« 東京散歩:錦糸町にてインドカレーを食すこと | Main | 津田沼散歩:交通安全フェスタ2017 »

September 25, 2017

映画:ハルク

 
 
ハルク
Hulk
 
 
監督:アン・リー(李安)
出演:エリック・バナ    (ブルース・バナー/ハルク)
   ジェニファー・コネリー(ベティ・ロス)
   サム・エリオット   (ロス将軍)
   ニック・ノルティ   (デヴィッド・バナー)
 
 
     2003年  米国・マーベル
 
 
出たな、緑の怪人!
いえいえ、これでも歴としたスーパーヒーローですってば。
ハルク。 米国発、人気コミックからの実写映画化ですよ。
アメコミのヒーロー、中でもこの ハルク ってのは、これまでに何度もドラマ化されています。 色々と沢山あって、もはや「どれから見たらイイのか判んない」状態ですけれど。 これは2003年の実写化。

因みにハルクって、昔テレビでもやってましたよね。 緑色のスーツを着込んだ実写ドラマ。 当時民放のあまり映らない、民放不毛地帯の静岡市でさえも「超人ハルク」のタイトルで放送していたはず。 でも、なぜか自分とは縁がなくって、ほとんど見た覚えがないんだな。 面白そうだったのに、残念也。
CG全盛の今、そのハルクを実写映画化したとのことで、今更ながらですけれど見てみることに。

        ▽▲▽▲▽▲

さてそのハルク。
これはこの映画版に限ったことなのかもしれませんけれど、ストーリー展開がとにかくスローモーで、途中で飽きちゃいましたよ。
肝心のハルクが中々現れないし。
画面はマルチ・スクリーン方式(ちょっと落ち着きがないです)を多用した意欲的な演出。 いろいろと頑張ってはいるけれどいまひとつ、ってところです。

そして登場人物についてもイマイチと思いました。
消極的って言うのか、終始巻込まれ型で、いまひとつ魅力を感じさせない主人公。
ここはむしろ悪役である主人公の父(マッドサイエンティスト)と、主人公を追い詰める米軍大佐(恋人の父でもある)の人物像が面白いし、また役者も上手かったですねぇ。

この映画、全体的に真面目に作り過ぎちゃったんじゃあないですかね?
こういう古典(的なアメコミ)と真摯に向き合う姿勢。 例えばスーパーマン(1978年の実写映画版)の時はそれが成功したと想うんです。
本来、荒唐無稽なアメコミの原作を、アメリカを代表するコミックスのヒーローとして、時に格調高く取り上げて、それで見応えがありましたから。
でもハルクって、正義漢、愛と勇気の正統派ヒーローというよりは、どちらかって言うと(「怒り」を動機にした)ダークなタイプのヒーロー(この映画で見た限りは)だしなぁ・・・・

        ▽▲▽▲▽▲

荒野を舞台にした ハルク vs 米軍 の戦いは、この映画の中で一番の見せ場でした。
これが日本ならば、栃木県の採石場でロケして済ませそうなところですけれど、やっぱアメリカは広いわ~。
広大な砂漠と荒地、その荒地の中にポツンと遺されたゴーストタウン、米軍の巨大な地下秘密基地、と次々に舞台を替えながら、スケール雄大な戦いを繰り広げます。 今更ながらですけれどアメリカってデカいですね。 ホント、今更な感想ですけれど。

それにしても米軍も、現役または最新鋭の兵器を惜しげもなく投入とはまた太っ腹!
F-22ラプター ステルス戦闘機とか、M1 エイブラムス戦車、RAH-66 コマンチ戦闘ヘリからクラスター爆弾などなど、最新鋭/現役兵器の大盤振る舞いです。 ていうか、よくぞここまで米軍が許可してくれたなと。

で、それだけ投入しても平気の平左なんだよな、この男は。
ハルク強し! 天下の米軍が束になっても歯が立たないよ。

        ▽▲▽▲▽▲

終盤のクライマックスは、ハルク対その親父(!)。
人間を越えた、壮大な親子喧嘩を展開。
これにはちょっとガックリでした。(んなもん、犬も喰わね~から) 長い映画の最後がコレですか?
イイ加減にしなさいって。 ったくこの親子、お互いに譲るってこと、歩み寄るってことを知らないんだから。

全体的に、アクションはスゴイんだけれど、この主人公、あんまり好きになれなかったなぁ。 終始受け身に回っていてサ。
で、その彼がいざスーパーヒーローになる際の行動原理が「愛」でも「義」でもなく「怒り」ってのが、どうもね。
アメコミって、オレが想っている以上にフクザツなものなのかも。
 
 

|

« 東京散歩:錦糸町にてインドカレーを食すこと | Main | 津田沼散歩:交通安全フェスタ2017 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/65836597

Listed below are links to weblogs that reference 映画:ハルク:

« 東京散歩:錦糸町にてインドカレーを食すこと | Main | 津田沼散歩:交通安全フェスタ2017 »