« February 2019 | Main | April 2019 »

March 30, 2019

映画:X-MEN2

 
 
X-MEN2
X2
 
 
監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン  (ウルヴァリン)
   パトリック・スチュワート(プロフェッサーX)
   イアン・マッケラン   (マグニートー)
 
 
      2003年    米国

 

X2_5

  

人気アメコミを実写化した「X-メン」(2000年)の続編です。

にしても、チョー簡潔な原題だこと。(笑)
(因みに邦題の方は、今回表記方法をちょこっと変えてきましたね)

時系列上、前作が終わったすぐ後から始まるという、判りやすい/至って素直なパート2。
そしてこれ、実に好く出来たお話で、とっても面白かったんです。 いや~好かった。(^ァ^)

        ▽▲▽▲▽▲

寒々とした色調は一作目と同様。 冬のイメージが全編を支配します。

そして今回もまた、スゴイ超能力を駆使するミュータントが次々に登場します。
人材豊富(敵味方含めて)がウリの「X-MEN」というお話し。 一種、ミュータント群像劇という趣がありますね。

        ▽▲

まずは、前作で物語りの中心に居たウルヴァリンさん(ヒュー・ジャックマン)。
この御仁、相変わらず、失った記憶/過去の自分にこだわり続けています。

 オレは、一体誰なんだ?

自 分探し。
これが、この人の第一の(どうかすると悪人退治よりも大きな)行動原理です。
決して単純明快な正義漢だけで終わっていないところがミリョク。

今回、出自を探る独り旅(カラ振りでした)から戻ってみると、いきなり娘(じゃないけれど、被後見人みたいな存在)から、カレシが出来たのって告げられます。 ワォ!w

ちょいとウルヴァリンさん、アンタだいじょうぶ?
いつまでも自分の過去に囚われててどうすんの、くらい言ってやりたいです。(笑) でもやっぱ好きだなぁ、このキャラ。

それにしても、突然ムスメ(違うって)から見知らぬ若造を紹介されて、少しもうろたえない(!)ウルヴァリンさん。

        ▽▲

そして、正義の超能力者集団・X-MENの主要メンバーを構成しているサイクロップス、フェニックス、ストームたち。
彼/彼女らが、類型的なヒーロー像/正義の味方に留まっているのが、いまひとつ物足らなかったですねぇ。 元々がそういうキャラなのかもしれないけれど。

        ▽▲

加えて、今回新規加盟のミュータント、ナイトクロウラー(アラン・カミングが好演)。
アクマちっくな風貌でいて信仰に熱く、メンタル的にヘタレwで、ふるまいは超個性的(というかヘンな奴)w。
その彼が、ここ一番で活躍! やるときゃやる魅力キャラです。

映画の冒頭、激しい格闘シーンのバックに、BGMとしてモツ・レクの「怒りの日」を流し、凄惨さを盛り上げる(!)あたり、センスも秀逸じゃないですか。
この人が加わったことで、お話しが奥深く、そしてグッと面白くなっていますね。

 

X_4

 

ことほど左様に、ミュータント人材に事欠かないX-MENです。(^ァ^)
他にも、アメコミ原作ではお馴染みながら、映画版では活躍仕切れていない、そんなキャラがまだまだ居るらしいですね。

この映画では、その内の何人かがチョイ役で出て来たりします。
アメコミ読者だけに判る、謂わばサービスカット。

こういうのって、原作の長~い歴史(映画では描ききれて居ない)背後に控える膨大なストーリーを想起させられて(原作未読者にとっても)愉しいモンです。(^ァ^)

        ▽▲

X-MENのリーダー・プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)と、悪の首魁・マグニートー(イアン・マッケラン)。

長年に渡るライバル関係で、もはや愛憎入り混じった気持ちを懐き合う、二人の老ミュータント。

円熟のベテラン俳優二人が魅せる、正義と悪の二大勢力の代表者の因縁。 前作から続くジジイ対決が、相変わらず味わい深いです。

        ▽▲

そのマグニートー。 最強のミュータントにしてX-MENの宿敵。
この人、なにしろ強過ぎですw。

そして、主張/立ち位置が正反対のプロフェッサーXを相手に、終わりのない言い争いとなることもしばしば。
ある意味、プロフェッサーXとはコインの裏表の関係ですかね。

今作では、ミュータントを世界中から根絶やしにしようとする新たな強敵(米政府・対ミュータント対策本部顧問、ウィリアム・ストライカー)の出現にあたって、X-MENたちと共闘する道を選びます。

