« 小説:探偵ガリレオ | Main | 遠い花火 »

July 24, 2014

茜浜名人寄席 Vol.45

 
 
  茜浜ホール
 
     平成二十六年七月十八日(金)
 
 
  落語  :三遊亭左圓馬
        柳家わさび
        桂たか冶
 
 
  特別出演:和太鼓衆 雷夢
 
 
 
梅雨未だ明けきらぬ、雨もよいの夕刻。 また、茜浜名人寄席を聴いて参りました。
 
和太鼓衆 雷夢
和太鼓の、今までにない組み合わせ。 それに加えて照明の演出もあり、これまでにも増してショーアップ(!)された雷夢。 カッコよかったです。 よく工夫されてますね。
笛が堂に入った吹きっぷりで、音色も綺麗でした。
 
 
桂たか冶:饅頭怖い
桂文治門下の前座さん。
この日はなぜか、食べ物に関連した噺が揃いましたね。 そのトップバッターが「饅頭怖い」。
しっかりとした語りっぷりに好感。
 
 
柳家わさび:ちりとてちん
柳家さん生門下の二つ目さん。 どこか 三三さん に似た雰囲気を漂わせますね。
高座に上がった時点では、なんだか無愛想なイメージがありました。
それが、いつしかお客を巧みに噺の中に引き込んでゆきます。
なにより、ちりとてちん をとうとう口に入れる段に来ての顔芸(?)が可笑しい!
この芸達者ぶり。 並々ならぬ向上心と修練のタマモノではないかと想います。
マクラから巧みに客席をほぐして、噺のほうも上出来とくれば、言うことなし。 客席も大ウケでした。
 
 
三遊亭左圓馬:鰻の幇間
タイコ持ちが騙されちゃうんだけれど、嫌味とか後味の悪さを不思議と感じさせない、好きな噺のひとつです。
ことさらパワーに頼らない(エネルギーを無駄に消費しない)余裕たっぷりの、まさに円熟の高座。 ウナギ喰いたくなっちゃったじゃないですか!
 
 
名人寄席がハネて表へ出たら、やんわりと雨が。
梅雨明けまで、あとわずかと言うところで、小雨に捕まっちゃいましたか。
傘を広げて家路へと着きました。
 
 
 
 
   茜浜名人寄席 Vol.36
   茜浜名人寄席 Vol.38
   茜浜名人寄席 Vol.39
   茜浜名人寄席 Vol.40
   茜浜名人寄席 Vol.43 
   茜浜名人寄席 Vol.44
 
 

|

« 小説:探偵ガリレオ | Main | 遠い花火 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/60036441

Listed below are links to weblogs that reference 茜浜名人寄席 Vol.45:

« 小説:探偵ガリレオ | Main | 遠い花火 »