« 人生初入院2 | Main | 映画:ミクロの決死圏 »

August 02, 2017

人生初入院3

 
 
<入院7日目>
午前のリハビリ、歩いてあるいて歩き廻る・・・・仰々しくも、点滴台を繋いだまんまで。
久々のシャワー、とっても爽快なり。 めまいはあるけれどね。
続いてのリハビリは理学療法士さん。
今時の看護婦(違!)さんは台車にノートPCを載せて歩き廻るのね。 なんかスゴイ。

その後、お薬とご飯。
午後のリハビリは作業療法士さん。 新聞紙を折り畳む課題が出て、これが結構難しいのよ。 熱心にやってくれて、有り難い限り。
その後、夕食。 読書が捗ります。 家人の持って来てくれた本「小説 田中絹代」新藤兼人著 読了。 名著なり。 夜中に雷鳴轟く。


<入院8日目>
久々に曇天。 このところ、嫌ンなるくらい晴れてたからねぇ。

ようやく睡眠薬に馴染んで来たんでしょうか。 今朝は寝覚めがやけにイイんです。
それに、21時を過ぎると急にフロアの気温の下がるのに気が付いてからは、寝入り易くなったし。
看護師さんにも、人によって注射器の扱いに巧拙あり。 今日のお方は・・・・

朝食。 腕が、以前よりも自在に動くようになって来ました。 なにしろ、左でも団扇が扱い易いのは有り難い。 今日お給仕してくれた看護師さんは男性でした。

朝からリハビリ。 作業療法士さん。
点滴は今日まで。
じっとしていられず、そこいらじゅうを歩き廻る。
こうしてベッドを出てみると、天井の空調機の向きの悪いのがようっく判りますね。 ベッドの周辺に熱気がこもってしまって。
お薬。 お昼ごはんにスイカが出た。(今シーズン初です!)
午後イチのリハビリは理学療法士さん。 飯喰って寝てたところを起こされ、前半は寝ぼけて不調。 指を折って数える動作、それと片脚立ちが苦手。・・・・そんなの入院の前から苦手ですって(笑)。
夜中に左脚のつったのが、未だに違和感在り。


<入院9日目>
4時半に起床(起きてしまった・・・・・あんまり眠れなかったんですorz)
点滴が外れたのでラクラクの筈だけれど。
朝のお薬。
持参しているティーカップを、今日は左手で楽に持つことが出来ます。
デザートに出たリンゴとヨーグルトを、どういう順番で食すべきか、割と真剣に悩んだ。
本日の教訓。 自分は合理的だから・・・・とか言う者は、大概独りよがりなだけ也。
お茶、それから水道の水(上水)をよく飲むようになりました。
廊下に出してあるお茶は、時間が来れば下げられてしまいますからね。 ある意味で「勝負!」なんであります。

午前中、言語のリハビリ。 舌の動きが、上手くいかない・・・・言語聴覚士さんが熱心なのにね・・・・申し訳ないっす。

昨晩、家人の持参したアーサー・C・クラークの名作「幼年期の終り」を読了しました。
病院に図書室のあることはとうに気が付いていて、早速「時代劇は死なず! 完全版:京都太秦の「職人」たち」 春日 太一著 という一冊を借りて来ました。 これ、オモシロそう!
昨日に続いて本日もカーテン・オープン! いよいよストレスが溜まり始めたみたいです。
午後のリハビリは理学療法士さん。 2F~6Fを階段で移動するのが、かな~りキツイ。 一本脚で立つ課題。 これもキツイ!

午後から4Fのリハビリ病棟へ移動。 今度は窓際だった。 ウレシイねぇ!

医師の診察あり。
ココへ来てようやく退院日が見えて来る。 病院側がかなりしっかり考えられていてウレシイ。 職場にも電話します。
10日に6Fに入ったのと同様の書類を、今日は4Fでまた書かされる。 院内の横の連絡悪し!
お薬、夕食。 こっちは差額のあるベッドだった。 説明が遅い!


<入院10日目>
今朝はめまい、ほとんどなし。 イイぞ!
フロアをぐるぐる歩いてみると、二日酔い程度のめまい。 フロアの雰囲気が緩い。
朝食に納豆出るんだと軽く吃驚!
そしてお薬。 リハビリ病棟は6Fよりも涼くって結構。
リハビリは言語聴覚士さん。 図形を覚える課題。 記憶力を試す課題。 イジワルクイズみたいで、こういうのは元々超苦手っす。 活舌は・・・・まだ好くないかな。

昼食後、頭痛は無くなったが、めまいがのこる。
午後、栄養士さんからの講義。 役に立ちそう。
病院の図書室から借りた「時代劇は死なず! 完全版:京都太秦の「職人」たち」 春日 太一 著 を一気に読了。 面白かったです。

だんだんと周囲が見えて来たんだけれど、ここに居る大概の入院患者は自分よりも重症のようである。 めまいは未だ続くけれど、自分がこの場に居ることが、不当に思えて来る。

ソーシャルワーカー来たる。
更に医師の診察あり。 元々、2週間くらいで退院出来るもんだと楽観的に考えていましたけれど・・・・甘かったみたい。(汗)


