« 映画:沈黙 サイレンス | Main | 小説:復活の日 »

March 20, 2017

東京散歩:アキバをぶらつく

 
 
__1_3
                                       (この画像のみWikiから)
 
久しぶりのお休み、こんな時って何をしたら好いか判らないです。(笑)
で、特段これといって用向きも無いんですけれど、秋葉原の電気街でもぶらつくコトに。
しなくちゃならないことは、他に沢山あるのにねぇ。(溜息)

拙宅からそう遠くもない位置にあるアキバですけれど、最近はすっかり足が遠退いちゃいましたねえ。
若い頃オーディオ好きであった私ですから、日頃からもっと出掛けても好さそうなもんですけれど。

まず向かいますは、駅前の秋葉原ラジオセンター。
昔ながらの小店舗が集まった電気の魔窟です。
電気部品・電子部品・パーツ・パソコン関連・工具・計測器などなど、なんでもござれ。
ちまちましたバーツがギッシリと詰めこまれた棚。 この凝縮感は、いつ来ても堪りませんなぁ。

次に訪ねた東京ラジオデパートも同様で。
この二つに入ると、私の気分は一気に昭和へ!
静岡より上京しまして、花の東京・秋葉原を訪れた当時へと引き戻されます。

しばしノスタルジーに浸った後は、裏通りに軒を連ねる小店舗を次々ヒヤカシてゆきます。
電気・電子部品の数々。 一体何に使うのか?怪しげなバーツや、中古パソコンの店が多くって愉しいんです。
でも、昔はもっとオーディオ関係のお店とかあったような。

ご存知の通り、近頃のアキバはゲーム・メイド喫茶・アニメ・コスプレショップなどなど、サブカル関連のお店が幅を利かせております。
が、そうは言っても、こっちは昭和のオッサンですよ。
路上でメイドさん達からメイド喫茶のチラシを差し出されようと、「待ってるニャン =^_^=」とか声掛けられようと、ここは(笑顔でうなずきながら)素通りするしかないのであります。(溜息)
 
 
_2_3_2
 
 
_3_3
 
 
少し往けばこの界隈、こんな昔からの建物・景色に出会えます。
 
 

|

« 映画:沈黙 サイレンス | Main | 小説:復活の日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/65044607

Listed below are links to weblogs that reference 東京散歩:アキバをぶらつく:

« 映画:沈黙 サイレンス | Main | 小説:復活の日 »