« December 2014 | Main | February 2015 »

January 31, 2015

映画:ロボジー

 
 
ロボジー
ROBO-G
 
 
 監督:矢口史靖
 脚本:  〃
 出演:五十嵐信次郎 (ミッキー・カーチス) :鈴木老人
 
    濱田岳    :木村電気社員
    川合正悟  :   〃
    川島潤哉  :   〃
 
    小野武彦  :木村電気社長
    吉高由里子 :ロボット・オタクの女子大生
    田畑智子  :地元TV局の社員
 
 
       2012年    日本
 
 
私の好きな映画「ウォーターボーイズ」、「スウィングガールズ」、そして「ハッピーフライト」などで監督を務めた矢口史靖さん、2012年の作品。 大きな期待を抱いて鑑賞に臨みました。
 
 
※ 中堅家電メーカー・木村電器では社長(憎めないワンマンぶりを小野武彦さんが好演)の命令一下、等身大の二足歩行ロボット<ニュー潮風>を開発し、三ヶ月後のロボット博で華々しくデビューさせることになりました。

社長から無理難題を押し付けられたのは、それまでロボットとは縁の無かった小林・太田・長井。 が、どうにも頼りなさげなこの三人(それぞれチビ/デブ/ノッポの凸凹トリオ)に、精巧なロボットなんて造れるはずもなく・・・・

切羽詰った三人の採った苦肉の策とは・・・・ロボットのボディの中に(こっそりと)人が入って動き回るという、大胆極まりないイカサマ作戦でした!

そうは言っても、ニュー潮風のボディにジャストフィットする体格の持ち主なんて果たして・・・・いました! 三人は鈴木老人(ミッキー・カーチス)に頼み込んで、ニュー潮風の中に入って貰うことに。

流行のゆるキャラじゃあるまいし、そんな手でゴマカせるとも想えないんですけれど。 でも、これが大成功! 勝手気ままに動き回るニュー潮風の人気は日増しに高まり(三人の思惑を超えた)大ブームを巻き起こすのでした。

        ▽▲▽▲▽▲

この映画、二足歩行のハイテク・ロボットと想わせて、実際は着ぐるみの中に人が入ってますっていうアイデア・・・・と言うか、あまりにも強引なチカラ技が痛快ですね。

ニュー潮風の人気に翻弄されるマスコミ/世間。
その秘密を守り通すべく奔走する凸凹トリオ、小林・太田・長井のドタバタ。
更には、ニュー潮風に恋してしまう女子大生まで現れます。

世間のフィーバーぶりに対して、我関せずの自然体を貫くのはニュー潮風の中の人 = 鈴木老人(ミッキー・カーチス)だけなのか。 いやいや、この爺さんだってニュー潮風の人気に便乗して、近頃すっかり疎遠になっている娘一家にモテようと画策する始末。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
ニュー潮風(なんだか洗濯機みたいな名前!)のデザイン(懐かしい昭和の、白物家電のイメージ)が素敵です。
なんたってコイツ、今時ボディが金属製なんですよ。(笑) プラスチックが多用される以前の、昔の家電製品らしさ全開です。 しかも、白い塗装があちこち剥げちょろけていたりして、オツカレサマ感がすごい。

        ▽▲▽▲▽▲

不本意ながら、二足歩行ロボットの開発担当となった三人(濱田岳、川合正悟、川島潤哉)。 ギャグもシリアスもそれなりにこなして見せますけれど、若干腰が引けているというか、イマイチ印象が薄いですかねぇ。

一方、ロボットに夢中の女子大生(吉高由里子)は演技力が見事。 中々の才能とお見受けします。

反骨精神旺盛な鈴木老人(ミッキー・カーチス)。 見栄っ張りで、強欲で、そのうえスケベ! ヘタレ気味の若者らを叱咤激励するとかではなしに、あくまで自分の欲望に忠実な年寄りって言う設定がイイです。
今は第一線を退いての隠居暮らしですけれど、しかし家族や世の中から必要とされなく事を、決して良しとしない。 ロックの魂健在ってところです!
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
それにしてもこの映画。 なんだかイマイチ色調が冴えないんですよね。 それに合せるかのように、全体的な印象も幾分暗いという気がします。(それはそれで、味わいなのかもしれませんけれど)

映画のストーリーが、ニュー潮風の秘密を隠し通せるかどうかという一点を中心に廻っていて、そのため誤魔化し通すことへの後ろめたさみたいなモンが付いて廻るからでしょうか。
私がこれまで観て来た他の矢口作品のような明るさ/前向きさが無いんです。

