« 津田沼散歩:栄昇らーめん | Main | 世界卓球女子団体戦準決勝 »

April 27, 2014

西荻窪の古本屋さん

 
 
西荻窪の古本屋さん
 
    ~ 音羽館の日々と仕事 ~
 
 
  
        広瀬洋一 著
 
        2013年   本の雑誌社
 
 
新刊の書店よりも古本屋さんが好きで、好んで利用していた時期がありました。
特段の用もなしに、ふらりと立ち寄ったりするのがスゴク愉しい。
一頃は、街を歩いて古本屋さんが目に付いたら、必ず入ってみたもんです。

その昔、私がフルートに凝っていて、その練習のため新宿に通っていた頃のこと。
練習の合間の息抜きに、高原書店の新宿古書センターに寄るのが常でした。(残念ながら現在は撤退されているそうですけれど)
3フロアにも渡る広~い店内は、ジャンル毎に仕分けられた蔵書で一杯。 もう何時間居ようと(フルートの練習は?)飽きるってことがなかったですね。

本書の著者。 音羽館のご主人、広瀬さんはその高原書店のアルバイトから古本の世界に入ったという方。
もしかしたらあの当事の新宿古書センターで、古本を渉猟する私とすれ違っていたかもしれません。 想わぬところで縁を見付けました。

        ▽▲▽▲▽▲

高原書店で古書店員としてのキャリアを積んだ後、独立した広瀬さんがJR中央線沿線の西荻窪にご自分の古本屋さん「音羽館」を立ち上げたのが2000年のこと。
特筆すべきはその当時、既に BOOKOFF が世にあったということです。

古書の流通/古本の売り買いというものの常識を一変させてしまった BOOKOFF 旋風。 古書業界にとって、少なからぬ衝撃であったろうと想いますけれど。
でも、そんなアゲインストの状況下に、あえて打って出た広瀬さん。

それは、高原書店での経験に裏打ちされた目論見/きちんとした成算があってのこと。 後先を顧みない無謀な船出でもなんでもなかったと言います。
そうして創り上げた 音羽館 は、ご自身のやりたかった(高原書店では出来なかった)事/ご自身の古本屋感を体現したお店でした。

中央線沿いの西荻窪。
古本屋さん(それぞれ、個性豊かな)にこと欠かないこの土地にあって、音羽館 はあくまで普通の<街の古本屋さん>を目指します。

店内は、多ジャンルに渡る書籍がバランス好く詰め込まれた、快適なスペース。
本書に掲載された音羽館店内(私、残念ながら入ったことがありません)を撮影した写真を拝見すると、お店の洒脱な雰囲気が伝わって参ります。

全体的に、殊更に高級過ぎず/安っぽくもなく、程よく手垢の付いた感のある店内。 板張りの床(ここ、ポイント高し)もお洒落。
蔵書は、殊更揃わせ過ぎず/乱雑に過ぎず。 丁度好い密度が保たれています。
要するに、とっても趣味がイイんですね

ここは、空間としての居心地好さがウリになっているんじゃないか。 それで、お店そのものが、西荻という街と上手く融和しているんじゃあないかなって想います。

本書からは、広瀬さんのフランクで、かつクレバーな性格が伝わって来て、なんだか読んでいるだけでイイ気分になって来ますね。
音羽館にお客として居る時に感じるのが、きっと、こんな雰囲気じゃあないかなぁ。

このところの私は、図書館通いが身についてしまって、古本屋さんとはすっかり疎遠になっています。
古本屋さん。 今度どこかで見付けたら、しばらくぶりに入ってみるかナ、なんて気にさせられた一冊でした。
 
 

|

« 津田沼散歩:栄昇らーめん | Main | 世界卓球女子団体戦準決勝 »

Comments

私も古本屋さん大好き人間です♪
普通の書店には無い魅力ある本があるので宝探しに似た感がありますね。
桐生市や軽井沢にはお気に入りの古本屋があるので行けば必ず立ち寄り数時間過ごしてきます。
かくして〔積読〕がますます増えるばかり・・・〔苦笑〕

Posted by: おキヨ | April 27, 2014 at 12:33 PM

>おキヨさん

古書店巡り、おキヨさんもお好きでしたか。
いつか読んでみたいと願い、でもなかなか出回ることのない珍しい本。 長らく忘れていた作品。 そんなのを見つけると、舞い上がる想いがしますね。(^ァ^)

>桐生市や軽井沢にはお気に入りの古本屋があるので行けば必ず立ち寄り数時間過ごしてきます。

なんと、軽井沢の古本屋さんですか。(@_@)
かつて文人の集った地ですし、文学の土壌ってものがありそうですね。
そういう処で、古い岩波文庫など見付けたら、またまた舞い上がってしまいそうですね。(笑)

Posted by: もとよし | April 27, 2014 at 11:38 PM

こんばんは~

 古書店巡り、いいですね。
わたしもおおいに興味ありです。
宝探し気分がいいですね^^。

この本読んだら、古本屋さんへ、即、行ってみたくなりそうですね。

Posted by: みい | April 28, 2014 at 09:39 PM

>みいさん

以前は知らない街で古本屋を訪ねるのが愉しみでした。(^^)
でも、そうして出会ったお店も、現在は閉店されている場合が少なくありません。
BOOKOFF に代表される古書大量販売店の台頭。 ネット売買の普及、などなど。
古書店の経営は本当に大変だと思います。(@_@)

これからは、古本屋さんを見る目が変わりそうですね。
お店の特色や経営方針や、その街の中での立ち位置とか、興味が尽きません。(^ァ^)

Posted by: もとよし | April 30, 2014 at 01:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/59537977

Listed below are links to weblogs that reference 西荻窪の古本屋さん:

« 津田沼散歩:栄昇らーめん | Main | 世界卓球女子団体戦準決勝 »