« August 2016 | Main | October 2016 »

September 18, 2016

映画:男はつらいよ 望郷篇

 
  
男はつらいよ 望郷篇
Tora-san's Runaway
 
 
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、宮崎晃
出演:渥美清     (車寅次郎)
   倍賞千恵子   (さくら)
   森川信     (おいちゃん)
   三崎千恵子   (おばちゃん)
   前田吟     (博)
   太宰久雄    (タコ社長)
   津坂匡章    (登)
   佐藤蛾次郎   (源公)
   笠智衆     (御前様)
 
   長山藍子    (三浦節子 <マドンナ>)
   杉山とく子   (節子の母・富子)
   井川比佐志   (木村剛)
 
 
         1970年   日本
 
 
 
Photo
 
 
  
「男はつらいよ」のシリーズ第五作目。
ここから山田洋次が監督へ復帰します。 待ってました!

映画の冒頭、寅さんが旅の枕に見る夢は・・・・まさかの おいちゃん 臨終の場面ですよ! ったく寅さん、何を考えてんだか。

衰弱しきって床に伏すおいちゃんを囲む、おばちゃん・さくら・博(他に医師と看護婦)。
ここ(この場面)は夢の中ですから、それぞれの人物は、寅さんが脳内で(潜在意識下で)イメージする出で立ちで現れるわけです。
おいちゃん・おばちゃんは「とらや」の店内で見掛ける、いつもの格好。 博は(インクと機械油で汚れた)ランニング・シャツ姿。 なるほどね。
それに対しさくらはと言えば、なぜか和服姿なんです。 着物のさくらって、珍しくない?

寅さんにとって、妹さくらは、やはり、掛け替えのない特別な存在なのでしょう。
そして寅さん的に、女性の装いと言えば断然和服に限るのだと想われます。
だからして、夢の中のさくらも、楚々とした和装でいなければならないと言うわけ。
寅さんが胸に抱く、さくらへの気持ちの暗示されるオープニングでした。

        ▽▲▽▲▽▲

さて、冒頭のシーンに見るように、シリーズ五作目「男はつらいよ 望郷篇」は寅さんの妹、さくら に焦点を置いた映画となっています。
 
 
※ 古いテキヤ仲間の非業の最期に立会い、また、さくら からも懇々と説得(説教?)され、自分もそろそろまっとうに生きなければと、殊勝な決心を固める寅さんなのですが・・・・
 
 
テキヤ仲間の一人息子を訪ね、北の大地を往く寅さんの旅。
夏の北海道・煙を吐いて疾駆するSL・ローカル線の鄙びた駅と、映画の序盤は見る者の旅情をそそる要素がたっぷりです。
蒸気機関車がまだまだ現役であった、当時の北海道の鉄道事情。
操車場の様子まで見せて貰えて(私は鉄ちゃんではないけれど)なんだか得した気分! 今作「望郷篇」の題名は、この辺りから来ているのかも?

その後帰京して(いろいろとありまして、いつものように)「とらや」を飛び出してしまう寅さん。
目の前の江戸川を小舟で(川の流れに任せ)下れば、やがて辿り着くのは浦安。
そう、今度の舞台は浦安なんです。 私の地元から、そう遠くない辺りでもあります。

        ▽▲▽▲▽▲

浦安の小さな豆腐屋に、住み込み店員として転がり込んだ寅さん。
豆腐造りから小売まで律儀にこなし、母娘二人暮らしの豆腐屋(ザックバランな母と、気さくな娘と)を支えて、すっかり頼りにされている様子。
額に汗して、油まみれになって働いている様子をみると、すっかり改心したように見えます。
が、そこは勿論、この店の一人娘にゾッコンなわけです。

本作のマドンナ長山藍子もまた、寅さんにとって特別な人と言えるでしょう。
寅さん、このシリーズで既に四度の失恋を経験済みですけれど、その相手は誰も皆、どう見ても高嶺の花だったり、住む世界/育った環境が違い過ぎたり、あるいは寅さんの一方的な想い込みであったり、などなど、いろいろと無理がありました。

でも、今回ばかりは違います。
長山藍子が演じるのは、下町に生まれ育った娘さん。
飾り気がなくって、気の置けない、この娘さんこそ、寅さんにピッタンコじゃないですか。
このまま下町の豆腐屋の婿に入って、ごく自然に、ピッタリと納まりますよ。 絶対に。
ヨシっ 今度こそ間違いなし!

