« April 2014 | Main | June 2014 »

May 21, 2014

茜浜名人寄席 Vol.44

 
 
茜浜名人寄席 Vol.44
 
 
  茜浜ホール
 
     平成二十六年五月十六日(金)
 
 
  落語  :昔昔亭喜太郎
        笑福亭竹三
        桂伸乃介
 
 
  特別出演:和太鼓衆 雷夢
 
 
 
好天に恵まれまして、茜浜名人寄席までの行き帰りもラクちんてモンです。 よきかな。
 
 
和太鼓衆 雷夢
これまで何度も聴かせて頂いていますけれど、この日の雷夢の舞台、常にも増して(ヴィジュアル的にもサウンド的にも)完成度が高かったように想います。
笛の重奏。 綺麗に鳴って(マイクで拾っていたんでしょうか?)いてバランス好かったです。
勢いに加えて、まとまりのある良いステージ。 ブラーヴァ! お見事でした!
 
 
昔昔亭喜太郎:「初天神」
昔昔亭桃太郎師匠のお弟子なのだそうで。 そういえば桃太郎師匠の高座、一度聴きたいと願いつつ、未だ聞けていないんですよね。
 
 
笑福亭竹三:「三人旅浮之尼買」
普段は東京の噺家さんが上がる茜浜の高座ですけれど、竹三さんは(専ら東京で活躍する)上方落語の人で笑福亭鶴光師匠のお弟子。
上方落語は普段、中々聴く機会がありませんから、こういうのは嬉しいですね。
この日の演目も、私がこれまでに聴いたことのない上方の噺。
こういった旅ものの場合、取り分け上方の言葉が生きてきますね。 旅情をかきたてられるってモンです。
関東のお客に向け、ヘンに判り易くなどせず、上方テイストをびしばしぶっつけてくるところが好もしい。
 
 
桂伸乃介:「長短」
真打の登場。 見事な高座でした。
一見して如何にも落ち着きある、実直そのものな風貌の伸乃介師匠。
その話しぶりもテンション緩めでしたけれど、でも、ゆるゆる語り始めると同時に、客席がピタリと鎮まって、その語り口にグイグイと引き込まれてゆく。 この、見てくれの地味さと語り口の旨さとのコントラスト。 もう、堪ンないですねぇ。
 
ただね~。 私、この「長短」という噺がどうにもニガ手なんです。 短気な男の方はともかく、気の長い男の方の台詞を詰まらなく感じてしまう。
同じスローな話しぶりで言えば、例えば 渡部陽一さん(あの!戦場カメラマン)の語りの方が余っ程面白いよ。
まぁ戦場カメラマンの方は、気が長いというよりは、バカっ丁寧な語り口なんですけれど。 でも、過度なくらいの真面目/誠実さからくる可笑しさ、そして説得力ある声音を備え、聴く人を引きつける稀有なキャラクター。
芸が、リアル(実在の人物像)に敵わないという例ですね。
 
「長短」は比較的聴く機会の多い噺ですけれど、これまで拝聴したどの噺家さんの高座も、「気の長い男」の表現、解釈に疑問が残るんですよねぇ。
気が長い = ノンビリ(ノロマ)って設定は、もう聴きたくないですよ。
いろいろ工夫/開発の余地があるんじゃあないでしょうか? なんてぇことを考えつつ、茜浜ホールを後にしました。
 
 
 
 
   茜浜名人寄席 Vol.36
   茜浜名人寄席 Vol.38
   茜浜名人寄席 Vol.39
   茜浜名人寄席 Vol.40
   茜浜名人寄席 Vol.43 
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2014

小説:精霊流し

 
 
精霊流し
 
 
   さだまさし 著
 
 
      2001年   幻冬舎
 
 
「精霊流し」と言えば さだまさし さん。
言わずと知れた初期の代表作ですけれど、本書は、同名ではあってもあの歌とは内容を異にする長編小説です。

主人公が長崎出身で少年期にヴァイオリンを学んでいたり、成人した後シンガーソングライターとして名を馳せたり。 更に、精霊流しの情景が描かれたりと、著者の自伝的要素もいろいろ含んでいそうです。

        ▽▲▽▲▽▲

想えば私、昔からこの方の歌をそれほど好きというわけでは(どこか相性が好くないのか)ない、決して熱心なファンってことはなかったですねぇ。

にも関わらず、あらためてヒット曲のひとつひとつに耳傾けてみれば、その時代時代の記憶が付いて参ります。 曲とその時代の印象とが、ペアになって出て来る。
私みたいに、特段のファンでなくてもそうなんですから、その音楽の持つ力、正に本物ではないかと想います。