その凶悪さ故、厄介極まりないマグニートーですけれど、しかし味方につければ、これほど頼もしいヤツも居ないわけで、これは胸熱な展開と言わざるを得ません。

        ▽▲

そのマグニートーの手下、変身の名手ミスティーク。

変幻自在、誰にでも即座に姿を変えて敵地に潜り込み/近接格闘となれば圧倒的な強さを見せ/その上ヘリコプターの操縦まで出来ちゃうって、幾らなんでもチート過ぎでしょ。w

なによりマグニートーに忠誠を尽くす女ミュータントなんですけれど、でも、その内心は・・・・この人はこの人で、いろいろと考えてそう。

 

X2_1

 

さて、X-MEN2。 今回もまた、差別/偏見の問題にスルドク切り込んでくれています。

このテーマ、X-MENというシリーズ全体に通低するんでしょうかね。 ウン、アメコミ奥深い。

特殊効果/アクションも愉しいし、お話しとして、もの凄く好く出来ています。
X-MENの二作目、ホント面白かった。

 

 

 

| | Comments (2)

March 17, 2019

坂の上の100円ローソン

 
 
100
 
 
拙宅からみて急峻な坂を上った先、県道180号線沿いに在りますローソン船橋西船六丁目店。 坂の上とは言っても、それより他に、近くにお店がありませんから、時々はお世話になるわけです。

で、しばらくして、同じ県道をもう少し南下した先に、もう一軒のコンビニがあるのに気がつきました。 これが、ローソンストア100中山競馬場通り店。

つまり、普通の(?)ローソンと100円ローソンが、同じ街道の、そう遠くない辺りに、ほぼ隣り合って(?)建っているワケです。

ワタシ的に、え~? 無印ローソンと100円ローソンって、出店するにあたって、連携したりするんじゃないの? 一店一店、戦略的に配置していくんじゃあないの?
とか、不思議に想うんですけれど、ともあれ、消費者からすれば、選択肢は豊富なほどイイですからね。 こちらとしては大歓迎です。

どちらのコンビニもローソン、とは言え、置いてあるものが違っていて、特に100円の方は(名前の通り)廉価な商品を扱っているので、ココを知ってから(今日はどっちにしようかって)お店の選択肢が豊かになりました。(笑)

この日、買い求めたのはプライベートブランドらしい「バリューライン」のベビーチーズ。 ラベルが緑のパルメザン・チーズ入りが目下のお気に入りです。(^ァ^)
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

久々の通院でした

 
 
先日、久々の通院をして参りました。

前回が昨年の十月ですから、また、随分と間が開いてしまいましたね。
その間ず~っと担当医に診せず。(>_<)

仕事に私用にと、なんだかんだで都合をつけられず、ずるずるサボり続けたワケですけれど、言い訳なんて出来ません。 (健康/命より大切なものなんてナイわけで)
お薬(毎日飲まなきゃならないヤツなんですけれど)の在庫も、とっくに尽きていました。

        ▽▲▽▲▽▲

診察では、体重が増えちゃった点を指摘されました。
食習慣の管理がダメダメ。 ハイ、油断・慢心の結果です。
完全にイイ気になってましたね。

お陰で、来月の診察の際は、栄養士さんの面接(?)が入る予定に。(憂鬱)
気を引き締めて、来月の通院目指して(摂生にw)励みます。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 16, 2019

映画:SR サイタマノラッパー2

 
 
SR サイタマノラッパー2
 
    女子ラッパー☆傷だらけのライム
 
 
監督・脚本:入江悠
出演:山田真歩 :アユム (蒟蒻屋の娘)
   安藤サクラ:ミッツー(旅館の娘)
   桜井ふみ :マミー (ソープ嬢)
   増田くみ :ビヨンセ(市議会議員の娘)
   加藤真弓 :クドー (走り屋娘)

   駒木根隆介:MC IKKU(埼玉県から来たラッパー)
   水澤紳吾 :MC TOM (     〃     )
 
 
         2010年   日本
 
 
 Sr2
 
 
地方(ここでは埼玉県)に在住する若者の抱える悩み/焦りを、ラップを通して痛烈に描いてみせた「SR サイタマノラッパー」(2009年)の続編です。
そう、痛烈でしたね。 ホント、あの前作は痛かったよ。 心に刺さったモン。(^^ゞ

        ▽▲▽▲▽▲

※ 家業の蒟蒻屋をテキトーに手伝う主人公が、折々想い出すのは高校時代の経験。
たった一度参加した地元のライブ、そして高校の文化祭でステージに立ったことでした。
ある日、埼玉県から来た二人組みラッパーに、道を訊かれるのですが・・・・

あの時の高揚感を、また味わってみたい。
そんな、叶わぬ想いを胸に抱いて、日々悶々と過ごす山田真歩。
小柄で健気、そして子供っぽい、ダサ可愛い主人公です。w
どうしても応援したくなる。(^ァ^)

その親友に、この後(今現在、正に現役の!)朝ドラ・ヒロインを努めることになる安藤サクラ。

前作で共感を呼んだ、埼玉のラッパー二人組が、狂言回しとして登場するのもウレシイ。(^ァ^)

        ▽▲▽▲▽▲

前作で供覧された、(不本意ながら)地方に燻って生きるしかない主人公たちの陥った閉塞感、その出口の見えなさ/情けなさ、なによりトホホ感(笑)。
そして、そこから紆余曲折の末(傷つきながら、ようやく)辿り着いた、本音の自分語り。 そのカタルシス!

