« 津田沼散歩:実籾駅まで | Main | 読書:最後のクレイジー 犬塚弘 »

August 25, 2016

習志野シティフィル第62回定期

  
  
習志野シティフィルハーモニック 第62回定期演奏会
 
 
  2016年8月21日 (日曜日)
    習志野文化ホール   14:00開演
 
 
       指揮 :小室昌広
       管弦楽:習志野シティフィルハーモニック
 
 
  ケテルビー         :ペルシャの市場にて
  ヨハン・シュトラウス2世 :ペルシャ行進曲
                  :エジプト行進曲
                  :ワルツ 千一夜物語
  リムスキー=コルサコフ :交響組曲「シェヘラザード」
 
 
  (アンコール ベートーヴェン:トルコ行進曲)
 
 
 
例えばファッションの世界における、いわゆるパリ・モードと言うモノ。
新しい服飾デザインを次々と、それこそ手を変え品を変え創りだし、次代のトレンドを発信するワケですけれど、それでもいつかアイデアは尽き果て、発想は涸れてしまうもの。

手立てに窮したパリのデザイナーが、そんな時すがったのが、中近東辺りの民族衣装の数々。
デザイナーは彼の地の服飾文化からアイデアを借りて来て、パリ・モードに組み込んだのだそうで。
いえ、ワタシがその辺の事情に詳しいワケもなく、ずっと昔、そんなハナシを聴いた覚えがあるってだけなんですけれど。(滝汗)

ともあれ、こういったオリエンタリズム・・・・中近東文化への嗜好と言うのは、ファッションだけでなしに、音楽のジャンルにも当て嵌まることだったんですね。
それを体現して見せた、今回のプログラムでした。

メインの「シェヘラザード」は、私がクラシック音楽を聴き始めた当時、繰り返し繰り返し聴いた作品。 言わば、初めて夢中になった泰西名曲なんです。
練習~本番と、普段にも増して愉しませて貰いました。
 
 

|

« 津田沼散歩:実籾駅まで | Main | 読書:最後のクレイジー 犬塚弘 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/64109894

Listed below are links to weblogs that reference 習志野シティフィル第62回定期:

« 津田沼散歩:実籾駅まで | Main | 読書:最後のクレイジー 犬塚弘 »