« July 2014 | Main | September 2014 »

August 30, 2014

ロキソニンSが効いた

 
 
私、日頃から頭痛の類とは無縁でありまして、頭が痛くて困るってことはなかったんです。
ところが、数日ほど前から右目の奥、こめかみが痛み始めまして(自分的に)かなり、悩まされています。
原因については、ハッキリと判らないんですけれど、きっと目の使い過ぎ。 眼精疲労でしょうか。(PC? はい、使い過ぎというのは重々自覚しております)
 
それにしても、アア、辛かった。
頭痛と縁のなかった人生だけに、こういう場合にどう対処すれば好いか判らず、ついそのまんま我慢しちゃうんですよね。(ほんと、イイ大人が・・・・)
 
土曜日の早朝、ドラッグストアにて鎮痛薬を買い求めました。
近頃評判のロキソニンS(第1類医薬品)というもの。
 
但し、直ぐには手に入りませんでした。
つまり、このタイプの薬は、ストアの薬剤師さんから、カウンター越しのアドヴァイス(質問・説明)を受けないと、売っては貰えないんですね。
こういった薬を買った経験が無く(恥ずかしながら)私はそのことを好く知りませんでした。
 
で、このアドヴァイスですけれど。 手短な内容といえども、か・な・り ジレッタイ。
なにしろ、こっちはアタマが痛くてたまらず、それで買いに来ているんですね。
なので、出来るだけ早く使いたい(いっそ、その場で包みをバリバリ破って、一錠服用したいくらい)んですけれど。 「もうイイから早く終わって~」と念じながら、アドヴァイス・タイムを乗り切りました。(おっそろしく無愛想な態度だった筈で、薬剤師さんには申し訳なかったです)
 
ともあれ、ようやく薬を入手しました。
帰宅後、とるものもとりあえず一錠を取り出しまして、嚥下!
3~4時間ほど掛けて効いて参りました。 効果てきめん! 今ではピンピンしてます。 ほっ。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
ともあれ、これからは眼の疲労を抑えてゆかねばなりませんね。(そう言いつつ、こうしてキーボードを打ってるのはどうかってハナシですけれど)
 
そこで、眼にはやはり、ブルーベリーだろうと。
こう(浅はかにも)想いついた私は、最寄のスーパーにてブルーベリー(のドライフルーツ)を買い込みまして、先程からヨーグルトとともに食しています。
直ぐに効いてくるわけもないって、判っちゃいるんですけれど。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 28, 2014

どうする自宅PCのウィルス対策

 
 
8月に入ってからこっち、拙宅のPCを起動するたびに、使用しているウィルス対策ソフト会社からの告知が表示されるようになっています。

曰く
  「*****無料バージョンサービス終了に関するお知らせ
   *****無料バージョンが2014年8月31日をもってサービス終了します。」
なのだそうで。

そうです。
拙宅ではPCのウィルス対策に(セコイことに)代々フリーソフトを使ってきたんですね。
今入れているソフトは、このPCを購入した当初から使い始めたもの。

ネットを捜して、あんまり深く考えることもないまま(!)、評判の良さそうなものをテキトーに(!!)入れてみました。 そう悪かないっす。(<= タダで使わせてもらって、この言い草!)
無論のことフリーゆえ、そこはそれなりに制限もあるワケですけれど、そいうったことまで含めて、納得して使ってきました。
ともあれ(いろいろと事情があって)これにてフリー版はサービス終了なわけですね。 了解です。

次に使うウィルス対策ソフトも、どこかのフリーウェアを入れるときめていますけれど、じゃあ何を選ぶか。
月末まで(ってもう余裕がないですけれど)もう少し、考えてみます。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 25, 2014

習志野シティフィル第58回定期

 
 
習志野シティフィルハーモニック 第58回定期演奏会
 
 
  2014年8月24日 (日曜日)
    習志野文化ホール   14:00開演
 
 
       指揮 :小室昌広
       管弦楽:習志野シティフィルハーモニック
 
 
  ドヴォルザーク : 序曲「謝肉祭」

  グリーグ     : ピアノ協奏曲
      ピアノ独奏 長尾洋史
 
        ▽▲
 
  ヴェルディ    : 歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲

  レスピーギ    : 交響詩「ローマの祭」
 
 
    (アンコール : 奇想堂々)
 
 
 
ピアノ協奏曲が他のどれより印象に残っています。 ソリスト流石! 情緒纏綿にして寸刻の弛緩もなく、頗るエキサイティング。

一日経って、前回の演奏会の折りほどは翌日に疲れを残していない自分に気付きましたけれど、そういえば今回の私は、ドヴォルザークとグリーグのみの参加なのでした。
なにかと余裕のない中で、それでもこうして音楽できることに感謝。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 19, 2014

浜町公民館リニューアル

 
 
先日あったオケの練習。 場所は久々の浜町公民館です。
残暑厳しい中を、船橋の浜町まで行って参りました。
 
これまでも度々、練習会場として利用して来たこの公民館ですけれど、しばらく訪ねない間にリニューアルされていました。
元あった施設の改築ではなしに、移転・新築。
場所から建物から(このご時勢に!)すっかり新しくなっています。
 
