« 金正日の料理人 | Main | 小説:ジェネラル・ルージュの凱旋 »

June 27, 2014

ふなっしーの船橋ソースラーメンなっしー!

 
 
職場でお夜食。 お腹が空いたんで、カップ麺でも喰うことにします。 ちょっと愉しい~!
いろいろ買い置きしてある中から、今回はちょっと珍しい奴を食してみることにしました。
ここに取り出しましたるは「サッポロ一番 ふなっしーの船橋ソースラーメン」!
 
 
 Photo
 
 
ソースラーメンは船橋市の名物というか、当地に古くからあったローカルな味で、最近それを再び盛り上げようという動きがあります。
それと、船橋市非公認のご当地ゆるキャラ「ふなっしー」とのコラボ企画の成果がこの「サッポロ一番 ふなっしーの船橋ソースラーメン」で、サンヨー食品のサッポロ一番ブランドが出しているんですから中々本格的ですよね。
地元で愛されて来た味と、ご当地ゆるキャラとのコラボ。 中々粋な企画であります。
 
 
Photo_2
 
 
なにはともあれ腹ペコです。
カップにお湯を注いで、早速喰ってみることに。
お味は・・・・なるほどのソース味。
少うし薄めの、でもストレートなウスターソースの味です。
自宅でソース焼きソバとか造っていて、水っぽくしちゃった状態って言えば、伝わるでしょうか。
これはこれで、アリですね。
取り立てて滅茶苦茶美味いっ! ってモンじゃあないですけれど、食べるとほっこり出来ますね。
たちまち完食。
ソースってやっぱり、癒しの味ですよ。
   
 
Photo_3
 
  
船橋ソースラーメン、美味しかったなっしー!
 
 

|

« 金正日の料理人 | Main | 小説:ジェネラル・ルージュの凱旋 »

Comments

こんばんは~

 ふなっしーのファンとしては、一度食べてみたいです^^。
ゆるキャラとのコラボ、いいですね。
カップが可愛いし~

美味しそうだなっしー!
食べたいなっしーcoldsweats01

Posted by: みい | June 28, 2014 at 10:01 PM

>みいさん
 
キャラクター商品って普段ならば興味もないんですけれど、船橋市内のスーパーでふなっしーのカップ麺を見つけたら、そりゃもう買わずにはいられないじゃあないですか。(笑)
 
で、食べてみたら個性的/しっかり自己主張のあるソース味で、そんなところは、なんだかふなっしーらしい感じですね。(^ァ^)
  それにしても、みいさんもふなっしーファンでしたか。 嬉しいなっしー。(^ァ^)

Posted by: もとよし | June 29, 2014 at 10:41 PM

ゆるキャラばやりですね^^
ふなっしーはゆるキャラの元祖でしょうね。
私もたまにはカップ麺を食べることもありますので見かけたらふなっしーソースラーメンを買ってみましょうかhappy01

Posted by: おキヨ | June 30, 2014 at 01:02 PM

ふなっしーソースラーメンが出たんですね。
自分も食べてみようと思います。

写真が綺麗ですね。

Posted by: クウ | June 30, 2014 at 01:10 PM

>おキヨさん
 
この「ふなっしーの船橋ソースラーメン」。 しばらく前に、スーパーのワゴンセールで扱っていたのを買い置いたもので、全国展開しているかどうかは不明であります。 もしかしたら、地域限定商品かも。(^^ゞ
 
とはいえ、ラーメンの一種として、これはなかなかイケる味ですので、なにかの折に(船橋の)ソースラーメンと出会うことがあったら、是非召し上がってみてください。(^ァ^)

Posted by: もとよし | July 01, 2014 at 05:49 PM

>クウさん
 
地元の味+地元のゆるキャラのコラボ。 こういう地元愛を刺激される商品が出て来ると、嬉しくなっちゃいますね。(^ァ^)
 
ソースラーメン、船橋市内のあちこちのラーメン屋さんでメニューに上がり始めたようですね。
カップ麺だけではなしに、市内のラーメン屋さんで出すソースラーメンの方も、いつか食してやろうと想っています。(^ァ^)

Posted by: もとよし | July 01, 2014 at 05:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/59887075

Listed below are links to weblogs that reference ふなっしーの船橋ソースラーメンなっしー!:

« 金正日の料理人 | Main | 小説:ジェネラル・ルージュの凱旋 »