« 第24回参議院選挙 | Main | 映画:シン・ゴジラ »

July 31, 2016

映画:ニッポン無責任時代

 
  
ニッポン無責任時代
Irresponsible Era of Japan
 
 
監督:古澤憲吾
脚本:田波靖男、松木ひろし
撮影:斎藤孝雄
音楽:神津善行
製作:安達英三朗、渡辺晋
出演:植木等     (平均)
   ハナ肇      (太平洋酒・氏家社長)
   谷啓       (太平洋酒・部長)
   犬塚弘      (太平洋酒・社員)
   桜井センリ    (太平洋酒・社員)
   石橋エータロー (太平洋酒・社員)
   安田伸      (太平洋酒・社員)
 
   重山規子    (太平洋酒・社員)
   中島そのみ   (芸者)
   団令子     (ホステス)
 
   峰岸徹     (氏家の息子)
   田崎潤     (太平洋酒・新社長)
   由利徹     (北海物産・社長)
 
  
 ※挿入歌
   「ハイそれ迄ヨ」
   「無責任一代男」
   「やせ我慢節」
   「五万節」
   「ドント節」
   「スーダラ節」
     作詞:青島幸男、作曲:萩原哲晶
 

     1962年   日本
 
  
The_crazy_cats2_1
 
 
ハナ肇とクレージーキャッツの全盛時代を知らないで育った私です。
もちろん、私とて子供の頃からテレビで見て、クレージーキャッツの存在を知ってはいましたけれど、でも、あんまり関心はなかった。 なにしろ当時は、ザ・ドリフターズの方がずっと好きでしたからね。 子供ってそういうもの。
 
ジャズバンドからスタートし、やがてコメディバンドへと転進して大成功を納めたクレージーキャッツですけれど、彼らの活動はそれだけに留まらなかった。
植木等や(この映画でも重要な役割を演じている)ハナ肇・谷啓はじめ、メンバーそれぞれが、クレージーキャッツとしての活動をキープしつつ、個別に映画/テレビで活躍。 つまりグループでの活動とソロ活動とを兼務/両立させたんですね。
そういった個々の活躍が、またクレージーの更なる人気にも繋がるワケで。 今時の人気グループ(SMAPみたいな)の戦略を先取りしていたとも言えそうです。

この映画「ニッポン無責任時代」は、クレージー全盛期の1960年代に続々と作られた一連の東宝クレージー映画の嚆矢にして代表作です。 主役はもちろん植木等。

        ▽▲▽▲▽▲

と言うわけで、大いに期待して鑑賞に臨んだ私ですけれど、でも初見の際は、一体どこが面白いのか(我ながら情けないことに)まるで判らなかったです。 はぁ。

それがDVDを再見、三見、四見する(我ながらシツコイですね)間に、認識が大転換!
その魅力に覚醒(!)しまして、以来、面白いのなんのって・・・・もう幾度となく観返しています。 こうなると、当初はいささか古臭く想えた台詞の一々さえ、粋に聴こえ始めるから不思議なもの。

なにしろ最初に観始めた折は、その題名からして、さてはおバカで楽天的なだけの映画に違いあるまいって(だって「ニッポン無責任時代」ですよ)想い込んでいた私です。
テーマもイズムも抜きで気楽に楽しめる、気の置けない娯楽作品を期待していたんですけれど。 でも、そうではなかった。(繰り返し見て、ようやく気が付いたんですけれど)

主人公の平均(植木等)は、自ら「無責任」を標榜する男。
おっそろしく口達者で、人の心を巧むのが上手く、なにより要領がイイ。
太平洋酒なる会社に入社するや、たちまち社長(ハナ肇)に取り入って、要職に就いてしまいます。 そんな男ですから、人の反感も買うけれど、当人はへっちゃら。

この男、底抜けに明るく、誰にもフレンドリーに接するんですけれど、しかし決して優しい人/善人ってワケじゃあない。 周囲を自分のペースに巻き込むことが巧みなんだけれど、でも当人はあくまで孤高の人なんだよね。(だから、時に人から手痛く裏切られることだってある)
ともかくメゲルということを知らない、そして自らの規範に忠実に生きる、ある意味で気骨の人なんですね。
こういう男の所に人心は集まり、チャンスは舞い込むもの。 「銭のない奴ぁオレんとこへ来い。 俺もないけど心配すんな」なんでありますよ、まさに。

植木等の魅力を100%引き出した、人物設定の巧みさ!
クレージーのメンバーをはじめとする脇役の人々がまた絶妙です。
演出も調子好く、スピード感があって、そしてなにより粋でスマートなのが素敵です。 この映画を繰り返し観る度、そう想う。
 
 
The_crazy_cats1_1
 
 
撮影の当時、三十代半ばの植木等。 唄って踊って逆立ちまでするなど、エネルギー横溢!
高度経済成長期の空気と、全盛期クレージーキャッツの魅力を味わうことの出きる傑作でした。
 
 

|

« 第24回参議院選挙 | Main | 映画:シン・ゴジラ »

Comments

クレイジー・キャッツ、懐かしいですね。
映画は見ませんでしたが、私の20代初めの頃、ザピーナッツと一緒に〔シャボン玉ホリディー〕という人気番組で活躍していました。
とにかく面白くて芸達者でしたね。
植木等がチームの中心人物だったようで、その底抜けの明るさが人々を魅了したのでしょう。
クレージー・キャッツは今のお笑いの芸人には見当たらない品格は保たれていたように思います。

Posted by: おキヨ | July 31, 2016 at 01:33 PM

> おキヨさん

元々ジャズ・バンドマンとしての活動がベースにあるクレイジー・キャッツ。 それ故でしょうか、コメディを演じていても、どこか大人の余裕がありますね。 今よりも余程ゆっくりと流れていた「時代の空気」、というのもあるのかもしれません。
 
名番組「シャボン玉ホリデー」、私も見ていておかしくない筈なんですけれど、不思議と記憶にありません。(^^ゞ

Posted by: もとよし | July 31, 2016 at 04:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/63989692

Listed below are links to weblogs that reference 映画:ニッポン無責任時代:

« 第24回参議院選挙 | Main | 映画:シン・ゴジラ »