« 船橋散歩:ゲエロの池 | Main | 船橋散歩:トマト自動販売機 »

June 10, 2018

船橋散歩:葛羅の井

 
 
__2_2
 
  
我が家から西船橋駅方面へと向かう路の途中、建ち並んだ民家の脇に堂々、一本のケヤキが枝を広げています。
これが中々の大樹でありまして樹齢は、果たしてどの位ゆくんでしょう。 かなりの老木で、見ていてケヤキって感じがしませんでした。 (ネット検索して)解説を読むまで、これがケヤキと気付かなかったくらい。(^^ゞ 船橋市の名木十選にも選定されているんだそうな。
それにしても、巨木の存在感ってスゴイです。(^ァ^)
 
 
__2
 
 
さて、その大樹の陰にひっそりとたたずむのが葛羅の井です。
大田南畝(蜀山人)の碑銘があったり、永井荷風が随筆の中で取り上げたりと、かつては名井として知られたらしいです。

ケヤキの巨木の裏に廻って、葛羅の井を覗いてみました。
(折りしも周囲の草が綺麗に刈り払われていまして、いささか風情に欠ける(^^ゞ井でしたので、画像は貼りません。(笑))
今ではコンクリートで囲われた小さな池ですけれど、往時は如何なる日照にも水の涸れる事が無い(!)、そして病(マラリアなど)に効く(!)泉として親しまれたんだそうな。
前述のゲエロの池と言い、この地域で暮らした人々と、水との係わりを感じさせられますね。
 
 

|

« 船橋散歩:ゲエロの池 | Main | 船橋散歩:トマト自動販売機 »

Comments

こんにちは

 古木には言い知れぬパワーが宿っているのですね。
いつからそこに・・・
葛羅の井、昔のままの姿見てみたい気がします^^。
水とのかかわりは大きなものだったのでしょうね。

Posted by: みい | June 12, 2018 at 04:38 PM

>みいさん

この近くには交通量の多い幹線道路もありまして、葛羅の井のある路は、今では(どちらかと言えば)裏道です。 その昔は、人々の大来でもっと賑やかだったんでしょうね。

ともあれ、我が家から駅へと向かう路の途中、住宅街の途中に突然現れる大きなケヤキと、その陰の水場(?)です。 初見のときはサスガに驚きました。(笑)

Posted by: もとよし | June 14, 2018 at 08:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/66816118

Listed below are links to weblogs that reference 船橋散歩:葛羅の井:

« 船橋散歩:ゲエロの池 | Main | 船橋散歩:トマト自動販売機 »