなっていました。
先月の診察の際、体重の増加を指摘されて以来、自分なりに摂生を始めましたから、その結果でしょうか。
まぁ、結果の出るのはウレシイこと。

栄養相談で得た知識を参考に、来月の診察に向けて頑張ろうと想います。

 
 

| | Comments (4)

April 09, 2019

真間川の桜も満開でした

 
  
今季二度目となる真間川でのお花見です。
やっぱり見て来ました。
案の定満開ですよ。 

Dscn0485__-25

いや ~、また自転車漕いで見に行ってみて、ホントに好かった。(^ァ^)
その前日見て来た海老川沿いの桜と比べると、こじんまりとした、しかしその分ノンビリして、ゆっくりと観て廻れる桜でした。
自分的に、今年は桜の当り年だなぁ。(^ァ^)

        ▽▲▽▲▽▲

翌月曜日は朝から終日雨で、夜になってから、もの凄い雷鳴が轟きました。(>_<)
マジ怖かったです。(^^ゞ
そして火曜日はキッパリ晴れて、なんか忙しいお天気です。(笑)
 
 

| | Comments (4)

April 07, 2019

千葉県議会議員一般選挙

 
 
本日は、平成31年千葉県議会議員一般選挙の投票日。
私も朝から投票に行って参りました。

今の住まいに移って、始めて迎える選挙/投票日です。
これまでの某公民館から、今度は地元某中学校の体育館が投票所。
なんか新鮮だワ。w
なにしろ、ご近所だし、アサイチから出掛けるつもりだったんですけれど、ちょいと出遅れてしまいました。 ま、いっか。(^^ゞ

いそいそと中学校に向かったんですけれど、人出はイマイチで、この辺は公民館の時と変わらず。 静かな投票所です。 意外に年季の入った体育館でしたね。

そしてクルマで来る人が、割と多かったですね。
まぁ場所が中学校なんで、駐車スペースには事欠かないですし。
この辺は、某公民館と違うところ。
折りしも校庭の桜が満開でした。 絵になるねぇ、新学期の桜。(^ァ^)

        ▽▲▽▲▽▲

投票者数は179,859名、投票率は34.91%と、相変わらずの低投票率。orz
定数七名に対して立候補者は十二名ですが、その内の六名が現職。
有権者の関心が低いことも相まって、新人にはキビシそうな選挙区です。(^^ゞ

さて、私が一票を投じた候補者は・・・・
 
 

| | Comments (0)

海老川の桜が満開です


Dscn0456_-1_3
 
船橋市の中央を流れる海老川、その海老川沿いに整備された遊歩道。
以前は徒歩でよく歩いた、勝手知ったるマイお散歩ルートですけれど、そこへ、今回は自転車で向かいました。

舞い散る桜吹雪を浴びながら、海老川沿いを走ったんです。
そう、海老川沿いにズラリと植えられた桜は、今が満開。
ホント、今年は丁度好い時期に観に行く事が出来ました。(^ァ^)

ここ何年か、桜の開花期になると、決まって忙しかったり、あるいは、お天気が好くなかったり。
中々満足のゆくお花見って出来なかったですから。(^^ゞ
それが今年は、年来の鬱憤(?)を晴らすかのような素敵な桜体験が出来ました。 あ~満足。(^ァ^)


Dscn0456_-8_3

海老川の桜、真間川に比べて、樹と花の密度(?)がずっと高かったですね。
その分、人が集まるんでしょう。 人出はずっと多かったです。 屋台も出ていましたし。(笑)

あまりの人出に、自転車を降りて、牽いて歩く場面も少なくなかったですね。
歩けば、その分、桜をゆっくり愛でられるんですから、歩き大いにケッコウなワケです。(^ァ^)
いや、好かった。


| | Comments (2)

April 06, 2019

読書:時代劇は死なず!

 
 
時代劇は死なず! <完全版>
 
   京都太秦の「職人」たち
 
 
     春日太一著
 
 
         2015年 河出文庫
          (初出は 2008年 集英社)
 
 
かつて、我が国において、娯楽の王様であった映画。
昭和の頃、日本全国に映画館が建てられ、国民的エンタメとしての地位を得てから、やがて、テレビにそのポジションを奪われるまでの間、邦画にとっての黄金期というものがあったわけですね。
とりわけ、時代劇の人気は圧倒的でした。
そして時代劇と言えば、その発信元は京都太秦。

        ▽▲▽▲▽▲

戦前からの松竹京都撮影所。
大映京都撮影所は、大映の倒産後、スタッフが結集して映像京都を名乗ることになります。
そして戦後生まれの東映京都撮影所。

太秦の地では松竹・大映・東映の三社がしのぎを削り、それぞれ時代劇を撮り続けたわけです。

        ▽▲▽▲▽▲

諸行無常。 全盛期を謳歌していた邦画界が、斜陽期へと差し掛かったのが1970年代。
家に帰ればお茶の間にテレビ、という風景がもはや当たり前となって、これじゃ映画を観る人も減りますよね。 テレビはタダなんだし。w
当然、映画館に掛けられる時代劇、撮られる新作も激減するというもの。
つまり(映画人にとって)仕事が無くなるということ!

