« さくら水産にてカリーブルストを喰い損ねた件 | Main | 名残りの桜 »

March 26, 2016

習志野シティフィル第61回定期

 
 
習志野シティフィルハーモニック 第61回定期演奏会
 
 
  2016年3月21日 (月曜日)
    習志野文化ホール   14:00開演
 
 
       指揮 :小室昌広
       管弦楽:習志野シティフィルハーモニック
 
 
  ヴェルディ    :歌劇「運命の力」序曲
  フォーレ     :「ペレアスとメリザンド」組曲
  ブラームス    :悲劇的序曲
  チャイコフスキー :交響曲第五番
 
 
  (アンコール、マスカーニ:
    歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲)
 
 
 
今回私はいろいろとありまして、チャイコフスキーの交響曲第五番のみ乗っけて貰いました。

このチャイ5、想えば2011年の3月に予定されていた第51回定期演奏会、その直前に起きた東日本大震災の為に中止となったコンサートで取り上げようとしていた作品なんですね。
あれから六年。
今回の演奏会に向けてチャイコフスキーの交響曲第五番をさらいながら、あの大震災とそれに引き続いて起きた一連の出来事のことなど、幾らも想い起こすことの無かった自分が居ます。

吾が身の能天気さに呆れると共に、(あくまでも自分の周囲では)あの日の遠くなりつつあることを実感。 只々、合掌するのみです。
 
 

|

« さくら水産にてカリーブルストを喰い損ねた件 | Main | 名残りの桜 »

Comments

あの大事件でコンサートが中止・・・
日本にとって比類のない自然災害でした。月日というものはどのような大災害大事件でもその傷跡遺憾に関係なく通りすぎてゆくものなんですね。

でも、当時はそれぞれ見えない、いろんな形でかかわったのです。


Posted by: おキヨ | March 27, 2016 at 11:15 AM

こんにちは

 あれから6年・・・
長いようで短い、被災地の人たちの感じ方も様々でしょうね。月日と共に忘れてはいけないことですよね。
いつわが身に起きるかもしれない災害。
風化してはいけませんね!

Posted by: みい | March 27, 2016 at 12:56 PM

>おキヨさん

今度のチャイコフスキー 交響曲第五番は、幻に終わった第51回定期の際に練習した分も含めると、いつもより余計にさらっているハズなんですけれど・・・・かなり忘れちゃってました。(爆) こんなところでも、月日の遷り変わりを思い知るコトに。(^^ゞ

Posted by: もとよし | March 28, 2016 at 07:50 PM

>みいさん

被災地の方々のご苦労に比べれば、私の能天気な感慨なぞは、有って無きに等しい程度のモンかと想います。
今年のあの日、三月十一日は仕事に追いまくられ、何の印象もないまま、気が着いたら過ぎていました。orz せめて風化させてしまうことへの危機感だけは、絶やしちゃダメですね。

Posted by: もとよし | March 28, 2016 at 07:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/63399588

Listed below are links to weblogs that reference 習志野シティフィル第61回定期:

« さくら水産にてカリーブルストを喰い損ねた件 | Main | 名残りの桜 »