« May 2015 | Main | July 2015 »

June 17, 2015

上級救命講習

 
  
 Aed
 
 
利用者の多い公共施設、店舗などでAED(自動体外式除細動器)を目にするようになって久しい気がします。
AED、それは突然誰かが倒れた時に、その命を救う為の切り札。 私など、そのくらいに漠然と捉えていましたけれど、でも、具体的な仕組みや、まして利用法については何にも知らずにいました。

        ▽▲▽▲▽▲

そんな私が先日、船橋市の上級救命講習を受講して参りました。

船橋市消防局が開催している救命講習には色々ありまして(普通のⅠ・Ⅱ・Ⅲ、それから上級など)それぞれ心肺蘇生法、AEDの使用法、応急手当の方法等を学ぶことが出来るんですけれど、今回私が受けたのは表題の通り上級救命講習。

場所は船橋市立医療センターで、市内にある大きな医療機関であるにも関わらず、私はこれまで、その存在を知らずにいました。
が、それにしても。
仕事の関係で受講する次第となったんですけれど、なんか面倒で(爆)イマイチ気が進まないっす。(。_゚)☆\バキ(--メ)
そうは言っても、受講はしなけりゃあなりません。 交通機関を乗り継いで会場に向かい、講習会場へと入ってみれば、ほぼ満員の参加者が(市内在住・在勤の老若男女が万遍なく)集まっていました。 上級救命、中々人気の講習コースとみえます。

その内容はというと(座学もあるものの)実技が中心。
ダミーの人形(成人、児童、幼児)を相手にしての胸骨圧迫、人工呼吸、それからAEDの使用。
これらを、パターンを替えつつ何度も繰り返します。
こういうのは、一連の動作を、とにかく身体で覚えておくべしってことなんでしょうね。 実際の場面に遭遇したら焦りまくってしまって、冷静に振舞うことなど難しいでしょうし。
 
受講生の皆さん、いつ自分が使う立場になるかもしれないという目的意識があるせいかでしょう。 いずれも熱心で、実技もテキパキと進みます。 こういう(前向きな)場に自分が居るというのは、実に気分がイイものですね。 こうなると、当初腰の引けていた私も真剣に取り組まざるを得ません。(笑)

指導員の皆さん(日頃から救急救命に従事されている隊員さん達らしいです)がまた、熱心かつジェントルでまことに気持ちの好いナイスガイなんです。
絶えずスマイルで受講生に接して、そして徹底的に褒めて伸ばす方針とみました。(笑)

こうして市民が救命技術/知識を習得するというのは、救急救命に携わる側からしても、願ったり叶ったりなんでしょうね。 一人ひとり実技指導してゆかねばならないので、大変でしょうけれど。

胸骨圧迫は体力勝負です。 そこでパワーを出し切ってしまったものか、終盤の三角巾まで来て、私はちょいと息切れしてしまいましたね。 ふぅ~  と言うか、この日の講習では、三角巾の使用法が一番難しかったんじゃあ?

        ▽▲▽▲▽▲

講習の後、帰りのバスの中で気が付いたんですけれど、病院のある船橋市金杉って、以前に散歩で訪れていた地域だったんですね。
初めて訪れた船橋市立医療センターでしたけれど、急に身近に感じるようになりました。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 06, 2015

職場の歓迎会

 
 
四月から仕事場が千葉県内から都内へと変わりまして、早2ヶ月が経過しています。
慣れない環境で、いろいろと戸惑うところもありましたけれど、それでも、どうにかこうにか慣れて来たかなと。
そんな中、職場の歓迎会(と言う名目の飲み会)が催されました。

場所は、職場から歩いて行けるところにある中華料理店。
以前の職場だと、まずはお店まで移動するのが大変でしたけれど、その点、都内は便利ですね。 徒歩圏内に幾らでも好いお店があるんですから。
宴の場として、気軽な価格で利用できる大衆的なお店をチョイスする辺りは前の仕事場と変わりませんけれど、供される料理の数々(中華料理のお店でした)が随分と違いましたね。
どれもがハイレベル。 大変に美味しかったです。 花の東京に戻って来たなんだなァって、こんなところで実感!

それにしても、今度の仕事場は若い人が多いですねぇ。 宴席の盛りあがりぶりとか、以前の職場では見られなかったレベル。
この夜の私は完全に長老ポジションでしたよ。 年長者らしいことなんて何一つ出来ないんですけれどね。
長老これからもガンバリますんで、皆さんよろしくお願いします。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2015 | Main | July 2015 »