« 習志野シティフィル第60回定期 | Main | 防災センター要員講習・自衛消防業務講習 »

September 07, 2015

小説:黄金の日日

 
 
黄金の日日
 
 
    城山三郎著
 
      1978年   新潮社
 
 
経済小説の大家、城山三郎がものした歴史小説であります。
戦国時代を舞台とする小説やドラマの場合、その主人公は大名・武将というのが相場ですけれど、本書「黄金の日日」は、堺の豪商・呂宋助左衛門と堺・・・・外国貿易の拠点として栄え、中立を保って(特定の大名の傘下に下ることなしに)自由貿易都市としての立場を貫いた町・・・・を物語の中心に据えた、大変ユニークな内容の一冊でした。

        ▽▲▽▲▽▲

さて、勇猛をもってなる戦国武将とはいえ、武士たちの力だけでは、戦に勝つことは出来ませんでした。
戦にはなにせ、兵站ってものがありますから。 腹が減っては戦は出来ぬ。
そこに鉄砲というハイテク兵器も登しました。 大名らはこぞって商人と好い関係を保ち、武器弾薬食料の補給を円滑に保たねばなりません。 武力のみではなしに、経済・数字にも長けていなければ、生き残ってゆけなかったんですね。
日々戦に明け暮れる戦国大名らを相手に(戦火の中、身の危険を顧みず)したたかに商売に励む堺の豪商ら。 時には、交戦中の大名の陣地に(飛び交う矢弾を、文字通り掻い潜って)商品を届けにゆくことも。 彼らもまた、武将並みに腹の据わった連中であったようです。

激動の戦国時代・・・・風雲児・信長が志半ばで倒れ、それを引き継ぐ形で秀吉が天下統一するも、その豊臣も滅びて徳川時代が始まる・・・・そんな武士の世界の栄枯盛衰を横目に、商売に精を出す堺の豪商ら。
まぁ、戦国特需(!)が続いたお陰で、助左衛門らは大儲けが出来たってことなんですけれど。 そして千利休に代表される、茶の湯の文化。 茶器という、新たな価値観の創出。

自由貿易都市・堺から眺めた戦国時代を描く本書。 実に経済小説の大家らしい視点と想います。

        ▽▲▽▲▽▲

やがて、海外貿易の規制が強化され(朱印船貿易や、鎖国令など)はじめます。
かつての(黄金の日日を味わった)堺の豪商らにとってみれば、窮屈極まりない状況となってゆくのでした。 ついに、身代の一切を処分して呂宋(フィリピン・ルソン島)へ新天地を求める助左衛門。
私など、長く続いた江戸時代の鎖国令があまりにも印象的で、これまで気が付かなかったんですけれど、この時代の商人たちは広く外洋に出てゆき、外国との貿易に励んでいたんですね。 なんともスケールのデカイお話しです。

そういえばこの小説、ずっと昔に、NHKの大河ドラマになりましたね。
もはや断片的な記憶しかないんですけれど、主人公・呂宋助左衛門を演じた松本幸四郎(市川染五郎)より、杉谷善住坊役の川谷拓三のことが、何故だか印象に残っています。
 
 

|

« 習志野シティフィル第60回定期 | Main | 防災センター要員講習・自衛消防業務講習 »

Comments

戦国時代の有能な商人の経済力はある意味武士たちとは、互角だったかもしれませんね。力のある商人には武士も一目置いた?持ちつ持たれつの相乗効果があったようですね。
歴史を学ぶにも面白くなければ。
知らず知らずにこの時代のことが学べる、という本ですね(^o^)


Posted by: おキヨ | September 08, 2015 at 12:10 PM

>おキヨさん
 
戦国武将も信長・秀吉クラスになると、いろんな小説/ドラマの中で、それこそ数え切れないくらい沢山描かれてきたわけですけれど、経済的側面に着目した作品となると、ほとんど思い当たらないですね。
 
仰るとおり、百戦錬磨の戦国大名も、堺の大商人が相手となると、一目置かざるを得なかったようで。 経済の力が、時に武力に勝るという真理を描いて、ある意味痛快な小説でアリマス。(^ァ^)

Posted by: もとよし | September 09, 2015 at 06:13 AM

こんばんは

 この本は未読だけれど、面白そうですね^^。
戦国時代を生きた商人を描いた作品なのですね。
大河ドラマになってたんですか?
観てませんが配役を見ると見てみたくなります^^。
この時代に外国との貿易ですか~
すごいですね!

Posted by: みい | September 09, 2015 at 08:08 PM

>みいさん

戦国大名を描いた小説/ドラマ。 昔から沢山あって、枚挙にいとまのないくらいですけれど、
こういう一風変わった視点からの作品も、また面白いもんですね。
 
NHK大河「黄金の日日」は、今調べたら1978年の放送でした。
出版されて直ぐのドラマ化だったとは! 今気が付いて驚きました。(笑)
余程、時代の空気にマッチして、世に受け入れられた小説だったんでしょうね。
また、見直したくなりました。(^ァ^)

Posted by: もとよし | September 10, 2015 at 06:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/62238425

Listed below are links to weblogs that reference 小説:黄金の日日:

« 習志野シティフィル第60回定期 | Main | 防災センター要員講習・自衛消防業務講習 »