主人公らの、なりふり構わぬギリギリの姿が、お終いには深い感動を呼んだワケですけれど、今作ではその造りを(意図的に)丸々踏襲しています。w
つまり、同じような設定と展開。w でも、そこがスゴク好くって。ww
ここに、名作「~のラッパー」の女子版&群馬版ともいえる「~のラッパー2」が誕生しました。

        ▽▲▽▲▽▲

いったい、映画のパート2と言うもの。
フツーは、前作をどう越えているか、今度はどんな趣向で来るかって点が、まずは大きなポイントですよね。 映画の造り手たちだって、だから、なによりも、そこのところに腐心するワケです。

では、どうパワーアップして来るのか。 質でくるのか、それとも量で来るか、新たなキャラ(著名スターを招いたり)を投入することもあるでしょう。

それがこの「SR サイタマノラッパー2」の場合は、前作「SR サイタマノラッパー」で好かったところを(およそ恥ずかしげも無く (^^ゞ)そのまんま踏襲してみせます。

すなわち、舞台は埼玉県からお隣、同じ北関東の群馬県へと移動。
主人公の(かな~りヘタレな)ラッパーたちは、野郎どもからガールズへとチェンジ!

お話しの構成だって、そう。
・思い通りには行かない日常 ・折々に差し挟まれるラップ(愉しい!) ・なんとも恥ずかしい初舞台w ・グループの分裂、・そして遂に爆発する自分語り(感涙)! と、埼玉のラッパーたちと同じような道を辿ってゆきます。

        ▽▲▽▲▽▲

地方に生きる若者たちの息苦しさは前作以上。
なにしろ、女性がラッパーになるってだけで、諸事ハードルが上がってしまうワケです。(その意味では前作よりパワーアップされている、と言えるかもしれませんね)

家庭の事情、世間の眼、人間関係、なにより年齢(刻々と迫る三十の壁)の問題などなど。 容赦なく描かれる、女性の人生のシビアなこと。
女はつらいよ、なのです。

        ▽▲▽▲▽▲

ワンパターンの美学を貫いて(未だ二作目ではありますが)みせる本作。
でもそれでイイ。
観る側は、そこが観たいんだから。w
「そのまんま」を愚直なまでに通してみせて、パート2の美学というものを、改めて、ここに問うているような造り。
前作同様、ラストに感動の待っている素晴らしい映画です。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2019

この素晴らしき往年の名車たち

 
  
 第8回クラシックカー/スポーツカー in 科学館

  千葉県立現代産業科学館サイエンス広場
 
 
Photo
 
 
昨日も働いて、日曜日の今日はお休み。
決して快晴ではありません。 少しだけ曇っているような。
花曇りってやつでしょうか。

        ▽▲▽▲▽▲

ふらり自転車で出掛けまして、お隣の市川市にあります現代産業科学館の前まで来たら、偶然、往年の名車がズラリと並んでいる、壮観な光景に出くわしました。

なんか、面白そうなイベントに遭遇したみたいです。 ラッキー!
これは、是非とも覗いてかなくちゃなりませんね。(^ァ^)
 
 
T
  T型フォード。 スゲエや(^ァ^) 歴史を目の当たりにした印象です。
 
  
T_2
  史上初の大衆車の心臓
 
  
予定外でしたし(と言うか、もともと予定なんか無いし(笑))なによりクルマには全くの門外漢のワタシですけれど、場内は家族連れ、ちびっ子も多く、フレンドリーでウェルカムな雰囲気。
私も、自転車を停めまして、往年の名車を鑑賞していくことにしました。

って言ってもワタシの場合、クルマの名前とか、ほとんど知らないんですよね。(^^ゞ
それでも、辛うじて知識にある名車の前に立ってはしげしげと。
名高いスポーツカー、著名なクラシックカー、そして懐かしい国産車もありました。
 
 
Photo_2
  スバル360を久々に観れたのは嬉しかったです。
  中学の時、先生が通勤に使ってたんだよね。
 
 
それぞれの名車の前には椅子が置かれて、オーナーさんらしき方が番(らしきこと)をしている模様。 来場者(カーマニアらしき)とマニアックなクルマ談義が花開いたりして、愉しそう。(^ァ^)

