« 津田沼散歩:谷津干潟から若松団地へ | Main | 三年目 »

March 07, 2014

ソチ冬季五輪

 
 
遅れ馳せながら、今頃ソチの話題など。
オリンピックの方は盛会の内に終えまして、これからパラリンピックですね。
相変わらずテレビをあまり見ない(手元に環境が無い)ので、好くは把握していないんですけれど。 代表的な映像など、後からぼちぼち確認しています。

スキーなどのアルペン競技には、相変わらず興味を惹かれました。
今回初めて見たのがスノーボードクロス。 豪快なジャンプがスゴイよ! なんとまぁ高く、そして長く跳べるもんだと感心しました。
スピードスケート、同ショートトラックにカーリング。 この辺りはリアルタイムで観戦することが出来ました。
それからフィギュアスケート。 浅田選手がやってくれましたね。
メダルこそ見送ったものの、銀盤上に描き切ったドラマに深い感銘を受けました。
音楽はラフマニノフのピアノ協奏曲第二番。(フリープログラム)

それにしても・・・・
トリノ冬季五輪での荒川静香選手(トゥーランドット)、それからバンクーバー冬季五輪での浅田真央選手(仮面舞踏会)と、その演技を(音楽とセットで)今もありありと想い起こすことが出来るんですよね。
あれから、さほどの年月も経っているって気がしないんですけれど。(悩) (冬季五輪の感興とはまた別に)歳月の過ぎる速さに戦慄してしまうワタシです。

ロンドン五輪の折りは、閉会式で往年のロックの名曲尽くしでしたけれど、こちらソチでは開・閉会式にチャイコフスキー、ラフマニノフなどクラシックの名曲三昧ですよ。
流石はロシア。 文化に自信を持つ国の強みですね。 東京の時は、さてどんな趣向を用意してくるのかが楽しみです。

なんて、浮かれている間に、隣国ウクライナが大変なことになっています。 嗚呼。
 

|

« 津田沼散歩:谷津干潟から若松団地へ | Main | 三年目 »

Comments

結局ソチオリンピック大会は浅田真央選手がドラマティックにしめてくれました。どのメダルより素晴らしかった。感動の見せ場を見事に作り上げた23歳に日本中が拍手を惜しみませんでした。。。

平和の祭典と戦争が同時に繰り広げられる。。。大陸の事情は複雑でこのような矛盾が起こるんですね。


Posted by: おキヨ | March 08, 2014 at 11:28 AM

>おキヨさん

五輪の大舞台、ショートプログラムでのまさかの失敗!
一旦はメダルを逸したものの、そこから見事な再起を見せたことが(競技を終えてみれば)美しい流れとなっていますね。 仰るとおり、メダル獲得よりも余程感動させられました。

まぁ、当の浅田選手らにしてみれば、それどころではないんでしょうけれど。(^^ゞ

Posted by: もとよし | March 08, 2014 at 05:56 PM

おはようございます

 浅田選手、あの演技には、感動しかなかったです。
涙を流した人が何人いたことでしょう・・・。
メダルではありませんね。
オリンピック期間中は、睡眠不足気味のわたしでした。

パラリンピック、日本選手、頑張ってますね!
メダル光ってます!
がんばれ~

ウクライナの選手が出場したことはよかったです。

Posted by: みい | March 09, 2014 at 11:34 AM

> みいさん

パラリンピック。 日本が滑降で金・銅を獲得したそうで。(^ァ^)

>ウクライナの選手が出場したことはよかったです。

私が気に留めていなかっただけで、オリンピックの期間中~いえ、その以前から紛争は極めて深刻なレベルだったわけですね。
<平和の祭典>の意義。 遠く日本から眺めたのと、現地のそれとでは、大きく違っていそうです。(>_<)

Posted by: もとよし | March 09, 2014 at 02:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/59253999

Listed below are links to weblogs that reference ソチ冬季五輪:

« 津田沼散歩:谷津干潟から若松団地へ | Main | 三年目 »