« 津田沼散歩:鷺沼東跨線橋 | Main | 職場の歓迎会 »

May 28, 2015

映画:プリンセス トヨトミ

  
 
プリンセス トヨトミ
PRINCESS TOYOTOMI
 
 
   2011年  日本
 
 
監督:鈴木雅之
原作:万城目学 著 「プリンセス トヨトミ」
出演:綾瀬はるか (鳥居忠子)
   中井貴一  (真田幸一)
   堤真一   (松平元)
 
 
 
先日読んだ小説「プリンセス トヨトミ」(万城目学 著)。 
大阪でしか成し得ない、意表を突いたアイデアの快作でした。
これが既に映画化されているとのこと。 小説の読後感、未だ鮮明な私ですけれど、早速観てみる事にしました。

一般的に、原作(小説はじめ各種メディア)のヒットに応えて撮られた映画というのは、過剰に期待してしまうせいもあって、観てみたらガッカリというケースが少なくないと想うんですけれど、その点この映画「プリンセス トヨトミ」は、これまでに例のないくらい(ワタシ的に)満足度の高い作品でした。 ホント、面白かったよ!

        ▽▲▽▲▽▲

奇想天外かつ壮大なアイデアがウリの原作を映画化するにあたり(当然のことながら)幾つかの改変がなされています。

その内のもっとも大きなポイントとして、会計検査院からやって来た三人の検査官の内、鳥居と旭の性別が逆転しているってのがあげられます。
wikiを参照してみると、原作における旭(外見は女優と見紛う長身痩躯の白人女性で、中身は超切れ者の日本人キャリアウーマン)を演じ切ることの出来る女優が見当たらないからなんだって。 さもありなん、ですね。

その結果、鳥居には原作で果たしたギャグ担当/トラブルメーカーという役割に加えて、事件の傍観者というポジションが与えられています。
それによって、バランス的に鳥居(綾瀬はるか)に掛かる比重が(原作と比べて)かなり大きくなりましたね。
でも、綾瀬はるかの持つ無邪気さ・善良さ・不思議ちゃん要素・それから食いしん坊(ポイント高いぞ)などなどのお陰もあって、これはこれで構わないと想っちゃう。(他の女優では、こうはいかないかもしれません)

ともあれこの改変によって、人っ子ひとり居なくなった大阪の街を独り彷徨う(観客の視線とひとつになった)綾瀬はるか・・・・あの、映画全体を象徴する名シーンが実現するわけですね。 素晴らしい!

それから中井貴一の存在感が素晴らしい。
苦悩するリーダーの姿、その説得力が圧倒的です。
この壮大なフェイク/イカサマ(マジメに見てゆけば幾らでも突っ込み処のある)映画・・・・いっそファンタジーと呼んだ方が良いのかも・・・・に現実味を付与し、フィクションとして成り立たせているのは、この人の功績でしょう。

演出も巧みで、観ていて商い・・・・じゃなかった飽きない。
多彩な脇役陣がまた好し。
明日の大阪を担う少年少女らも好かった。 しかし、スカートめくりって。(笑)
それからモブシーンが凄く上手い。 大阪人のノリの好さ故でしょうか。

一方、主人公ポジションの松平(堤真一)は、いまひとつ物足らなかったですね。
台詞はともかく、表情や仕草が付いてゆかない。 会計検査院の名物男<鬼の松平>に成り切れていないっていうか。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
この映画、ビジュアル的な満足度がとても高いんですね。
大阪夏の陣 での合戦シーンや、大阪城の地下、そこへと続くトンネル、大阪城公園を目指し続々と集まる大群衆などなど、原作を読んでいて「ここは是非とも映像で見てみたいゾ」と想った部分は、漏らさず見せて貰ったかの感があります。
 
 
 
   小説 「プリンセス トヨトミ」   万城目学 著 (映画の原作です)
 
 

|

« 津田沼散歩:鷺沼東跨線橋 | Main | 職場の歓迎会 »

Comments

おはようございます

 映画も見られましたか?
面白かったでしょ^^。
わたしは本は未読だけど映画は観ました。
ファンタジー?として楽しめる映画でしたね。
そうなんだ、男女逆転してたんだ。
綾瀬はるか、かわいかったです。
中井貴一はさすが!でしたね。

Posted by: みい | June 01, 2015 at 09:49 AM

>みいさん

映画になった「プリンセス トヨトミ」。 面白かったです。(^ァ^)
 
映画の主軸は松平(堤真一)と真田(中井貴一)の絡みなワケですけれど、綾瀬はるかを起用することで、もうひとつ、別の視点(より観客に近い)が生まれますね。
 
その点、原作から乖離してしまうんですけれど、それはそれで、まぁイイんじゃあないかと。(笑)
 
それにしても綾瀬はるかって、唯一無二の独特な存在感がありますね。(^ァ^)

Posted by: もとよし | June 01, 2015 at 11:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/61659993

Listed below are links to weblogs that reference 映画:プリンセス トヨトミ:

« 津田沼散歩:鷺沼東跨線橋 | Main | 職場の歓迎会 »