« 小説:女信長 | Main | 黄葉を愛でる »

October 31, 2014

津田沼そば

 
 
飲食店に栄枯盛衰はつきもの。
想えば私が当地に越して来てこの方、新しくオープンしたお店、そして惜しくも撤退していったお店、それぞれ少なくない数を見届けています。
我がソウルフードとも言うべきスタンド形式のお蕎麦屋さん(立ち食い、またはカウンターに簡便な椅子のみの)とて、その例外ではありません。
 
 
・以前問はず語りで記事にした、京成新津田沼駅改札前の「都そば・新津田沼店」は既に撤退。

・かつて京成線の踏み切り近くにあった「島津庵」。 ここは私のお気に入りでしたけれど、惜しくも撤退。 同じ場所に、現在はラーメン屋さんが店を構えています。

・JR津田沼駅構内の「あじさい」は、都内に通勤していた当時、朝食代わりに何度もお世話になりました。 ここではいつもコロッケ蕎麦を喰ってましたっけ。 フロア全体のリニューアルに合わせて撤退しまして、現在は同じフロアに「いろり庵きらく」が入ってます。

・同駅ビルの一階にも、かつて蕎麦店がありまして、こちらは駅のスタンド店にしては上品なイメージ。 美味しくて、ここにも好く入りましたね。 いつ入っても空いていたので、案じていたらば、やはり撤退。


今日、久々に入ったスタンドのお蕎麦屋さんは「つだ沼そば」。
京成新津田沼駅とJR津田沼駅の間という好立地にあって、麺・出汁・トッピングと、何処から見ても文句のない旨さ。 津田沼界隈で最強と言って差し支えのない、お勧めのお店です。
本日も、また美味かった!
このお店ばっかりは末永く続いて欲しいと、切に願います。
その為にも、もっと通わないとね。

聴くところによれば明日、その「つだ沼そば」の傍に、あの「富士そば」が新規開店するのだそうで。
「富士そば」かぁ・・・・なんか懐かしいです。 都内で働いていた頃、随分と喰いましたよ。
味はそこそこ(私の記憶の中では)ながら、価格の廉さと営業時間の長さ、それとかつ丼まであるメニューは「つだ沼そば」にとって脅威かもしれません。
負けるな「つだ沼そば」!
  
 

|

« 小説:女信長 | Main | 黄葉を愛でる »

Comments

国道沿いにある我が家の周辺も同じで、店舗が目まぐるしく変わり、まえはどういう店だったかさえ覚えていないほどです。
行きつけだった店が無くなるのは残念ですよね。
三陸沖のサバの塩焼きを出すお店が撤退したのが残念でなりません。

Posted by: おキヨ | November 01, 2014 at 12:43 PM

>おキヨさん
 
>三陸沖のサバの塩焼きを出すお店が撤退したのが残念でなりません。
 
お店の移り変わりが激しいというのは、街にまだまだ活気があるってことなのかもしれませんけれど、そうは言っても、お気に入りのお店がなくなるのは悲しいですね。
美味い魚を喰わせる店。 ウチの近所には、まさに、それがないんです!(^^ゞ
 
今風スタイルのラーメン屋さんは幾つもあるけれど、和食となると、コレというお店が想いつかない当地。
食文化的にイマイチという気がしますねぇ。orz

Posted by: もとよし | November 01, 2014 at 09:19 PM

おはようございます

 そうですかあ~
何処も同じなのですね。
行きつけのお店がなくなるのはさびしいですねえ~
でも新しく出店するお店に期待しましょうか。

こちらは、おいしいお魚が食べられますよ。
和食屋さんも多いかも。

時とともに人もお店も移り変わっていくものなのでしょうかthink

Posted by: みい | November 02, 2014 at 10:46 AM

>みいさん
 
そちらは美味しいもの沢山でウラヤマシイです。(^ァ^)
中でも魚がウマいってのはイイなぁ~。 あと、うどんも。(笑)
 
当地の場合、いろんなチェーン店の類はあっても、独立した和食屋さんが中々ないんですよね~。orz
なんて文句言ってないで、自分の脚で安くてウマい店をどんどん捜すべきですね。(^ァ^)

Posted by: もとよし | November 03, 2014 at 02:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/60574041

Listed below are links to weblogs that reference 津田沼そば:

« 小説:女信長 | Main | 黄葉を愛でる »