« 津田沼散歩:JR東船橋駅まで | Main | ドラマ:まほろ駅前番外地 »

September 27, 2015

津田沼散歩:新京成習志野駅まで

 
 
_2_30 
 
 
今回もまた目的地を決めず、なんとなく北へと向かってみます。
それも、幹線道路沿いに往くんではなしに、路地裏の細い道ばかりを選んで、ジグザグに歩き繋ぎながら、概ね北の方角へ進んでゆくという歩き方で。

田喜野井を過ぎ、薬円台を抜けると、以前訪れた時(それは間違いなく、半年以上前のこと)には一面の畑だったところが、住宅地へと変貌しているのを見付けて、ちょっとビックリ。 この辺りも、少しずつ変わってゆきます。
自分が住んでいるというワケでもない、特段関わりのない土地であっても、田畑やそれから雑木林なんかが姿を消すのに立ち会う度、無性に寂しくなる。 この気分は一体ナンなんでしょう。

        ▽▲▽▲▽▲

もう少し歩いて、やがて新京成電鉄新京成線の習志野駅前へと出ます。
 
  
_1_30 
新京成がイメージカラーにピンク色を使い出したのは昨年のこと。 なんだかなぁ。
 
 
ここは習志野の名を冠した駅なワケですけれど、その住所は船橋市内(千葉県船橋市習志野台4丁目1番9号)だったりします。
駅名が「習志野駅」だからといって、習志野市内にあると言うわけではないんですね。
私のように、最近になって当地に越して来たニューカマー(普段、この路線を通っているというワケではないんですけれど)にとって、中々ややこしい駅名ではあります。

習志野を名乗る割に、こじんまりとしてカワイイ駅です。
地方の私鉄らしい、鄙びた感じ。 その風情が堪りませんなぁ。
 

|

« 津田沼散歩:JR東船橋駅まで | Main | ドラマ:まほろ駅前番外地 »

Comments

半年経てば街並みが変わりますね。なんとせわしない時代だこと。。。
私も町中のピンク色には強い違和感を覚えます。画像は小さ目でまだよかった。
あるんですよねぇ~、唐突な色彩の建物が。。。( ゚д゚)

Posted by: おキヨ | September 29, 2015 at 10:40 AM

>おキヨさん
 
少し眼を離すと、どんどん姿を変えてゆくのは、当地も例外ではないようで。 今回訪れた辺りは、宅地開発の波もとうに一段落している筈なんですけれど、今頃になって、残った畑地までが宅地化されたカタチでした。
 
>あるんですよねぇ~、唐突な色彩の建物が。。。( ゚д゚)
 
昨年、新京成の踏み切りで、半身をピンクに塗り改めた列車(車両そのものは長年使い込まれた、普段から見慣れたもの)が通り過ぎるのを、初めて見た折りのショーゲキ! 今も忘れられません。(爆)

Posted by: もとよし | September 30, 2015 at 05:16 PM

おはようございます

 だんだんと様変わりしてゆく世に中ですね。
田畑が姿を消してゆくのはなんとも切ない・・・ね。
田舎に住んでるわたしは、そう思います。

鄙びたかわいい駅舎、ピンクはどうもねcoldsweats01
写真で見る限り、駅に見えないんだけどsweat01

Posted by: みい | October 01, 2015 at 11:10 AM

>みいさん

埋め立てられた田畑や、掘り返された雑木林。 一旦開発の手が入ってしまった土地は、もう二度と昔の姿には戻らないものと判っているだけに、見ていて切ないものがありますね。


>写真で見る限り、駅に見えないんだけど

私も最初、駅とは気が付きませんでした。(笑)
習志野駅って、その入り口が他のお店の間に挟まれていて、ちょっと判り難いんですよね。(^^ゞ

Posted by: もとよし | October 01, 2015 at 09:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/62365688

Listed below are links to weblogs that reference 津田沼散歩:新京成習志野駅まで:

« 津田沼散歩:JR東船橋駅まで | Main | ドラマ:まほろ駅前番外地 »