新しい建物は、少しも奇を衒ったところのない、落ち着いたデザイン。 好感が持てますね。
今回は外観や内装をざっと眺めただけですけれど、旧公民館の建物と同様こじんまりとしたサイズ。 場所も近くて親水公園のすぐ傍、と言うか前と同じ区画内(駅からちと歩かされるのも、以前と同じ)で、そのせいか、新しい建物の割りに違和感がありませんね。

古い公民館の練習室は多目的仕様(?)で、鳴りっぷりの好さが印象に残っています。
一方、今度練習に割り当てられた部屋はステージのある音楽(はじめ舞台関係)専用。
勿論、隅から隅までピッカピカで、未だ細かい傷さえない床なんて、エンドピンを当てるのがモッタイナイ(!)くらい。

近くの ららぽーと がリニューアルしましたし、船橋オートもなくなるそうで。 この界隈もこれから変わってゆくんでしょうね。

        ▽▲▽▲▽▲
 
近づいてきました演奏会について、以下に記します。
私は、謝肉祭とピアノ協奏曲でVcを弾かせて頂きます。
 
 習志野シティフィルハーモニック 第58回定期演奏会
 
   2014年8月24日(日曜日) 14:00 開演
    場所:(いつもの)習志野文化ホール
    入場料:1000円
    演目:ドヴォルザーク:謝肉祭
       グリーグ:ピアノ協奏曲
       ヴェルディ:アイーダから凱旋行進曲
       レスピーギ:ローマの祭り
 
 
   浜町公民館
   習志野シティフィルハーモニック
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 13, 2014

旧いPCを復活させろ大作戦!

 
  
現在、拙宅でメインに使っています PC は、2012年12月 に導入した eMachines の EL1360-H12D/T
比較的廉価な PC でしたけれど、購入後にメモリーを増設しまして(それでも尚、体力不足ながら)なんとか運用しています。
 
で、この前に使っていた、同じ eMachines の J6454 の方はと言いますと、現在はサブ機として、一応こちらも現役です。
 
この J6454、一時は OSの WindowsXP が絶不調に陥りまして、とても運用に堪えない状態でしたけれど、あの後(新しいPCを導入してから)、Windows から Linux へと(OS を)載せ換えまして、今はサブ機として活用しています。
 
こうして我が家には(新と旧の)2台の PC が並ぶこととなりました。
別に2台をフルに使いこなしているというワケではないんですけれど、それでも予備機が控えているってのは(イザという時は頼りに出来るわけで)とっても心強いですね。
 
旧PCに新たにインストールした Linux。
最初は KNOPPIX を。 次いで Ubuntu から幾つかのVerを入れるなど。 入れて潰して又入れて。 色々と遊んでいます。
Linux についてはド素人の私ですので、使っている間に、いろいろと躓くんですけれど、トラブルに遭うのもまた愉しです。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
その後しばらくしまして、旧PCの J6454 が突然起動出来なくなってしまいました。(好事魔多し)
画面に「CMOS Checksum error」とか表示したところでフリーズですよ。
色々と調べまして、原因はどうやらマザーボードにあるらしいことを突き止めました。
マザーボードに直接取り付けてあるバックアップ用のリチウム電池が古くなっており、それで、PC を起動する際に不具合が発生するようです。
 
ならば電池を交換だ!
津田沼駅前の百均にてリチウム電池(CR2032)を買い求めまして、旧PCの筐体を開き、マザーボードに挿してある古い電池と交換します。
 
結果は上々で(しかも安くあがってラッキー!)ちゃんと起動するようになりました。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
と、そこまでは好かったんですけれど、PC筐体の蓋を開けたまんま、あれこれと弄っている内に、ドライバーの先っぽで、CPUクーラーの高速回転しているファンの羽に触れちゃった!
その結果は無残なもので、羽の一部が裂けてしまいました。
あ~あ。 我ながら、まったく馬鹿なことを仕出かしたモンです。
 
CPUクーラー。 つまり PC のハード側が逝ってしまった以上、もはや手も足も出ません。
そうは言っても、これまで苦楽を共にして来た古いPC。 このまま諦め切れないですよ。
私は、壊れたCPUクーラーを新しいものと交換する事にしました。
幸いなことに、拙宅から秋葉原へは電車一本で行くことが出来ます。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
久々の秋葉原。
その昔、私が好く通った頃と比べると、すっかり様変わりしていますね。
それでも、小さなパーツ屋さんが軒を並べている辺りはかつてと同様。
こういう、それぞれの得意分野に特化したお店を、ひとつひとつ覗いて歩くのって大好きです。
 
沢山パーツ屋さんがある中で、目的のCPUクーラーを売っているお店が中々見付からなかったんですけれど、あちこち捜し回って、ようやく出くわしましたよ。
売っていた部品は、規格がビミョーに(旧PCに元々付いていたものとは)異なりますけれど、でも充分に使えそうです。
よし、これで行こう!
見付けるまでに少々苦労しましたけれど、でも、こういう買い物をするのって愉しい。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
 
