« 津田沼散歩:千葉マリンスタジアムまで | Main | 映画:モスラ対ゴジラ »

June 11, 2016

レバニラは中華

 
 
 
 _2
 
 
このところ外食する機会の(どうしたワケか)めっきり増えている我が家です。
で、出掛けるとなると(家人の強力なリクエストで)津田沼駅近くの「百楽門」が、ここンとこのお決まり!

先日も、お昼時になって評議一決、「百楽門」にGo!ってコトになりました。 台湾料理のお店です。

台湾料理って、中華料理(一般的に言うところの)とどう違うのかとか、まるで判っていない私ですけれど。 ココは、なにを頼んでも間違いなく美味しいですから、無問題です。(笑)

この日の私は、お得な日替わりメニューの中からレバニラ炒めを注文。
好きなんですよ。 でも、レバニラが中華料理のカテゴリーに入るとは知りませんでしたね。 ホント、我が人生で一度も考えたことが無かったよ。

レバニラは好きで常々食べて来ましたけれど、でもそれは、ラーメン/チャーハンを主力とするような、大衆的な街の中華料理屋でのお話し。
当然、日本人の舌に合うようアレンジされています。 食べて、なんの違和感も無しに味わうことの出来る、これぞ日本の味(のひとつ)。
なので、自分の中で「レバニラ」と「中華」が結びつくことも無かったんですね。

果たして、「百楽門」で供された本場スタイルのレバニラ炒めは、コクがあって引き締まった味。 美味かったです。 サスガ!

帰宅すると早速「レバニラ炒め」をgoogle検索。 中国語だと韭菜炒牛肝って書くんですね。 この歳にしてはじめて知りました。(笑)
レバニラ炒めは、中華料理のひとつなのでした。
 
 
_2_2
 
 
津田沼も紫陽花の季節に突入です。
画像は駅南口のもの。
 
 

|

« 津田沼散歩:千葉マリンスタジアムまで | Main | 映画:モスラ対ゴジラ »

Comments

ニラレバ炒めは現在ほとんど日本食と化していますね。そういえば宇都宮が本場ではないかと思われる餃子なども同じく、どちらも中国が本場ですよね^^

戦後に中国から引き揚げてきたご夫婦が我が家の近くで餃子店を始めたのですが、餃子が大好きな私、いまだかってこの餃子を上回る味に遭遇しません。本場ものはやはり違いますよね。

因みに私レバーが苦手でニラレバは食したことが無いのです・・・(;´Д`A ```

Posted by: おキヨ | June 13, 2016 at 12:50 PM

こんにちは

 アジサイきれいに咲いてますね。
アジサイの季節ですnote

ラバニラ炒めは、我が家でも時々作ります。
庭の一角にニラ栽培してるんですよ。
ご近所さんにいただいたものを植えておいたらいっぱい出て来て(笑
ニラを使って餃子もよく作ります。

台湾料理店のレバニラ炒め食べてみたいなあhappy01

Posted by: みい | June 14, 2016 at 11:21 AM

>おキヨさん

本場中国仕込みの餃子を、地元で味わえるなんて嬉しいですね。(^ァ^)
中国人シェフのお店(「百楽門」がそうです)とは、また違った好さがあるに違いないと想います。

中国の餃子は(日本で言うところの)水餃子が本流なんだそうで。 焼いて食べる日本の餃子は傍流に属するのだと聴いたことがあります。 でも私はやっぱり、焼いて頂く方が断然美味いと想いますね。(笑)

Posted by: もとよし | June 14, 2016 at 11:30 AM

>みいさん

>庭の一角にニラ栽培してるんですよ。

お庭で採ったばかりのニラを炒めて食卓へ!
産地直送、羨まし過ぎます。(笑)

>ご近所さんにいただいたものを植えておいたらいっぱい出て来て

ニラって生命力が強いんですね。
さすが! スタミナ料理の食材。
夏に向けて、我が家でもニラの登場回数が増えそうです。(^ァ^)

Posted by: もとよし | June 14, 2016 at 11:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/63764102

Listed below are links to weblogs that reference レバニラは中華:

« 津田沼散歩:千葉マリンスタジアムまで | Main | 映画:モスラ対ゴジラ »