そして、歌の方はさておき(!)、その他様々なジャンルに渡っての活躍は、どれも圧倒的な才気を感じさせられます。
中でも、テレビで時々見掛ける「今夜も生でさだまさし」が面白いですねぇ。
それにしても、本格的な長編小説までものしていたとは。 (それも、最初期のヒット曲「精霊流し」を取り上げて) そういうことを私が知ったのは、実につい最近のことなのです。
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
小説の方は、後に人気シンガーソングライターとなった主人公の半生記ですけれど、なかでも少年時代~歌手として世に出る以前の青年時代の描写が特に好かったですね。
ヴァイオリンに一生懸命だった少年時代。 周囲の人々。 両親や従兄弟。
そして一旦は目標を見失った青春時代の、昏く無軌道な暮らしぶり。
バイトのエピソードなど、荒ぶる姿は、後の人気シンガーソングライターの、線の細いイメージ(なんて、ファンでもない私が勝手に抱いている印象かもしれませんけれど)とはなかなかダブらず、ぐいぐいと読ませられました。 作家としての才能を感じさせられます。

一方、成長して後。 シンガーソングライターとして世に出てからの主人公には、あまり共感するところがなかったですね。
ここに描かれる、ファンや周りの人々から愛され、全国を忙しく飛び回るシンガーソングライターの姿と、少年~青年期の主人公とが(私には)どうにも繋がって来ませんい。
前述した通り、わたしがシンガーソングライター さだまさし さんの熱心なファンではないということで、この自伝的小説自体とも、あまり相性が好くないってことでしょうか。

        ▽▲▽▲▽▲

そういえば、私が静岡に住んでいた子供の頃のこと。
ある夜、母が私と兄を連れ出し、地元の灯篭流しを見に出掛けたことがありました。
今ではあんまりハッキリとした記憶がない(!)んですけれど、只、川面に浮かぶ沢山の灯篭と、お目当てのテレビ番組が見れず拗ねていた兄ばかり印象に残っています。

その想い出があったせいか、ヒット曲「精霊流し」で描かれるに精霊流しついて、私の中ではずっと、昔見た灯篭流しのイメージとダブってしまっていました。
今回、小説中で主人公らが精霊流しに参加する場面を読みまして、初めてそれを理解したんですけれど。 想えばずいぶんと長い間、イメージをごちゃまぜにしていたわけですね。
なんとも、お恥ずかしい話しでした。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 11, 2014

送別会と歓迎会

 
 
このところ、宴会の幹事づいている私です。

まず一つ目(!)は、職場の送別会。
飲み会の音頭取りとか、日頃はまずやることのない私ですけれど、諸般の事情から幹事役を仰せつかったんです。 参ったなぁ。

まずはネットでお店をリサーチ。 職場から程近い、某所の居酒屋(お酒と料理を重々吟味の上)を予約しまして、参加者を募り、お金の計算も。
でも、やり慣れないだけあって、なにかと要領が悪かったですね。 色々とドタバタしちゃいました。

そうして迎えた送別会ですけれど、これがまぁ、オケの定期演奏会の翌日だったんです。
前々から演奏会当日に備えて忙しなく、プレッシャーも一通りではないところに加えて、更に送別会の幹事業の諸々をプラスですよ。

送別会の当日は、終業後にみんなして会場へ直行しまして、長年お世話になったお二人を送り出します。
これまで、お世話になりました。

一通り呑み食い(料理、そう悪かぁなかった)をし、お会計まで済ませまして、つつがなく宴会終了。
こういうコトに慣れない私でも、やってみればどうにかなるってもんです。

が、なにせ(演奏疲れの出始めた)定期演奏会翌日のこと。 かな~りクタビレましたし、帰る頃には(自分で想っていたより)お酒も廻っていたようです。

        ▽▲▽▲▽▲

続きまして二つ目(!!)は、つい先日。 我が職場に新人さんを迎えての歓迎会で、ここでも、私めが幹事をあい務めました。

今回は職場メンバーからのリクエスト「焼肉屋さんの食べ放題コースを頼む!」に応えまして、送迎の小型バスを用意してくれると言う、郊外のお店を予約。

送迎バス付きの宴会ってのは今回が初めてでしたけれど、往き帰りの心配がないってのは、実にラクちんなものですね。 車内がまた皆で(開放感から)盛り上がって、イイ感じなんです。

焼肉屋さんを使った宴会。 結構好かったので、また、ここでやるかもしれません。
今回は幹事としてそれなりにテキパキ(って、自分で言うのもナンですけれど)と動くようになりまして、不器用な私もちょっとは慣れて来たのかもしれません。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 07, 2014

小説:ベーシーの客

 
 
ベーシーの客
 
 
   村松友視 著
 
 
     1998年   マガジンハウス
 
 
前々から気になっていた、村松友視さんの「ベーシーの客」を読みました。 岩手県一関市に実在するジャズ喫茶、ベーシーを軸に据えた連作短編小説集です。

ベーシーはジャズ喫茶ゆえ、店内では終日JAZZのレコードが掛かっているわけです。
一体、こういうお店はオーディオ・システムに凝るもんですけれど、ベーシーのオーディオは、店主が選び抜き、手塩に掛けた筋金入りのシステム。
なんでも、日本一音の好いジャズ喫茶として高名なお店なんですってね。 その極上のサウンドを確かめんと、全国からベーシーを詣でるジャズファンは後を絶たず、なんだとか。