映画の中盤、ロボット界の時の人として理工系大学へ講演に招かれた木村電気の三人。
講堂に集った学生らの、ロボットに寄せる情熱に当てられた三人が、本当の(着ぐるみではない)ロボット開発を再開させるシーンがとっても好かったです。
この辺りを更に膨らませたら、あるいは、もう少し前向きで明るいイメージの映画になっていたかも、なんて色々と妄想してしまいました。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 30, 2015

雪やこんこ

 
 
この冬初めての雪でした。
 
雪にはまるで不慣れな私ですけれど、前日の天気予報で、今日は雪って判っていましたからね。 それなりに準備をしてありました。
 
つまり、昨夜の内に船橋のドンキホーテ(津田沼店は既に撤退しています)に立ち寄って、長靴を買い込んでおいたんです。
 
で、今朝はそれを履きまして、怖いものなしの出勤ですよ。
自宅周辺は雨すら降っていませんでしたけれど、でも電車に乗ると、窓から見る風景が次第に雪景色へと代わっていきました。
ちゃんとを支度して出掛けると、景色を愉しむだけの余裕が持るってもんです。
 
その(当地にあっては貴重な)雪も、お昼頃には止んでしまいまして、小雨へと代わっていました。
明日の朝、道に降り積もった雪が凍っていたら嫌だな、とか案じていたんですけれど、この様子ではダイジョーブみたいですね。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 22, 2015

職場の新年会

 
 
皆で飲む機会の多いとはいえぬ我が職場ですけれど、それでも先日、新年会(と呼ぶには、ちょいと遅いかもしれませんけれど)がありました。
 
と言うわけで終業後、みんなして某所の居酒屋さんへと移動。
いつものメンバーの他、普段からお世話になっている各部門や、協力会社の方々も招いて、(わが職場としては)なかなか賑々しい新年会となりました。
 
そういえば昨年の暮れ、忘年会って(忙しさにかまけて)とうとうやらずじまいでしたしね。
この会を催すに当たり、いろいろとあった(?)結果、今回は饗される料理の内容がスゴク好かったのです。 ヤッタね。 これも昨年末から年始にかけ、みんなで頑張ったお陰と云うもの。
 
あまり食べ過ぎず(もう歳なんで)、悪酔いもせず(弱くなりました)、上手に過ごして(笑)まずは上出来の好い宴会でありました。
 
あ、でも、時々一緒に仕事してくれる協力会社の若い社員さんに年齢を聴いて、「平成三年の生まれです」と返ってきた時には軽く眩暈が・・・・
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 18, 2015

映画:南極料理人

  
 
南極料理人
The Chef of South Polar
 
 
 監督:沖田修一
 脚本:  〃
 原作:西村淳 著 「面白南極料理人」
 出演:堺雅人  (西村淳:調理担当)
    生瀬勝久 (本さん:雪氷学者)
    きたろう (タイチョー:気象学者)
    高良健吾 (兄やん:大学院生)
    豊原功補 (ドクター:医師)
    古舘寛治 (主任:車両担当)
    黒田大輔 (盆:通信担当)
    小浜正寛 (平さん:大気学者)
 
    西田尚美 (西村みゆき:西村の妻)
    小野花梨 (西村友花:西村の娘
 
 
         2009年   日本
 
 
 
連戦連勝、もはや向かうところ敵なしの感さえある堺雅人さんが主演したコメディ(と呼んでイイですよね?)です。

南極観測隊と言えば昭和基地が有名ですけれど、この映画の舞台「ドームふじ基地」は、そこから1000Kmほど内陸側へ行ったところにある、十人未満程度で運用されるとっても小さな基地です。 
標高は3810メートル! 雪と氷の他、まったくなんにも無い世界。 一年の平均気温がマイナス50度を下回り、生きものなど動植物はおろか、ばい菌すらも居ないという極めて過酷な環境です。
 
この基地の調理担当係りを(心ならずも)拝命した海上保安官・西村淳は、八名の越冬隊員たちのための料理造りに奔走する日々(凡そ一年余りにも渡る!)を過ごすことになります。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
とてもラッキーなことに、私は以前、宮嶋茂樹さんの「不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行ス」という、南極観測隊を取材したノンフィクションを読んでいました。
不肖・宮嶋、その取材の中でこの「ドームふじ基地」を訪問しているんですね。
そのため、この基地の置かれた極めて特殊な環境、隊員たちのおかれた厳しい状況というものが理解し易く、映画の世界に入ってゆき易かったです。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
映画は、そのほとんどのシーンが「ドームふじ基地」で展開します、が、その割には撮影にあまりお金を掛けていないのでは(多分、オール国内ロケ)ないかと想われますね。
なにしろ手に汗握るアクションやパニック、壮大なスペクタクルとかいった、ドラマチックなシーンなど一切ありませんし。
 
