« 津田沼散歩:インドレストラン ガガル | Main | 津田沼散歩:千葉マリンスタジアムまで »

May 29, 2016

映画:レザボア・ドッグス

 
 
レザボア・ドッグス
Reservoir Dogs

 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
 出演:ハーヴェイ・カイテル
 
 
    1992年  米国
  
 
 _1
  
  
とあるカフェの一室。 テーブルを囲んで朝食を愉しむ男たち。
とまぁ、こんな構図から、この映画は始まります。
その年齢は様々。 下品な上に乱暴で、道義も礼節も持ち合わさず、どの顔を見ても明らかにそれと判る、ワルな連中。
まぁ確かに、これから皆してヤバイ仕事に取り掛かろうってところなんですけれど。 でも、それにしちゃあ和気藹々で、なんかこう、好い感じなんですよね。

男たちが好き勝手に交わす、実にもう馬鹿ばかしいヨタ話し/猥談・・・・ なんだか、男子学生らが放課後に交わすバカ話しみたいなことをやっている。
どいつもこいつも、イカツイ顔にデカイ身なりをしたガキだ。 イイねぇ。 キャラ立ち度、満点です。

カメラワークも気が利いていて、そこにカッコイイ音楽が被さる。 
なんとも粋なオープニングじゃありませんか。

        ▽▲▽▲▽▲

と想ったら、それに続くシーンは急転直下の展開ですよ。 もう目も当てられない、グダグダの修羅場に放り込まれた気分。
安堵から絶望へと切り替わる、この落差の激しさ!、明暗の対比の強烈さ!
クエンティン・タランティーノ監督、この映画がデビュー作なんだそうですけれど、その力量たるや恐るべきものがあります。

男たちの宝石強奪は失敗!
警察官の追跡を振り切って、車で逃走するMr.ホワイトとMr.オレンジ(仮名)の二人。
ようやく辿り着いた一味のアジトには、その後、さっき朝食のテーブルを共にした連中が次々に到着。

以降、このアジトの一室で繰り広げる緊迫の密室劇/室内劇がドラマの主軸となります。
一体、誰が裏切ったのか(警察に内通したのか)? と言う謎解きが大きなテーマで、それを巡って、男たち各々の視点からの(時間軸を遡った)小ドラマが差し挟まれるっていう仕掛け。

        ▽▲▽▲▽▲

それにしてもこの「レザボア・ドッグス」、繰り返し何度見ても面白いんですよね。
謎解きの要素を抜きにしても(ストーリーが判っていても)、見ている者をここまで惹きつけるのは、演出の巧みさ、映像の格好好さ、そしてキャラクターの魅力が卓越しているからってコトでなんしょう。
若い監督のデビュー作品らしく、如何にも低予算で仕上げられた様子の映画。 それがこんなに面白いんですから痛快です。
 
  

|

« 津田沼散歩:インドレストラン ガガル | Main | 津田沼散歩:千葉マリンスタジアムまで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/63700191

Listed below are links to weblogs that reference 映画:レザボア・ドッグス:

« 津田沼散歩:インドレストラン ガガル | Main | 津田沼散歩:千葉マリンスタジアムまで »