« チーズ | Main | 映画:ロボコップ »

September 08, 2018

読書:生協の白石さんとエコごはん

 
 
生協の白石さんとエコごはん
 
 
  白石昌則 + 東京農工大学出版会 著
 
 
    2009年   ソニー・マガジンズ
 
 
東京農工大学内の生活協同組合に勤務、店内の掲示板に張り出された(ユーザーとお店とを繋ぐ)「ひとことカード」欄に、当意即妙の回答を付けていた、あの生協の白石さん。

その後の配置換えによって東京農工大を離れ、今は別の職場に勤務されているらしいですね。
そうは言っても、ユーザーからのどんな無茶ぶりな質問にも、真摯かつユーモアに富んだ、絶妙のアンサーを見せてくれた「ひとことカード」の鬼才・白石さんですよ。

これほどの人材を首脳陣(?)が放って置く筈も無く、現在は農工大広報大使というものを拝命。
ここではソニー・マガジンズ編集部に寄せられた様々な(例によって、あまり脈絡の無い(笑))質問に答えてゆきます、それに簡単なお料理レシピ(今時珍しく文字オンリーの)を加えたのが本書。
テーマは(今らしく)「エコ」です。

        ▽▲▽▲▽▲

<白石さんに寄せられた質問>

Q.5
ロハスって、ドミニカから来た助っ人外国人ぽくないですか?
中日か広島あたりにいそうです。

A.(白石さんの答え)
何年も前のことですが実際に、ロペスという外国人バッターが広島にいました。チャンスに強かったと記憶しています。ただしドミニカではなく、アメリカ出身です。一方、ロハスの発想もアメリカ発祥のようです。思いがけず、同郷ですね。いずれにしてもCARPにはロペス。COOPにはロハスが収まり良いかと思われます。

        ▽▲▽▲▽▲

さてさて、本書が世に出たのは2009年のこと。
世は既にエコ、エコ、エコと、エコロジー大流行りでした。

次世代を担う若者たちにも、是非ともエコ意識/将来への危機感を持って欲しいもの。
ましてや、お仕事が学生さん相手の白石さんです。 「ひとことカード」のアンサーの方もエコ志向に。
加えて、若い人向けの/地球にもお財布にも優しく/手間も時間もかからない、豊富なレシピの数々を公開!

省エネや時短とか言っても、こうして本にまとめる以上は、余程お洒落な料理でも紹介するのかと想っていたら、あにはからんや、ホントの本当に滅っ茶簡単な内容でした。(笑)

レシピによってはこれ、私が日々拙宅のキッチンで生み出す、世にも怪しい・イイカゲンな、なんちゃって料理と、大して変わんなくない? ってのもありました。
読んでみて、ちょっと安心しちゃったワタシ。(笑)
まぁ、お金も技もない学生さん向けのレシピですものね。

例えば、お料理の途中で切り落とした野菜(身の方は無論、それはそれで美味しく頂くワケです)の皮やクズの部分は、捨てたりせずに溜めておいて、それはそれで別の一品の材料にする。 好きだなぁ、こういうの。(笑)

アブラを盛大に消費する揚げ物なんかは(なにしろ後始末がエコじゃないですし)なるべく避けるのは勿論として、魚やお肉の包装に使われたプラ・パックさえ調理に応用。 後片付けの簡便さや洗い物の節水にさえ気を配るんです。

今時文字だけでお料理レシピを発表しているという今時珍しい、果敢なチャレンジャーぶりです。

白石さんの回答的には「生協の白石さん」に及ばないものの、その後の白石さんの活躍ぶりを知るという意味で、愉しい読み物でした。
 
 
 
     生協の白石さん     白石昌則著  (白石さんの前著です)
 
 

|

« チーズ | Main | 映画:ロボコップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/67143193

Listed below are links to weblogs that reference 読書:生協の白石さんとエコごはん:

« チーズ | Main | 映画:ロボコップ »