« 船橋散歩:行田公園 | Main | 船橋散歩:地元で呑み会 »

June 30, 2018

転倒しました

 
 
ご高齢の方が、日常生活の中で不意に転倒してしまって、それを切っ掛けに(例えば)体調を崩したり、そのまま寝たきりに・・・・とかいったニュース、しばしば耳にしますね。

かつての私は、それがどういうことなのか、深く考えた事などなく、ましてやイメージとか、少しも湧いて来ませんでした。

ご高齢ならば、そもそも激しい動きはしないであろうし、普通に暮らしていて、転ぶなんて行為、やれと言われても中々・・・・
日常生活の中での転倒って(本人が健康であるほど)なかなかイメージ出来ないものです。

        ▽▲▽▲▽▲

それが私、このところ、実に簡単に(笑)転んじゃうようになりました。
はい、昨年の夏、発症してしまってからコッチのことです。

初めは家の中でした。
ふと(両脚が交差するとかして)脚がもつれたり、軽くバランスを失ったりして、一旦体勢を崩すと、そこから姿勢を元に(想うように)戻すことが出来ない! アレレレレレレ・・・・で、そのまま床へドスン! です。

身体に若干のマヒが残り、殊にバランス感覚が鈍くなっているのと、崩れた体勢を立て直すだけの脚力(特に足の裏~足首の力)を失っているに加え、まさか(このオレが)転倒なんてっていう慢心、などなど原因は多岐に渡ると想われます。

それにしても、勝手知ったる家の中で転ぶとは・・・・
これ、当初はものすごいショックでした。(笑)

転倒してしまった高齢者の気持ち、今ならば、少しは判る気が・・・・

それでも、家の中で何度か転ぶうち、受け身を取ったり、家具に掴まったり、そこいらの物をクッション代わりにして身を任せちゃったり(笑)と、転倒への身の処し方がウマくなって来ました。(^^ゞ

        ▽▲▽▲▽▲

このように、こと転倒に関しては、そこそこ慣れつつ(^^;ある私ですが、最近になって(ほぼ)立て続けに二度も転んでしまいました。

それも屋外、小雨降る中で。 しかも人前でハデに。 あ~ぁ、滅っ茶苦茶恥ずかしかったっす。orz

一度は通勤の途上、なんてことのない10センチ程の坂を登ろうとして、なぜか脚が力を失って、崩れるように、そのままアスファルトの路面にドテンと。
この時は、雨で滑り易くなってたのかなぁ。 コワイなぁ、気をつけなくちゃって想ったんですけれど、でも全然反省が足りなかったようです。(^^;

そして一週間も経たないうちに二度目がありまして、これも(またしても)また雨の中。
近所のローソンの駐車場で、車止めを乗り越えようとしたら、次の瞬間、路面とキスしそうになってました。(^^;

この時はオデコが路面に接触して出血。 そしてスゲー痛かった。(^^;
翌日は、顔面に大きな絆創膏を貼って出勤せざるを得ず、そして(会う人毎に)コトの顛末を説明せねばならず、これまたチョー恥ずかしかったです。orz

        ▽▲▽▲▽▲

昨年の夏に発症して、そろそろ一年が過ぎようとしている今頃になってからの、マサカの転倒。

あれ以来、歩く際はゆめゆめ注意を怠らぬよう心掛けています。
路面の状況を注視して、ちょっとした段差や窪みでも(自分の中で)警戒警報発令!(笑)
階段は、まずは手すりに掴まることの出来る位置を確保してから昇降。

少しずつ好くなってきている実感はあるものの、油断は禁物ってコトですね。
 
 

|

« 船橋散歩:行田公園 | Main | 船橋散歩:地元で呑み会 »

Comments

私も昨年、通勤自転車(スポーツタイプ)で3回ほど転倒しちゃいました。他人が見ているところでは元気よく立ち上がって、建物の陰に入って顔をしかめます(笑)。おかげで膝と肘はケガだらけでしたが、これはマズイとスピード重視から安全重視のセッティングに変更したところ、随分安定しました。油断は大敵のお年頃になりました。

Posted by: weiss | July 03, 2018 at 08:41 AM

おはようございます

 そうでしたか。
くれぐれもお気をつけてくださいね。
少しづつでも良くなられてるんですね。
よかったです。
油断大敵ですよね。
他人事と思わずわたしも気を付けます。

Posted by: みい | July 04, 2018 at 10:22 AM

>weissさん

自転車やバイクでの転倒、それも止まった状態からのヤツ。(^^; 私も何度か経験があります。 それも元気だった頃に。

ああいうのって、転ぶと同時に、瞬時に立ち上がっちゃいますよね。 それこそスタッと、何事もなかったような顔をして。(笑)

でも、最近、歩きながらやらかした転倒は、すぐには立ち上がることが出来ませんでした。
まずは手足の位置を直して、立つことの出来る体勢を(よいしょ、ヨイショと)造るところから始めます。
これ、われながらジレッタイし、なにより人の目が気になってしまい、キマズイったらないです。(笑)
仰る通り、油断大敵であります。(^^;

Posted by: もとよし | July 04, 2018 at 02:44 PM

>みいさん

人前で転ぶのも恥ずかしさでいっぱいですけれど、家の中で日々、それこそ何百何千と往き来している筈の廊下やキッチン・居間で、或る日突然転んでしまうのは、結構ショックでかいです。(^^;

私の場合は、病気の後遺症ってことでキモチの折り合い(^^;をつけましたけれど、健康なままお歳を重ねられて来た方が突然の転倒、ってなった場合は、さぞかし意気消沈されるであろうこと、十分に理解できます。 身体ばかりではなしに、心のケアも必要となりそうですね。

Posted by: もとよし | July 05, 2018 at 11:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/66886253

Listed below are links to weblogs that reference 転倒しました:

« 船橋散歩:行田公園 | Main | 船橋散歩:地元で呑み会 »