« アニメ:ピンポン THE ANIMATION | Main | 金正日の料理人 »

June 21, 2014

今年もハクビシン

  
 
これはもう、ひと月以上も前のお話しになりますけれど。(備忘録代わりに書き記させて頂きます)
 
今年も我が職場にハクビシンが現れました。
場所は地下施設の奥で、昨年私が見つけたのとまったく同じ処。
あの時と同一個体かどうかは判りませんけれど・・・・多分同じ一家ではないかと、私は想います。
発見者は・・・・またしてもワタクシですよ。 トホホ。(私、今や職場内で「ハクビシンに好かれる男」という称号を欲しいママにしています)
あの時と同様、真っ暗な中を懐中電灯で照らしながら廻っている途中のご対面でした。

それにしても、あ~吃驚した。
なにしろ、昨年ハクビシンを発見した後、専門の業者に対策(夏の間に侵入経路と思しき箇所を見つけ、小動物が入って来れないよう塞いでおきました)を施して貰っており、今年はもうハクビシンなど居ない積もりでしたからね。
それが、懐中電灯の光芒の中、シレっとして(連中、妙に落ち着いて、こちらをじっと見詰めて来るんです)佇んでいるじゃありませんか。

あ~あ、今年も出ちゃいましたよ、ハクビシン。
早速戻って報告したところ、再び専門の業者を呼んで対策を図るようです。 けど、大丈夫ですかねぇ。
そもそも昨年、ハクビシンの侵入を阻止するため施した工事は一体なんだったのか! って感じでガックリですよ。

それにしてもハクビシンの行動力(?)には、私などの想像を絶するものがあります。
連中、本当に僅かな隙間から、巧みに侵入経路を見つけ出し、建物の奥まで入って来るんですから。
あの地下の真っ暗闇の空間。 ハクビシン的に、よっぽど居心地が好いんでしょうね。
 
 

|

« アニメ:ピンポン THE ANIMATION | Main | 金正日の料理人 »

Comments

おはようございます

 ハクビシンまたもや現れましたか~
ふふ・・ハクビシンに好かれたのね^^。
でもどこから入って来るんでしょうね。
わずかな隙間を見つけて、ですよね。
生態はよく知らないけれど、真っ暗な地下に生活してるのかな?
たくましいね。

Posted by: みい | June 22, 2014 at 10:41 AM

>みいさん

私は普段から初対面の犬・猫にモテる体質なので、ハクビシンにも安心感を与えたのかもしれませんね。(笑)

ハクビシンは木登りが得意な動物のようで、今回は建物の2~3階まで一旦登って、そこから垂直に下へ伸びている配管を伝い、地下まで降りて来たようです。 凄い能力ですね。(^^ゞ
地下の施設は一年中、鼻を摘ままれても判らない真っ暗闇の世界で、これまた凄い適応力。(^^ゞ

こんなところに餌もなさそうですけれど、外敵が来ないのと、寒さから逃れるのには、うってつけだったのかもしれませんね。

Posted by: もとよし | June 22, 2014 at 09:49 PM

動物のほうが幾段もうわてということがありますね。可愛い顔して。。。^^
ハクビシンはかなりのクセモノらしいです。
知人もハクビシンにはずいぶん悩まされたと聞きました。
ハクビシンの分布する地域はあるのでしょうか。
わが県、少なくとも私の住む地方では広報などにも載っていませんんし聞いたことがないですね。。。

Posted by: おキヨ | June 23, 2014 at 11:37 AM

>おキヨさん

当地は、ハクビシンの生息地域ということで間違いないようですね。(^^ゞ
周囲にある他の建物にも住み着いているかもしれませんし。 あるいは、同じハクビシン一家が、建物間を転々と移動していたりして。(^^ゞ

連中、アタマも好いんでしょうね。
真っ暗闇でも平気の平左。 ホンの小さな隙間があれば通り抜けてしまいますし、垂直方向の移動も自在。 気が付けば、建物の奥の奥。 人間の手の届かないところまで侵入されていました。(^^ゞ

Posted by: もとよし | June 26, 2014 at 01:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/59854447

Listed below are links to weblogs that reference 今年もハクビシン:

« アニメ:ピンポン THE ANIMATION | Main | 金正日の料理人 »