・・・・と想わせて追いて、無論のこと、上手くは運ばないワケですよ。
成就していれば、寅さんの人生が大きく変わったに違いないだけに、今度の失恋はあまりにも痛い!
山田洋次監督、寅さんにナンと過酷な運命を与えるんでしょう。

        ▽▲▽▲▽▲

さて、寅さんの実らぬ恋の顛末を 付かず離れずの距離から見守るのが妹さくらです。
浮かれる寅さんを、時に気遣い、嗜める。
さくらには、始めっから見えていたんですね。寅さんの辿るであろう運命が。
思えば、こんな寅さんを決して見放さない、いつだって兄の行く末、幸せを案じて来た さくら でした。

ドラマの背景として映し出される1970年(大阪万国博の年ですね)当時の浦安が、また素晴らしいんです。
半世紀近くも前の当地の風景。 港街の点景や、河沿いに幾多の漁船が舫ってあるカットなど(極々短いシーンなんですけれど)感激しました。
それは人々が、後々この地に夢の国(米国発の巨大テーマパーク)が出来ようなど、夢にも想わなかった頃の、港街浦安の姿でした。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 17, 2016

津田沼散歩:健勝軒  津田沼店

 
 
健勝軒はJR津田沼駅のホームから(駅北口側に)看板の見えるつけ麺(ラーメン)屋さんです。
三年程前にオープンして以来、ず~っと気にはなっていたんですけれど、今日まで何故か入らず仕舞い。
だったのが、この日お店の前を通り過ぎしなに(一体どういう風の吹き回しでしょう)ふと想い立って、入ってみることにしました。

        ▽▲▽▲▽▲

ラーメンとつけ麺。 どちらかと言えばラーメンを好む私ですけれど、この健勝軒はつけ麺を看板に謳っていますからね、ここはつけ麺でGO!

食券を購入して入店すれば、そこはカウンター数席のみの、おっそろしく狭い店内。 イイですねぇ。 オレ好みの雰囲気です。 ここがお店の一階。
スタッフは明るく接客も好し。 これはポイント高いですね。
健勝軒には二階もあるそうで(今回は入らなかったのですけれど)そちらにはテーブル席も用意されているのだそうな。

つけ麺(久々に食しました)は美味かったです。
大体想像していた通りの味で、個性とかインパクトとかは然程感じないんですけれど、麺・スープ・etc・・・・個々のクオリティそのものが高いところにありまして、従って満足度も高いのです。

津田沼駅のホームからこのお店を臨む度、いつも気になっていたんですけれど、やっぱり一度は入ってみるモンですね。
ラーメン激戦区・津田沼駅前にお店を開いて既に三年。 志を感じさせる実力店でした。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 11, 2016

アシナガバチの季節です

 
  
Polistes_jadwigae1
  <画像はWikiから> 
 
 
我が家のお風呂場にはこのところ、アシナガバチの一群が居着いています。
ある日気が付いたら、風呂場の換気口の廻りにビッシリと密集して留まっていたんです。 見つけた時には、流石にビックリしましたね。 はい。

アシナガバチの群れ、数にしてどれくらいでしょう・・・・最盛期(?)には四~五十匹程は居たと想います。
身体のサイズは2センチくらい。 結構デカイんです。
そのデカイ蜂が、長い脚をダラリと垂らして、風呂場の天井辺りを悠然と飛び回る様子。 凄みがあると言うか、カッコイイです。 ちょっとコワイですけどね。

それにしても一体どうして我が家のお風呂場に居着かなくちゃならないんでしょう? それも群れで。 っと想って恐るおそる(ハチ達を刺激しないよう、若干ビビリながら)換気口の中を覗いてみたら・・・・ありましたよ、アシナガバチの巣が。
 