でもね、これが、とっても面白いんです。
日々の職務、暮らし、余暇、それから食事を、小さなエピソードでつないでゆく中、何気ない台詞のひとつひとつが中々に味わい深い!
それから絶妙のアンサンブルに支えられたお芝居の「間」、これがなんとも可笑しいんですね。

南極大陸の内陸部。 世界から隔絶された八人きりの小さな基地という、究極の非日常空間における日常系ドラマ、とでも言いますか。

        ▽▲▽▲▽▲

近所にスーパーもコンビニもない(あたりまえ!)南極では、何事も自分たちの力でやりくりしてゆかねばなりません。
メンバーに医師が加わっているのは当然として(まさかのトラブルってことがありますから)通信(昭和基地との)と車両(雪上車、発電機も)の各エンジニアも欠かせません。
でも、調理担当にわざわざ専門家一人を割いているのには、ちょっとオドロキました。

ドームふじ基地の隊員はぜんぶで八名。
これって、科学者四人の研究を支えるために、上記四人の専門家(医療、通信、車両、調理)が居るってことになりますね。
もちろん、各員とも専門以外の諸作業(例えば雪を切り出しての造水作業)まで兼務するわけですけれど。 ともあれ、この要員バランスは中々面白いと想いました。

        ▽▲▽▲▽▲

身体の健康の為には医師が居るとして、問題はメンタル面ですね。
なにしろ周りは一面の雪原。 越冬隊員たちは、狭くて殺風景な基地の中(ローアングルを駆使した撮影がナイスです)に、一年余りに渡って幽閉されるようなモンです。
これは、精神的に来ますよ。 逃げる場所なんて、どこにも無いワケですから。
それでも、任期の間は耐え抜かねばならないわけです。
というか、こういう処で一旦気持が折れてしまったら、もうオワリでしょう。

娯楽のための各種オモチャとか、あれこれ持ち込んでいるけれど、それも心身の健康を保つため。
この、いい歳のオッサンたち。 余暇活動ともなると、かなり過激にアソビます。
この辺の、世間の眼の届かない処で永く暮らす内に、だんだん世間の常識からズレてゆく現象は、「不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行ス」でも描かれていましから、結構リアルな話しなのかもしれませんね。

が、それでも心身の健康(とりわけ心の)に一番効くのは食事なんですね。
今にも折れてしまいそうなキモチを、最後の一歩手前で救うのは、懐かしい(そして心のこもった)日本の味。
主人公の奮闘の結果、ドームふじ基地の食卓の豊なことと言ったら、もう。
隊員ならずとも、ココが南極であるという現実を、しばし忘れてしまいます。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
はじめ、この映画は気の置けない小品くらいに想っていたのですけれど、その後何度か再見した結果、とっても味わいの深い佳作として、自分の中での評価がぐんぐんと高まっています。
 
 
 
  「不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行ス」 宮嶋茂樹著 (不肖・宮嶋もドーム基地を訪れていました)
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 04, 2015

御慶

 
 
あけましておめでとうございます。
 
  
Dscn1795
 
  
なんだかやたらと落ち着いたお正月を過ごしております。
今年は年末年始とお仕事がありました。
私は職場への往き返りに鉄道を利用しているわけですけれど、元旦の列車内なんて、乗客が多い割に(偶々だったのかもしれませんけれど)なんか矢鱈と静かでしたねぇ。
お正月らしい明るい雰囲気やら、着飾った人々とかに、あまりお目に掛かれませんでし。
お正月って言うと(子供の頃から刷り込まれてきたイメージから)晴れがましいモノという先入観があって、ついついそう感じるのかもしれませんけれど。
 
でも、こんな静か~なお正月、私は嫌いじゃあありません。
 
        ▽▲▽▲▽▲

そんな中ですけれど、初詣は済ませています。
今年詣でたのは習志野市内の薬師寺。 京成大久保駅前、大久保商店街の途中にあります。
 
このお寺、ずっと前から知っていましたけれど、参拝するのはこれが初めてです。
コンパクトな造りの境内。 ちんまりとした、落ち着きあるお寺さんなり。
習志野七福神の一つなのだそうで、この界隈に点在するという他の七福神にも、ちょっと興味が湧いてきました。
 

Dscn1814


        ▽▲▽▲▽▲
 
なんか、しばらく前から喉が痛かったんですけれど、今朝から咳も出始めました。
どうやら風邪をひいちゃったみたいです。 トホホ。
初詣、さっさと済ませておいてヨカッタよ。
 
今年もよろしくお願い致します。


Dscn1822

  
  
 
   2005年の元旦
 
   2006年の元旦
 
   2007年の元旦
 
   2008年の元旦
 
   2009年の元旦
 
   2010年の元旦
 
   2011年の元旦
 
   2012年の元旦
 
   2013年の元旦
 
   2014年の元旦
  
  

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« December 2014 | Main | February 2015 »