展示車の中にはボンネットを開放して、エンジンルームを見せてくれているものも。
往年の名車たちの心臓、ピッカピカに保たれていました。 これ、ホントに自走して来たんですか?w
 
 
Photo_3
  エンジンルームまで含めて、芸術品そのものなジャガー
 
 
Photo_4
  そして、ミツオカ・オロチ。 ついにお目文字が叶いました。


嬉しい出会いに恵まれた休日でした。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 03, 2019

小説:西の魔女が死んだ

 
  
西の魔女が死んだ
 
 
    梨木香歩 著
 
 
        1994年   楡出版
 
 
なんとまぁ、秀逸なタイトルの小説だこと。(^ァ^)
図書館の書棚に置かれているのを見つけた瞬間、そう想って手に取った一冊です。

これって、西と東に魔女が居たのが、西側の魔女の死を契機として、新しい時代が始まろうとしているってコトなのか?
それとも、東西のパワーバランスが崩れてしまい、世界が乱れようとしているのか?
新しい時代の到来、変革の始まりなのか?
タイトルを見た途端、いろいろと妄想しちゃったワケ(^^ゞですけれど、小説を読んでみたら、そのいずれでもなかった。(^^ゞ

        ▽▲▽▲▽▲

ここで、西の魔女と言われているのは、主人公の祖母のコト。
主人公の少女が、訳あって(不登校)田舎のお祖母ちゃんの家に寄宿して過ごす日々を、淡々と描いた短編です。

イギリスに生まれ、日本人と結婚して、以来日本で暮らしているお祖母ちゃん。
世間一般の風潮/価値観や、常識/大勢などに流されることの無い、女丈夫とでも言いたくなるお方でした。
主人公の母(つまり、お祖母ちゃんの娘)は、こんなお祖母ちゃんのことを、あの人は魔女よと言ってのけます。

        ▽▲▽▲▽▲

それにしても、田舎の一軒家(ホントに居心地良さそうです)を独りで切り回す、お祖母ちゃんの諸事丁寧な暮らしぶり。 その美しさ。
イイなぁ。 手づから摘んだ、野いちごで造ったジャム。(笑)

ロハスとか、スローライフ、スローフードなど、世の中で語られるようになったのは、二十一世紀に入ってからだったでしょうか。
九十年代半ばに発表された本書は、これらを先取りしたカタチですね。

ですがこの小説、一通り読んではみたんですけれど、あんまり印象に残らないんですね。(^^ゞ
文章は平易で、なにより短編ですし、スゴク読み易い筈なんですけれど。
読み終えるまでに、意外なくらい時間が掛かってしまった。
タイトルの絶妙さに、期待し過ぎちゃったのかもしれませんね。(^^ゞ
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 02, 2019

職場の健康診断

 
 
はい、今年もまた、職場の健康診断を受けて来ました。
場所は昨年と同様、幕張新都心のクリニックです。

ここ、ビル内の限られたスペースを最大限有効に使おうとしたんでしょう。 パーティションにより幾つもの小部屋に区切られており、その考え抜かれたレイアウトには、今回も(今更ながら)感心させられました。

特に更衣室なんか、もうチョー狭くって。(笑)
なにより、ロッカー(鍵の掛かる、ちゃんとしたヤツです)の省スペースぶりがもの凄い。
世の中に、こんなにも薄っぺらいロッカーがあったとは!(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

海浜幕張の新都心にありますこのクリニック。
昨年、健診を受けた頃は、未だ津田沼住まいでしたから、JR総武線で幕張本郷駅まで行き、そこから連節バス(!)に乗って海浜幕張まで向かったモンです。

それが(あれから引越しを済ませて)今年は西船橋駅からスタートです。
こうなると海浜幕張まで、京葉線一本で乗り換えなしに行けるじゃありませんか。 ラッキー。(^ァ^) 前回と比べて、ずっと単純なルートでクリニックに到着しました。

        ▽▲▽▲▽▲

今年は、ちょっと検査項目が増えましたかね。(好く判っていない σ(^^; )

それとバリウムの検査台って、こんなに硬かった(痛かった)っけ?
いえ、こちらの身体が堅くなっただけかもしれませんけれど。
ともかく今回は、バリウムが意外に難関でした。

因みに、毎年毎年、もう必ずと言っていい位、注意/指摘を受けるのが恒例になっています、血圧の値が、今回は特に問題なかったようです。
もしや、糖質制限の結果が出ているんでしょうか?(^ァ^)
すっかり気を好くしているワタクシです。

        ▽▲▽▲▽▲

帰路は、西船橋まで真っ直ぐに戻りまして、それから(以前から気になっていた)ラーメン屋さんに立ち寄って、鶏白湯ら~めんを頂きました。 もう、チョ~旨かったです。(^ァ^)
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2019 | Main | April 2019 »