« March 2018 | Main | July 2018 »

June 30, 2018

転倒しました

 
 
ご高齢の方が、日常生活の中で不意に転倒してしまって、それを切っ掛けに(例えば)体調を崩したり、そのまま寝たきりに・・・・とかいったニュース、しばしば耳にしますね。

かつての私は、それがどういうことなのか、深く考えた事などなく、ましてやイメージとか、少しも湧いて来ませんでした。

ご高齢ならば、そもそも激しい動きはしないであろうし、普通に暮らしていて、転ぶなんて行為、やれと言われても中々・・・・
日常生活の中での転倒って(本人が健康であるほど)なかなかイメージ出来ないものです。

        ▽▲▽▲▽▲

それが私、このところ、実に簡単に(笑)転んじゃうようになりました。
はい、昨年の夏、発症してしまってからコッチのことです。

初めは家の中でした。
ふと(両脚が交差するとかして)脚がもつれたり、軽くバランスを失ったりして、一旦体勢を崩すと、そこから姿勢を元に(想うように)戻すことが出来ない! アレレレレレレ・・・・で、そのまま床へドスン! です。

身体に若干のマヒが残り、殊にバランス感覚が鈍くなっているのと、崩れた体勢を立て直すだけの脚力(特に足の裏~足首の力)を失っているに加え、まさか(このオレが)転倒なんてっていう慢心、などなど原因は多岐に渡ると想われます。

それにしても、勝手知ったる家の中で転ぶとは・・・・
これ、当初はものすごいショックでした。(笑)

転倒してしまった高齢者の気持ち、今ならば、少しは判る気が・・・・

それでも、家の中で何度か転ぶうち、受け身を取ったり、家具に掴まったり、そこいらの物をクッション代わりにして身を任せちゃったり(笑)と、転倒への身の処し方がウマくなって来ました。(^^ゞ

        ▽▲▽▲▽▲

このように、こと転倒に関しては、そこそこ慣れつつ(^^;ある私ですが、最近になって(ほぼ)立て続けに二度も転んでしまいました。

それも屋外、小雨降る中で。 しかも人前でハデに。 あ~ぁ、滅っ茶苦茶恥ずかしかったっす。orz

一度は通勤の途上、なんてことのない10センチ程の坂を登ろうとして、なぜか脚が力を失って、崩れるように、そのままアスファルトの路面にドテンと。
この時は、雨で滑り易くなってたのかなぁ。 コワイなぁ、気をつけなくちゃって想ったんですけれど、でも全然反省が足りなかったようです。(^^;

そして一週間も経たないうちに二度目がありまして、これも(またしても)また雨の中。
近所のローソンの駐車場で、車止めを乗り越えようとしたら、次の瞬間、路面とキスしそうになってました。(^^;

この時はオデコが路面に接触して出血。 そしてスゲー痛かった。(^^;
翌日は、顔面に大きな絆創膏を貼って出勤せざるを得ず、そして(会う人毎に)コトの顛末を説明せねばならず、これまたチョー恥ずかしかったです。orz

        ▽▲▽▲▽▲

昨年の夏に発症して、そろそろ一年が過ぎようとしている今頃になってからの、マサカの転倒。

あれ以来、歩く際はゆめゆめ注意を怠らぬよう心掛けています。
路面の状況を注視して、ちょっとした段差や窪みでも(自分の中で)警戒警報発令!(笑)
階段は、まずは手すりに掴まることの出来る位置を確保してから昇降。

少しずつ好くなってきている実感はあるものの、油断は禁物ってコトですね。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

船橋散歩:行田公園

 
 
Photo
 
行田公園。
ご近所にある、ここいらでは代表的な公園なんですけれど、これを地図上で見ると、実にオモシロイ形状をしているんですね。(笑)
ハイ、巨大なサークル状の道路で囲われているんです。

wikiから引っ張ってきた画像が1989年撮影とかなり古くて、アレなんですけれど。(^^; 今でもこんな形をしています。

 _3
                                                  画像はwikiから
        ▽▲▽▲▽▲

この壮大なる円環。 なんでも、旧日本海軍の無線基地跡なんだとか。 なるほどナルホド。
地上の視点から見てみると(外環の道路を自転車で走ってみると)、確かにぐる~っと巨大な円を描いているのが体感出来ます。

サークルの中味はと言うと、行田団地・マンション群の他、各種施設、そして全体の三分の一程を占めるのがこの行田公園。

        ▽▲▽▲▽▲

当地としてはデカい公園で、とてもじゃあないですけれど、一度では廻り切れません。
中央の幹線道路を挟みまして、西側と東側の二つに分かれる内、今回は(買い物に往きがてら)公園の東側に行ってきました。
お天気が好いこの日、適度に木陰がある園内は、涼しくって快適かいてき。(^ァ^)

