« 職場のボーリング大会 | Main | 茜浜名人寄席 Vol.43 »

March 20, 2014

習志野シティフィル第57回定期

 
 
習志野シティフィルハーモニック 第57回定期演奏会
 
 
  2014年3月16日 (日曜日)
    習志野文化ホール   14:00開演
 
 
       指揮 :小室昌広
       管弦楽:習志野シティフィルハーモニック
 
 
 ドビュッシー : 交響詩 「海」 〜 管弦楽のための3つの交響的素描
 
 ショスタコーヴィッチ : 交響曲第5番二短調 作品47
 
 
 
   ※アンコール
     ショスタコーヴィッチ:タヒチ・トロット
 
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
 ◆ドビュッシーの「海」
この曲のことを、私は小学生の頃から聞き知っていました。
当時、我が家に(数枚だけ)あったクラシック音楽のLPのひとつ(RCAの二枚組廉価盤。 シャルル・ミュンシュ指揮、ボストン交響楽団の1956年録音)に収録されていましたので。

でも、小学生の自分には難解に過ぎましたね。 どうにも掴みどころがなくって。
その時の出会いが好くなかったのか、後に私がクラシック音楽に傾倒するようになってからも、この作品については
(有名曲だけに、耳にする機会は少なくなかったのですけれど)常に距離を置いてきました。

今回、自分のパートを弾いて、そして録音に何度も耳傾ける内、ようやく付き合い方を覚えたようです。
音楽をやっていると、こういったこともあるワケですね。
我ながら、なんとも不器用な(いかにも自分らしく)距離の取り方をしてきたモンです。

        ▽▲▽▲▽▲

 ◆ショスタコーヴィッチの交響曲第5番
学生時代、私にクラシック音楽のことを教えてくれた先輩が、LPで聞かせてくれたのが、この曲との出会いでした。
先輩所有の音源は、レナード・バーンスタイン指揮、ニューヨーク・フィルの1959年録音。
ご案内のとおり、バーンスタインの指揮するこの曲の演奏では、第4楽章が滅法速い! 超特急です。
このLPを初めに聴いたがために、バーンスタインのテンポが刷り込みになってしまいました。

今回、そこのところを(ちょっとだけ)心配したんですけれど、いざ楽譜に向かえば夢中になって弾いて、昔親しんだテンポなど、とうに初期化されていましたね。 心配ご無用でした。

        ▽▲▽▲▽▲

演奏会を済ませたら、流石に草臥れ切っていました。
その上、定期演奏会の翌日〜翌々日と仕事の方がかなりキツくって、いささか参りましたね。
疲労回復も、いつもより遅れました。

それにしても、演奏会の翌日から脚が痛みまして。 
一体、チェロ弾いて、どうしてそんなところが痛むんだか、好く判りません。
余っ程、ヘンな弾き方でもしていたのか。
 
 
 
  
 習志野シティフィル第42回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第45回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第46回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第47回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第48回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第49回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第50回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第51回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第52回定期演奏会
   
 習志野シティフィル第53回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第54回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第55回定期演奏会
 
 習志野シティフィル第56回定期演奏会
 
 

|

« 職場のボーリング大会 | Main | 茜浜名人寄席 Vol.43 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/59327105

Listed below are links to weblogs that reference 習志野シティフィル第57回定期:

« 職場のボーリング大会 | Main | 茜浜名人寄席 Vol.43 »