<入院11日目>
今日は暑い! 団扇が扱い易くなっていて好かった。
フロアのロビーで、誰かが「禁じられた遊び」を爪弾いているのが聴こえる。 なかなかイイもんです。

このフロアの呼び出し(ナースコール)はバッハのメヌエット。 6Fはショパンのノクターンとパッヘルベルのカノンでした。 その内に覚えちゃうね。 嫌いにならないといいけれど。

お薬。 午前のリハビリは作業療法士さん。 新しい人。 池袋の帝京平成大学を出たんだそうな。 自分のまったく知らぬ学部であり、業種。 世の中変わっているんだなぁ、と実感。 ともあれ、自分が親を病院に入れた頃とは大違い。
下剤が効かなかったよ~。

お昼ごはんは麺類。 珍しくってウレシイ。
午後のリハビリは理学療法士さん。 こちらも初めて。 初めて病院の外周を歩いてみます。 ちょっとキンチョーしました。 アップダウンっていうか、ビミョーに下り坂になっている時、加速が付いちまって怖いんだね。

保険屋さん来訪す。 ちと遅いのではないか。

その後、午後のリハビリ2。 病院の外周を歩いて、それから初バイク。 これ、前から乗ってみたかったのよ~♪ それに因んで、療法士のお兄さんと自転車談義。 世代が違っても、お話が会うと、愉しいものです。


<入院12日目>
昨夜、しつこく咳き込んだ。 それはそれは辛かったっす。
早朝、採血。
朝食。
朝からのリハビリは言語聴覚士さん。 でも、発熱のため中止。
その後の作業療法士さん、理学療法士さんのリハビリもそれぞれ中止。
それにしても、病院内で風邪をひくとは。 なんたる不覚。
一日中寝ていました。 ガックリ。
「時代劇は死なず! 完全版:京都太秦の「職人」たち」 春日 太一 著 を再読。


<入院13日目>
発熱あり。 こりゃ、本格的な風邪だな。
それに、どうしたわけか、しゃっくりが止まらない。 これが一番参る。
ご飯がパンだった。(少しでも変化を求めたい心理が働いて、ご飯かパンかを選べるときは、パンにして貰います)
お薬。
午前のリハビリはベッドで行う。 なんか、凄~く損した気分。


<入院14日目>
体感的に、平熱に戻った気がします。
でも、リハビリはお休み。 あ~あ、とっても損した気分。

病院の夜は長い。 夕食を食ったらもう、する事が無いんです。
TVは見ない主義を貫いているので本を読みます。 イイ姿勢がとれないので読み辛い。 
病院には中々立派な図書室が在って、そこから借りた道尾秀介の「カラスの親指」読了。 これは理学療法士さんお勧めの一冊でした。
それにつけても、しゃっくりが止まらないのにはホントに参ったね。
今夜も眠剤を貰う。 もはや常習者ですね。


<入院15日目>
当初のスケジュールでは、この日には退院していた筈なんですけれど・・・・
午前のリハビリは言語聴覚士さん。 すぐに終わる。
その後、作業療法士さん。

お昼にまたスイカが出た。
午後のリハビリで作業療法士さん。 ここへ来て、進捗悪し。
誉田 哲也著「武士道セブンティーン」読了。

担当医から、しゃっくりは喉の力を抜くように言われる。 そんなものか。


<入院16日目>
お薬、ご飯。
午前のリハビリは言語聴覚士さん、それから作業療法士さん。
午後のリハビリで、またバイク。 脚にオモリをつけてみるも、あんまり変わりなし。
栄養士さんからの指導あり。

桐野夏生 著「東京島」読了。
ついに、しゃっくり対策のお薬が出た。 でも、ツムラ芍薬甘草糖だって。 効くのか? 只の市販の漢方の風邪薬っぽいけれど。

退院に向けてお薬の袋が増えて来ました。
今日も眠剤。 もはや、向こうから持って来てくれる。


<入院17日目>
安眠出来た・・・・入院して以来、初めてぐっすりと眠れた気がします。
本日はもうリハビリ等もなし。 身の回りを片付けて、いそいそと退院の手続き。 病院とも思えないチョー忙しさです。

人生で初となった入院もこれでお終いです。
お世話になりました、と言う間もなしに、そそくさと病院を後にして自宅へと向かいました。
 
 

|

« 人生初入院2 | Main | 映画:ミクロの決死圏 »

Comments

おはようございます。

 びっくりしました!
入院されてたのですね。
入院生活お疲れさまでした。
ゆっくり自宅療養して治してくださいね。
のんびり行きましょう。

Posted by: みい | August 05, 2017 at 10:48 AM

>みいさん

ありがとうございます。(^ァ^)
 
既に退院しておりまして、現在は自宅療養中の身です。
リハビリに未だ少し掛かるかな、ってなところです。
仰る通り、ノンビリ治して往ければなと想っております。

Posted by: もとよし | August 05, 2017 at 08:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/65611045

Listed below are links to weblogs that reference 人生初入院3:

« 人生初入院2 | Main | 映画:ミクロの決死圏 »