広くてフリーな空間の中。 想いおもいに憩う人々の図です。 平和だなぁ。

ご近所のデッカイ公園。 これから何度も訪れることになるかと想います。

Photo_2
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2018

船橋散歩:中山競馬場

 
 
Photo
                                          (画像はwikiから)
 
当地に越して来て暫く経ってから判ったこと・・・・拙宅の比較的近場には、かの中山競馬場が存りま~す!(^ァ^)
と言うか、競馬場周辺のエリア内に、偶々我が家があったんですね。(^^ゞ
まぁ、引っ越しする前に気付かなかったのかよ! ってハナシなんですけれど。(笑)

        ▽▲▽▲▽▲

そう言や、我が家からJR西船橋駅・京成西船駅へと至る路・・・・住宅街を往く裏道的存在(以前にエントリーした「葛羅の井」のあるルートでもあります)・・・・では、休日など、何故か妙~に人通りの多いことがあります。
そんな日は、交差点などで何故か(裏道なのに)制服の警備員さんがに交通整理してくれていたりしますし。

これ、当初は不思議だったんですけれど、最近になって合点がゆきました。
(妙に人通り多し & 謎の交通整理)のある日 = 競馬開催日 と言う事に!

我が家の傍に限らず、競馬場近隣の交差点等そこここで見られる交通整理は、殺到する競馬ファンと地元住民とのトラブルを避けるべく行っていたんじゃないでしょうか。(それにしても、競馬事業ってお金あるよなぁ(笑))

        ▽▲▽▲▽▲

我が家って、競馬場から駅へと向かう徒歩ルート、いわゆる「オケラ街道」の途中に在ったんだ!

ともあれ、我が家の周辺で時々(通勤・通学時間帯でもないのに)人通りの多くなる理由が判りました。
まぁ、競馬に無関心な私としては、ど~でもイイことなんですけれど。(^ァ^)
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 16, 2018

船橋散歩:トマト自動販売機

 
  
Photo_2
 
    
好~く晴れた、とある休日。 自転車に跨って我が家を出、まずは北側へと出掛けました。
特に目的地もないんですけれど、とりあえず北へ、北へと。
お天気は好いし、暑からず・寒からずだし、とにかく気持ちがイイ!
ずんずん進むのにまかせて、そのまま北へ北へと漕いだら、いつしか船橋市を抜けて、お隣の(船橋界隈とか言いつつ)市川市に入っていたようです。

漕ぎながら、ここいらは農家と畑地が多いなぁ。 なんてノンビリ想っていたら、ありましたよ。 トマトの自動販売機が出現です。

これ、私ははじめて見ましたよ!
と同時に、ここはトマトの栽培も盛んだったんだなぁとナットク。
当地、小松菜の生産が盛んなのは知っていましたけれど、トマトもやってましたか。 ナルホドね。
せっかくなんで、自転車を路肩に停め、一袋お買い上げです。 生産者直売り・千産千消トマト、ワンパック300円也。
 
 
Photo
 
 
買い求めた自販機トマトを我が家に持ち帰って早速カジリ付いたら、これがもう滅っ茶瑞々しい! というか、未だ熟しきらない青臭い味が、口いっぱいに広がるトマトでした。 とても好かった。(^ァ^)
ここしばらく忘れていたタイプの(お店では買えない)トマト・トマトした味のトマト。(^ァ^)

新鮮そのものの自販機トマトを味わって、すっかりトマトづいた私。
後日、駅前のスーパーでもトマトを買ってみましたけれど、案の定、そちらは青臭さなど皆無の完熟トマトでした。
でもこれ、価格は自販機よりも駅前スーパーの方が若干安くないか?(^^ゞ
生産者直売の自販機トマト、意外にも割高であったか?
って、駅前トマトの袋に貼ってあるラベルの生産地を確認したら、群馬県産でした。(笑)
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 10, 2018

船橋散歩:葛羅の井

 
 
__2_2
 
  
我が家から西船橋駅方面へと向かう路の途中、建ち並んだ民家の脇に堂々、一本のケヤキが枝を広げています。
これが中々の大樹でありまして樹齢は、果たしてどの位ゆくんでしょう。 かなりの老木で、見ていてケヤキって感じがしませんでした。 (ネット検索して)解説を読むまで、これがケヤキと気付かなかったくらい。(^^ゞ 船橋市の名木十選にも選定されているんだそうな。
それにしても、巨木の存在感ってスゴイです。(^ァ^)
 