  
 Photo
  <画像はWikiから> 
 
 
知らぬ間にお風呂場の換気口に巣を造っていた蜂たち。 ネットで検索したら、セグロアシナガバチという種のようです。
こちらからイタズラとかしなければ、攻撃を仕掛けて来る事はないとのこと。
なるほど、連中、こっちがお風呂場に入っても気にしやしません。 人間のことはまったくお構いなしなんで、ならばこちらも放っておくことに。

発見して以来、既に一週間程経過していまして、その間、徐々に数が減っています。 もう、残り一割くらいかな。 少しずつ旅立っているんでしょうね。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 01, 2016

読書:最後のクレイジー 犬塚弘

 
 
最後のクレイジー 犬塚弘
 
  ~ ホンダラ一代、ここにあり! ~
 
 
 
    犬塚弘、佐藤利明 著
 
 
        2013年   講談社
 
 
 
「ハナ肇とクレージーキャッツ」のベーシスト、犬塚弘の一代記です。
元々は東京新聞の夕刊に連載していたエッセイを、一冊にまとめたものなのだそうで。
執筆の当時、他のクレージーキャッツメンバーが(そして関係者の多くも)既に鬼籍に入っていた為、表題も「最後のクレイジー」と。

犬塚弘(1929年生まれ)その人の生い立ちから、クレージーキャッツの結成と活躍。 当時創成期にあったテレビ界の寵児となり、息継ぐ間もないほど忙しかった超売れっ子時代。 そして、各々のソロ活動がメインとなるクレージー後期から現在までを描きます。
こうしてみると、クレージーキャッツの歴史ってそのまんま、戦後ジャズ史であり、芸能史であり、なによりテレビ放送の歴史なんですね。

七人編成の「ハナ肇とクレージーキャッツ」ですけれど、犬塚弘に言わせれば、その人気は三人のメンバーの力に因るのだとか。
豪快な印象のリーダー・ハナ肇。 その素顔は(やはり)ガキ大将/お山の大将であったようで。
個性派の谷啓は、天性のギャグメーカーであった反面、極端にシャイで神経質な男。
人望と明るさで圧倒的な人気を得た植木等。 でも、その素顔は繊細で悩み多き人であったのだとか。

この三人が、クレージーの中心という訳ですけれど、中でもハナ肇は(ジコチュー故に)グループの和を乱してしまいがち。 そこで、他のメンバーとの仲を取り持つべく、ハナの女房役を買って出たのが犬塚弘でした。 バランス感覚に優れ、なにより、ご自分の立ち居地を心得てられるんですね。 犬塚弘、ジェントルで、そして気骨の人でした。

さて、一時代を切り開いたパイオニアのお話と言うのは、すべからく傾聴するに値するものなんであります。
草創期のテレビ放送業界にあって、「おとなの漫画」、「シャボン玉ホリデー」にレギュラー出演を果たし、全国区の人気を確立したクレージー。
全盛期クレージーのコミックバンドとしての活躍、私もテレビで見ていたのかもしれませんけれど(不覚にも)全く覚えていません。 動画サイトにあった(便利な次代になったもので)演奏を見てみましたけれど、なるほど!スゴイもんですね!!
こういう番組を、リアルタイムで味わった当時の視聴者。 なんてラッキーなんでしょう。

ジャズバンドとして確かな実力を持つ一方で、それをアッサリ(惜し気もなく)ぶち壊し、ギャグへと昇華(それもスマートに)してみせる、この思い切りの良さ!
こういうのって、余程粋で、お洒落で、なにより実力がなくっちゃ出来ませんよね。 彼らの後継者がなかなか現れないワケだ。

元々、メンバーのソロ活動が目立つクレージーキャッツですけれど、犬塚弘はやがて(五十代も後半となって)本格的な俳優の道へと、大胆な転進を果たします。(当時、あたかも第二の青春を往くかのような高揚感があったと言います)
本書には、テレビ/映画での大活躍が収束して以降の、云わばそれからのクレージー。 功成り名遂げて後の、メンバー各々の活躍。 そして、来し方を振り返っての感慨について頁が割かれており、そこがなにより印象的でした。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2016 | Main | October 2016 »