この、映画産業低迷期/先の見えないどん底の時代を、各映画会社/撮影所はどう乗り切ったのか?
各々の撮影所(で働く人々)は(それぞれ独自のやり方で)テレビ時代劇造りへと活路を求めました。

映画界からテレビ界への転身。
当初は、随分と抵抗があったらしいですね。
この当時の映画人の多くに、映画 > テレビ という根強い意識があったようで。
(なにせ草創期のテレビです、モノクロ~初期のカラー/小さな画面/低解像度の画面と来ていますし)

ともあれ、当時のテレビ時代劇では、長年映画の世界で鍛えられたスタッフが、映画のやり方(それより他に知らなかったですから)で撮った、言わば劇場用映画クオリティの作品が毎週オンエアされていたということ。 なんてゼータクなんでしょう。w

        ▽▲▽▲▽▲

それにしても本書、子供の頃にテレビで観知ったタイトル(再放送も含めて)が続々現れます。 懐かしい~(^ァ^)
大川橋蔵の意向で東映作品になった「銭形平次」、市川昆と「木枯らし紋次郎」、そのカウンター番組として企画された「必殺シリーズ」、そしてカツシンの「座頭市」。
そうそう、昔は夜のゴールデンタイムとか、当たり前のように時代劇が流れてましたよね。

そしてその製作裏話。
こちらは(そこは子供のことで)な~んも考えず、只々ダラダラと眺めていただけですけれど、ブラウン管の向こうでは、時代劇のプロたちが、生き残りを賭けた渾身のドラマ造りを続けていたんですね。

        ▽▲▽▲▽▲

本書が上梓されたのは2008年。 (その後、2015年に改定されて文庫化)
既に往年の勢いを失い、苦戦を続けていたテレビ時代劇。
が、しかし、未だ一縷の希望のあった時代ではありました。

時代劇、未だまだいけるぞ! と。

そんな中で、本書は好評を持って迎えられたそうで。
そのことは、一読して充分に理解出来ました。

若者からすれば、知られざる(そして驚くべき)歴史ですし、昔を知るオールドファンや古参の映画人からすれば、よくここまで調べてくれた/よくぞ書いてくれたと快哉を叫びたくなる内容。
そして、若い世代の著者が時代劇に寄せる情熱が、全編に渡って迸っています。 とにかく熱い!

往年の映画スターや監督を語る本は、評論・評伝・自伝まで含めて数々ありますけれど、その他の映画スタッフ、脚本・キャメラ・照明・美術・編集などにまでスポットを当てた本書。
極めてユニークでかつ興味深く、読み応えのあるものでした。
 
 

| | Comments (0)

April 04, 2019

甲子園 祝・習志野高校準優勝!



第91回選抜高等学校野球大会。
平成の御世では、これで最後となるセンバツ甲子園。

お隣、習志野市の習志野高校野球部が、準優勝という快挙を成し遂げました。
お見事でした!(^ァ^)

その応援団の吹奏楽の響きが、人呼んで美爆音!
などと、話題を提供した大会でもありました。

いやアッパレ! ご立派です!!(^ァ^)


| | Comments (0)

April 01, 2019

真間川堤桜まつり

 

 
このところ、自転車で真間川沿いの路を往くのに、すっかりハマっている私。
昨日訪れた折りは、桜の咲き初める中を愉しく走って来ました。(^ァ^)

 

_1_2

 

一級河川・真間川。
江戸川から分岐して船橋市/市川市を流れ、やがて東京湾へと注ぐ川です。

冬の間は、ずっと気がつかずにいたんですけれど、その川沿いには桜の樹がズラリと植えられていまして、それが一斉に開花したのが、もうホントに見事でした。

 

真間川沿いの路を往く人々、普段から少なくはないんですけれど、サスガにこの時期は人出が多かった。 地元の皆さん、鑑賞のポイントを好っくご存知のようです。(笑)

いつもどおり、自転車をノンビリ走らせているだけの私なんですけれど、それでも、この桜の下、なにやら気分が高揚して参ります。(^ァ^)

 

        ▽▲▽▲▽▲

 

折りしも、「第2回いちかわ真間川堤桜まつり」というのが開催されていました。 川沿いの小学校の運動場を解放して、屋台が沢山出ていました。 イイねえ、こういうの。

交差点を渡りに掛かったら、道の向こう側が、なにやら歩行者で混雑しています。
何事かと想い、通りの向こうを眺めたら、自転車で移動中の プリティ長嶋氏(とそのスタッフの皆さん)です。
また出馬するんだ?! そうそう、選挙期間中でした。 がんばってね~。(^ァ^)

 

_2_2

 

そのままどんどん下ってゆくと、川沿いに植えられた桜の下、道端で人々がお花見をしている場面に遭遇。
皆さん、ご家族・ご近所・小規模のグループなどで、それぞれが、大騒ぎするでもなく/慎ましく、愉しそうに過ごされていました。

それは、私がここ何十年もの間、ついぞ見たことのない「正しい日本のお花見」的な風景。
なんか、イイものを見せて貰ったって気分です。

 

 

| | Comments (4)

« March 2019 | Main | May 2019 »