 
__2
 
 
さて、その大樹の陰にひっそりとたたずむのが葛羅の井です。
大田南畝(蜀山人)の碑銘があったり、永井荷風が随筆の中で取り上げたりと、かつては名井として知られたらしいです。

ケヤキの巨木の裏に廻って、葛羅の井を覗いてみました。
(折りしも周囲の草が綺麗に刈り払われていまして、いささか風情に欠ける(^^ゞ井でしたので、画像は貼りません。(笑))
今ではコンクリートで囲われた小さな池ですけれど、往時は如何なる日照にも水の涸れる事が無い(!)、そして病(マラリアなど)に効く(!)泉として親しまれたんだそうな。
前述のゲエロの池と言い、この地域で暮らした人々と、水との係わりを感じさせられますね。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 09, 2018

船橋散歩:ゲエロの池

 
 
_2_3
 
 
引越しが一通り住んだら、お愉しみはナンと言ってもご近所の散策/探検です!
新しい住まいの周辺は未知で一杯! 果たしてどんな出会い、新しい発見があるのか?

早速、我が家の周辺をぐるぐる歩き廻ってみたんですけれど、程遠くない場所に、小さな池を見つけました。 近くに川とか見掛けないんですけれど。
これがゲエロの池。
 
 
_2
 
 
早くも発見ですよ!
小規模ながら、まるで史跡のように丁寧に整備/管理されていまして、なんかイカにもワケありっぽいじゃないですか。 もしや私、歴史的に曰く因縁ある場所に越して来ちゃったのか? って俄然気になって来ました。

ゲエロの池。 実に小さな池なんですけれど、ここはとにかく湧水池で、どこからか水が流れ込んでいるワケではない模様。
ささやかながら、ウッドデッキ風の遊歩道、ベンチなどもありまして。 如何にも清潔/爽やかなイメージ。 池の水は緑に濁っているんですけれどね。

碑文によればこの辺り、昔はそこいら中に池や沼、湿地があったらしいです。 
往時は農業用水として役立ったものが、今ではその役割を終え次々に埋め立てられて行って、最後に残されたのが、この小さな地。
人々は水と共に生きていた、そんな事実を伝えるための施設なのかと想います。

そういえば、住宅地とばかり想っていた当地も、見ればあちこちに畑を見掛けます。
昔から畑作が盛んな土地だったんですね。 緑が豊富な地域に越して来たんだと判って嬉しくなりました。
 
 
_2_2
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 02, 2018

引越しますた(^ァ^)

 
 
またまたまたまた、お~っそろしく久々のエントリーとなります。m(__)m

ハイ、引越しに関わる手続き一連にかかずらわって、このところ大忙しでありました。
その上、ネット環境の移設に失敗しまして。orz 我が家のインターネット環境、先日やっと復活したところ。 はぁ~(溜息)
数々の手続きの他、契約のアレコレがもうチョータイヘンで、ホントにもう、二度とやりたくないっす。 (^^ゞ

今は家の中の片付け真っ最中。 これがなかなか進まない。(笑)
家具の位置もあれこれ考え中です。 そもそもPCを設置する場所が、なかなか決められません(現在は、壁際に仮置き中)。(^^ゞ

        ▽▲▽▲▽▲

さて、引越し先はというと、これまでと変わらぬ船橋市内。 そうです。 同じ市内を移動しただけ。 ワリと近くです。
これなら、引越し先の土地に馴染むのにも、そう時間は掛からなそうですね。 引っ越す以前から、なんとなく土地勘があったし。(笑)

これまで住んでいた地域と違い、ここいらは地盤が丈夫な印象。
それに、近所に幹線道路が走っていない為、騒音や振動が少ないのも有り難いですね。
駅からは少しばかり遠くなったけれど、まぁイイや。(笑) なんたって病後の私、歩くのをメンドクサがっていてはイケマセン。

        ▽▲▽▲▽▲

ただねぇ。 この辺りって、近所にスーパーが見当たらないんですよ。
以前の住居(津田沼駅北側)にはイオン津田沼店という、年中無休24時間営業の巨艦店がド~ンとそびえ立っておりまして、こと日用品の買い物には(いつナンドキと言えども)困るという事は無かったんですけれど。
それが今度の住居は、近所に頼もしい巨艦店がありません。 なので、駅前の小さなスーパー(但し帰宅途中のお客が集中する夕方は、超激混みとなります)に寄るか、あるいは休日に自転車で、ちょっと遠くのスーパー(これが皮肉にも何軒かある)まで買出しに出掛けるか・・・・
買い物に関して、これまで如何に恵まれていたのかを、思い知らされています。

ともあれココしばらくは、新しい住居周辺の状況(買い物を含めた)の調査/探検(?!)に精出す日々となりそうです。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2018 | Main | July 2018 »