« また通院日 | Main | 映画:スーパーマンⅡ 冒険篇 »

September 18, 2017

映画:のぼうの城

 
 
のぼうの城
THE FLOATING CASTLE
  
 
監督:犬童一心、樋口真嗣
原作、脚本:和田竜
出演:野村萬斎(成田長親)
   佐藤浩市(正木丹波守)
   山口智充(柴崎和泉守)
   成宮寛貴(酒巻靭負)
   榮倉奈々(甲斐姫)
   前田吟 (多兵衛)
   上地雄輔(石田三成)
   山田孝之(大谷吉継)
   平岳大 (長束正家)
 
      2012年  日本、東宝
 
 
「のぼうの城」と言う映画。 また実に感じの好い題名じゃあありませんか?
このセンスの良さは、演出の隅々、セリフの端々にも現れており、また、映像のクオリティも図抜けていると想います。

がしか~し、そのイイ感じも映画の全部がぜんぶというわけにはゆかなくて、そこかしこで、マダマダじゃって気にもさせられます。(笑) 随所に光るところがあるとは言え、あちこちに隙が見て取れるんですね。 好いところはもの凄く好い、が、そうではないところも所々ある。(笑) そういう映画。 でも、総体とっても楽しむことが出来ました。

        ▽▲▽▲▽▲

時は戦国の末期。
物語の舞台になった忍城(周囲を水に囲まれた、その様子から「浮城」とも呼ばれるそうな)が水郷地帯/田園地帯の真ん中に位置する様子が、実にイイ感じに造り込まれています。
まぁ、CGを使いまくった成果なんでしょうけれど、そうと感じさせない上手さです。
現在の埼玉県行田市の辺り。 往時の関東平野に幾らもあったであろう、水郷地帯の中に位置する村と城。 田圃に囲まれた城郭は、領主一族が農民と一体となって堅実に暮らしを立てているということの証ですね。

        ▽▲▽▲▽▲

猛将揃いの豊臣家中にあって、己の武名の無さに根強いコンプレックスを抱えていた石田光成。
そこは戦国武将ですから、光成も強い武将と認められたいわけです。 中でも、主君秀吉が備中高松城攻めの時にやってのけた大規模な水攻めを、自分でもやってみたくて仕方がない。
見れば、目の前に鎮座する忍城は周囲を豊富な水に囲まれており、水攻めで落としてみよと言わんばかりなのですが・・・・・

        ▽▲▽▲▽▲

この監督ら、場面・場面の構図が実に好く、そしてスタイリッシュ。 実にセンスが好いんですね。
もう、惚れ惚れするようなカッコイイ構図/カットがそこかしこに頻発するワケですよ。(そうではない残念なカットも、あるにはあるんですけれど)
そのセンスの好さがハマると、その結果が凄くイイものとなるのがこの監督らの強みと想いました。

        ▽▲▽▲▽▲

主人公「のぼう様」役に狂言師・野村萬斎。
主役として俳優ではなしに、あえて狂言師を起用した所に、この映画のユニークさがあります。

つまり、野村萬斎を含む複数人が芝居をする場面で、そこに明らかな違和感が発生するんですね。 いずれ劣らぬ達者な俳優陣の中にあって、独り野村萬斎だけ、他の誰とも違う方法論に基づいて演技しているのが見て取れるんです。

他の役者たちが、いわゆる(時代劇の伝統的な様式美と、現代的なリアリティーとに裏打ちされた)時代劇を演じているのに対して、ひとりこの人だけは(おそらくは)狂言のやり方で芝居をしている。
ともかく、その違和感が一種の化学反応(?)を招来しまして、一種独特の面白い効果を生んでいる、と想いました。 だからといって、全体のバランスを崩しはしていませんし、決して見苦しくもならない。 実にオモシロイんです。

        ▽▲▽▲▽▲

その他の出演者の内、成田家の重臣たちなど、主演クラスに関しては、丹念に描かれて好感が持てる反面、その他の脇役たち、つまり端々の人間の描き方が簡単で、かなり適当に片付け過ぎの感があります。 演出的に、そういうところがマダマダだな、と。(笑)
そんな脇役陣の中では、このドラマ中で唯一の悪役、なかなか難しい役どころを演じてのけた平幹大が好かったです。

        ▽▲▽▲▽▲

ちなみに、合戦シーンはアレですね。 中国の時代劇ばり(三国志ものとかの)の無双ぶりです。 千切っては投げ×2の超人的な大奮闘!
特殊効果を多用して、いくらなんでもやりすぎちゃってる感もあるけれど、これはこれで華々しくて面白いんだから、まぁイイや。(笑) なんたって、娯楽作品なんだし。

        ▽▲▽▲▽▲

鑑賞の前、映画の惹句に、クライマックスで「のぼう」の打ち立てる、ある計略/奇策がスゴイと、如何にも自信ありげに書いてあったのを見て期待して臨んだんですけれど、ここは更にもうひとヒネリ欲しかったかなぁ。(もう二三発、詭計でもって天下の豊臣勢をギャフンと言わせるとか)
一見して曲者、天下の鬼才らしく現れる「のぼう」だけれど、映画を観終わってみると、実はそれほどでもなかったって気がします。
でも、そうは言っても超痛快だし、見せ場もたっ~ぷりとあって、いや実に面白かったです。
 
 

|

« また通院日 | Main | 映画:スーパーマンⅡ 冒険篇 »

Comments

おはようございます

 この映画私も見ましたよ。
かなり前だったので、細かい部分は忘れかけていましたが(笑
もとよしさんの記事見て思い出しました^^。
面白かったですね^^。
退屈せずに見られました。

Posted by: みい | September 21, 2017 at 10:27 AM

>みいさん

みいさんもご覧になってましたか。
面白かったですね。(^ァ^) 仰るとおり、退屈する間のない娯楽作品でした。
小船の上で舞っても中々落っこちない(笑)「のぼう」も愉しかったけれど、やっぱり馬上の佐藤浩市がカッコ好かったです。(^ァ^)

Posted by: もとよし | September 21, 2017 at 09:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/65807180

Listed below are links to weblogs that reference 映画:のぼうの城:

« また通院日 | Main | 映画:スーパーマンⅡ 冒険篇 »