« 映画:日本のいちばん長い日(1967年版) | Main | 映画:三大怪獣 地球最大の決戦 »

August 27, 2017

津田沼散歩:藤崎森林公園にて風に揺れる蒲の穂に手を伸ばす者


 
 20160827_270_2
 
 
今回のお散歩は、ご近所に在ります藤崎森林公園まで。 (病み上がり故、未だ遠出はコワイっす)
この公園、隣がちょっとした里山風になっており、以前はその中の小さな湿地に稲が植えられていたりしました。 私、折り折りここに立ち寄っては、そのささやかな田圃を眺めるのを楽しみにしていたんです。 お気に入りのヴューポイントだったんですね。
でも最近は、そのささやかな稲作を止めてしまったらしく、久々に訪れた私の前で一面の雑草が揺れていました。 その中でも、とりわけ目立ったのが蒲の叢です。

        ▽▲▽▲▽▲

蒲と言えば因幡の白兎の窮状を救ったというアレですけれど、ウサギさん(やワニさんも)はともかくとして、肝心の蒲については、絵本かなんかでしか見る機会がありません。 まぁ、なんか不思議なカタチの草だな、くらいには想っていました。

そんな私ですけれど、初めて実際の蒲に接したのは、静岡に居た高校生の頃。 自転車での通学路上に蒲が自生していたのを覚えています。
初お目見えの蒲の姿がもの珍しくって、ちょっと興味があったのですけれど、いつも自転車で通りすぎてばかりでしたね。 特に近寄ってみることもなかったです。 その後、蒲のことなんて想い出す事も無いまま、長い月日が経ちます。


20160827_272


爾来幾星霜。
数十年もの間すっかり忘れていた蒲との、実に久々の対面です。
ホントにビックリしたなぁ!

それで、今頃になってですけれど、近くに寄ってしげしげと、心ゆくまで観察をしまして、かねて抱いていた好奇心を満たしましたよ。 蒲の穂の串刺しソーセージ部分(?)って、こういう具合になっていたんだと納得。 茎は結構硬いんですけれど、穂はふわっとしていまして、なるほどこれならばウサギさんも快適だったろうね(^ァ^)、癒されたに違いありません、って激しくナットク致しました。


|

« 映画:日本のいちばん長い日(1967年版) | Main | 映画:三大怪獣 地球最大の決戦 »

Comments

おはようございます

 こちらも今朝は、涼しい風が入ってきて秋を感じています。
季節は移ろうんですね(当たり前)
散歩に出かけられたんですね。
ガマの穂、わたしも初めて見たときは、不思議なものを見たって感じでした(笑
串刺しソーセージ、おいしそう(笑

Posted by: みい | September 01, 2017 at 10:00 AM

>みいさん

おはようございます。
当地も急に涼しくなって来ました。(^ァ^)
昔っから 蒲の穂ってどうなっているんだろうって不思議で、でも身の回りに生えていないもんですから、気になったままにしていました。 そんな蒲と突然の再開でしたからビックリしました。 こういうことってあるんですね~。(笑)

Posted by: もとよし | September 02, 2017 at 11:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/65717267

Listed below are links to weblogs that reference 津田沼散歩:藤崎森林公園にて風に揺れる蒲の穂に手を伸ばす者:

« 映画:日本のいちばん長い日(1967年版) | Main | 映画:三大怪獣 地球最大の決戦 »