        ▽▲▽▲▽▲
 
小説の方は、そんなジャズ喫茶ベーシーを訪れる、それぞれにワケありのお客たちの人生を描く連作短編集になってます。

ただ、そのベーシーを狂言回しとして使っているにもかかわらず、
中々見えてこなかったですねぇ。 ジャズ喫茶の雰囲気、店主の顔が。

あるいは、そんなこたぁ、先刻ご承知/野暮な説明はイラナイ・・・・っていう気持ちが、著者の中にあるのかもしれません。
そんな、お店と常連の馴れ合いみたいなものに付き合わされている感が、読んでいて付いて廻りました。

なんかやたらと態度のデカイJAZZ喫茶店主(ジャズも人生も知り尽くしたって感じの)を全面肯定する著者の筆致は、これはベーシー常連さんとしての視点ですね。
でも予備知識ゼロ(ジャズという音楽、日本におけるジャズ喫茶という文化について)で本書に臨んだとしたら、どうでしょう。
お話しのほうは・・・・生憎とあまり惹かれるものがなかったです。

        ▽▲▽▲▽▲

私は、ジャズにしろクラシックにしろ、それぞれの音楽ジャンルで<リスナー道>みたいなものが存在するんじゃあないかって、常々想っています。
同じ音楽を愛好してはいても、プレイヤー(プロ/アマチュアを含めた)サイドとは居場所の異なる、(主として録音を)聴く側の達人。

そういった人々が極めてストイックな態度で音盤に臨んで、ジャズ/クラシック鑑賞道みたいなものを造りあげているんじゃあないか。 なんて、若い頃オーディオに凝って、クラシックの他、ジャズにも少しばかり入れ込んだことのある私は想います。

今の私は・・・・そういうリスナー側の地点からは離れてしまっていますね。 かつて苦心(?!)して造り上げた我が家のオーディオ・システムも、アッサリと手放してしまいましたし。

かつて持っていた、音盤を手に取る時の、とても真摯な気持ち。 新鮮な感情は、歳経る毎に薄らいでゆきます。 当たり間のこととは言え、なにやら、やるせない気分ではありますね。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 05, 2014

世界卓球女子団体戦準決勝

 
 
いきなりですけれど、このところ私は、深夜アニメの「ピンポン」に、すっかりハマっています。
松本大洋 作の卓球漫画(90年代)を、独特のタッチを生かしてアニメ化。
(卓球がテーマの作品、それもアニメとなると相当珍しいのではないでしょうか?)
これが、高校卓球部の世界/男の子のナイーブな心情をクールに描いてすごく面白い。 もう、目が離せないんです。
 
 
    深夜アニメ「ピンポン」のPV

      スマイルの場合
      チャイナの場合
      アクマの場合
      ドラゴンの場合
      ペコの場合


 
        ▽▲▽▲▽▲

JA全農世界卓球団体戦のテレビ中継があることを知った私が、それを観戦してみる気になったのは、上記の「ピンポン」を視聴し、卓球に興味を持ち始めていたからに他なりません。
卓球アニメと世界卓球とのコラボ(それが意図的なものかどうか判りませんけれど)に、私はまんまと乗っけられたカタチですね。

昨夜私が視たのは、女子団体戦の準決勝。 日本 VS 香港。
勝てば(31年ぶりに!)決勝戦に進出という、とてつもなく重要な試合でした。

それにしてもアジアの卓球。 とってもレベルが高いですね。
(人口十三億の)国家レベルで卓球押しの中国チームは別格として、日本チームと香港チームは実力伯仲。 どちらが決勝戦に駒を進めてもおかしくないように想います。

試合の方は、一進一退の好ゲーム(素人の私がこう言うのも、ナンですけれど)が幾つもありました。
日本のエース・石川佳純選手の活躍もさることながら、私は平野早矢香選手の戦いぶりに、ほとほと感服しました。
相手選手に押され、あと二つ入れられたら、そこで試合終了(イコール、日本チームが敗退)というところまで追い詰められながら、そこから形勢をひっくり返しての逆転大勝利!
技術/反射神経/体力もさることながら、一体なんという精神力でしょう。
それから、得点を決めるたび振り向いてガッツポーズして見せる、その眼差しの凛々しさ!

団体戦ゆえ、長丁場の試合。 ギリギリの接線が続いて、見ていてほとほと草臥れましたよ。 ていうか、心臓に好くないっす。 勝って本当に、ホントに好かったよ。

一夜明けて、今夜は決勝戦。
挑む相手は王者・中国チームです。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2014 | Main | June 2014 »