Cpu
  
 
そそくさと帰宅しまして、買って来た部品を PC に取り付け(おそるおそる)スイッチをオン。
 
新しいCPUクーラーのファン。 快調に廻りだしました。 ほっ。 これで大丈夫です。
 
私にとって、初めて出会ったトラブルでしたけれど、解決までの過程は、それなりに(!)愉しめました。
この旧PC・J6454、 もうしばらく頑張ってもらおうと想っています。
  
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 07, 2014

映画:SR サイタマノラッパー

 
 
SR サイタマノラッパー
8000 Miles
 
 
監督、脚本:入江悠
出演:駒木根隆介 (MC IKKU)
    水澤紳吾  (MC TOM)
    奥野瑛太  (MC MIGHTY)
 
 
       2008年   日本
 
 
埼玉県北部の福谷(架空の市)で、ラップ・ミュージックに打ち込む若者たちを描いたこの映画。 なにかと高評価を得ているようですね。
ラップにはさほど興味の無い私ですけれど、以前埼玉県に住んだこともあって、まるで縁がないというわけでもなさそうです。
ひとつ、視てみる事にしました。
 
ヒップホップのリズムにノッて、農道を闊歩する主人公・イック。
でも、この埼玉のラッパー君、どうにもイケてません。
一人前のラッパーを気取ったファッションに、サイズ大き過ぎのダブついた(ラッパー風の)衣服とか、もう「痛さが歩いてる」って感じなんですが。
そもそもアメリカで生まれたこの音楽には、社会への不満/不正や貧困/犯罪などなどのネガティブ要素が満載な筈なのに、当人にはどうやら、そういった問題意識など一向に湧いてこない模様。(それじゃダメなんだと、判ってはいるようなんですけれど)
カッコから入って、そのレベルから抜け出せないイック(そして友人たち)ですけれど、それでも、埼玉県・福谷から世界に向けて、熱いソウルを発信しようとか、そういう大それた(しかしまったく根拠の無い)自信と情熱だけはあるんだよね。
 
この映画は、未だ初々しい演技の若手俳優らを起用して、いろんなシーン。 それこそ、いたるところでカメラの長回しを多用します。
こういう長回しの演出って、視ていて(無論、撮影する側もそうでしょう)ホトホト疲れちゃいますけれど、でも、こうやってカットを挟まないことで、その場に目も当てられない(!)ような緊張感、それこそ迫真のドキュメンタリーにでも立ち会うかのような、ギリギリまで張り詰めた空気感が立ち上がるんですね。 こういうテンションの高さ、好きです。
 
ワケあって、自分らのラップを大人たち(?)の前で披露しなければならなくなるシーンとか、サイコーに痛かった。(最高に好いシーンだった)
折々バックの風景として差し挟まれる(元埼玉県民の私にとっても馴染みのある)道路や農地など、その土地で暮らす若者たちの閉塞感を象徴するかのようで効果的でした。
 
何をやっても上手く行かないイックが、お仕舞いに辿り着いたのは本音の自分語りでした。
とどのつまり、それが、今まで造れなかった自分のラップだった! イック、それでこそラッパーじゃん!!
これって、バッドエンドじゃあ決してないよなって、映画を見終わって大分してから(遅い!)そう想わされました。
私にとって、充分に愉しめたというワケではないですけれど、痛くて、辛口で、そして日常感のある、とても優れた映画でした。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 02, 2014

遠い花火

 
 
花火シーズン到来です。
どちらの花火大会も盛況でしょうけれど、当地だって負けてはいませんよ。
それこそ、そこいらじゅうで打ち上がっている感があります。(オーバー)
とは言え私、花火というものを、もう何年も見ていないんですね。
 
今日(土曜日)はお仕事。
業務を終えた夕刻、津田沼駅から拙宅へ向かう途中で、どこからか ドン、ドン と花火の音が・・・・
 
遠音に聴く、打ち上げ花火の響き。
風情があって、なかなかイイもんであります。
 
そういえば、今日もあちこちで花火が打ち上がっているんですよね。
帰宅して調べてみたら、この近辺だけでも
 ・幕張ビーチ花火フェスタ (第36回千葉市民花火大会)
 ・習志野市制施行60周年記念 市民花火大会
 ・習志野駐屯地<納涼夏まつり>集え!習志野夏魂
などなど。
そういえば、昼間一緒に居た同僚は、今夜は手賀沼の花火大会を見に行くつもりと語っていました。
 
歩いている途中、ビルとビルの隙間からチラと、色鮮やかな大輪を垣間見ました。
距離と方位からして、あれは薬円台方面。
習志野駐屯地 の 納涼夏まつり で打ち上げられた花火ではないかと想います。
時間があれば、行きたかったんですけれどねぇ。
 
私にとって、久方ぶりに眺めた花火でした。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« July 2014 | Main | September 2014 »