« 小説:ベーシーの客 | Main | 小説:精霊流し »

May 11, 2014

送別会と歓迎会

 
 
このところ、宴会の幹事づいている私です。

まず一つ目(!)は、職場の送別会。
飲み会の音頭取りとか、日頃はまずやることのない私ですけれど、諸般の事情から幹事役を仰せつかったんです。 参ったなぁ。

まずはネットでお店をリサーチ。 職場から程近い、某所の居酒屋(お酒と料理を重々吟味の上)を予約しまして、参加者を募り、お金の計算も。
でも、やり慣れないだけあって、なにかと要領が悪かったですね。 色々とドタバタしちゃいました。

そうして迎えた送別会ですけれど、これがまぁ、オケの定期演奏会の翌日だったんです。
前々から演奏会当日に備えて忙しなく、プレッシャーも一通りではないところに加えて、更に送別会の幹事業の諸々をプラスですよ。

送別会の当日は、終業後にみんなして会場へ直行しまして、長年お世話になったお二人を送り出します。
これまで、お世話になりました。

一通り呑み食い(料理、そう悪かぁなかった)をし、お会計まで済ませまして、つつがなく宴会終了。
こういうコトに慣れない私でも、やってみればどうにかなるってもんです。

が、なにせ(演奏疲れの出始めた)定期演奏会翌日のこと。 かな~りクタビレましたし、帰る頃には(自分で想っていたより)お酒も廻っていたようです。

        ▽▲▽▲▽▲

続きまして二つ目(!!)は、つい先日。 我が職場に新人さんを迎えての歓迎会で、ここでも、私めが幹事をあい務めました。

今回は職場メンバーからのリクエスト「焼肉屋さんの食べ放題コースを頼む!」に応えまして、送迎の小型バスを用意してくれると言う、郊外のお店を予約。

送迎バス付きの宴会ってのは今回が初めてでしたけれど、往き帰りの心配がないってのは、実にラクちんなものですね。 車内がまた皆で(開放感から)盛り上がって、イイ感じなんです。

焼肉屋さんを使った宴会。 結構好かったので、また、ここでやるかもしれません。
今回は幹事としてそれなりにテキパキ(って、自分で言うのもナンですけれど)と動くようになりまして、不器用な私もちょっとは慣れて来たのかもしれません。
 
 

|

« 小説:ベーシーの客 | Main | 小説:精霊流し »

Comments

こんばんは

 幹事さん、二度もでしたか~
お疲れさまでした!
いろいろ気を使いますよね。
でも、慣れてきたとか。

みなさんに喜んでもらえるとうれしいものですよねhappy01

Posted by: みい | May 12, 2014 at 07:11 PM

>みいさん

慣れないことで、どうなることかと案じましたけれど、やってみれば、どうにかなるもんですね。(^ァ^)

>みなさんに喜んでもらえるとうれしいものですよね

確かに~。(^ァ^)
でも、ちょっと慣れて自信がついたのと、これでしばらくはやらなくってイイやって気持ちと。 自分の中で、せめぎあってます。(笑)

Posted by: もとよし | May 13, 2014 at 02:57 AM

宴会などの幹事は苦手な人と好きな人がいますね。私の夫は現役中ほとんど幹事を受け持っていました。要領が解るということで押し付けられることもあったようですが、本人も嫌いではない。アルコールが駄目というのも押し付けられる一因のようでした。飲める方は幹事は不向きですものね。

私といえば、絵画団体のメンバーだったときに、一泊スケッチ旅行の幹事をしたことがありましたが、これが想像を絶する大変さsweat01
つまりこういうことに不向きな人間です。

Posted by: おキヨ | May 13, 2014 at 12:20 PM

>おキヨさん
 
なにしろ決断がニブくって遠慮が過ぎる私は、幹事をニガ手とする典型的なタイプです。(笑)
 
一方おキヨさんのご主人は、お酒よりも酒席の雰囲気を愛する明るいタイプとお見受けします
 
続けて二度務めた幹事。 少しは余裕が出て来たのか、私としては焼肉屋さんで持った歓迎会の方が、より楽しかったですね。
とはいえ、次の機会にまた幹事を振られたら、とりあえず逃げると想いますけれど。(笑)

Posted by: もとよし | May 14, 2014 at 08:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/59621960

Listed below are links to weblogs that reference 送別会と歓迎会:

« 小説:ベーシーの客 | Main | 小説:精霊流し »