« January 2014 | Main | March 2014 »

February 25, 2014

津田沼散歩:谷津干潟から若松団地へ

 
 
この時季、大陸より飛来する渡り鳥の、翼休める姿を期待しまして、谷津干潟へと向かいました。

相変わらず冷えびえとしますけれど、陽射しに意外なくらいのパワーがありまして、歩いている内にぽかぽかとして来ます。

 Photo


この日、お目当ての野鳥はあまり見付けられず。 ヒドリガモ、セイタカシギなど。

干潟を半周すると南西方向に現れる若松団地。 JR南船橋駅はもうすぐ傍です。


Photo_2

広い空き地越しに若松団地を望みます。 右手に(若松団地の象徴的存在である)給水塔と、IKEA船橋が見えます。
 
 
Photo_5
 
 
昭和40年代の造成と言う団地全体に、なんというか余裕を感じますね。
この辺りの雰囲気が好きなんです。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 09, 2014

雪景色

 
 
昨日の雪。 夜分に至っても、ついに降り止むことがありませんでした。
屋根の上にも随分と積もった様子で、私はこの歳になって初めて、雪の塊が屋根から滑り落ちる音を知りました。

で、今朝になって窓から外を眺めれば、辺り一面の銀世界ですよ。
普段から見慣れた周囲の景色・家々が、見事な雪化粧を施しています。 素晴らしい~!
ともあれ、今日(日曜日)も仕事に出掛けなくちゃいけません。

昨日は無事に運行していた武蔵野線ですけれど、今日は止まって(やっぱり)いました。
なんといっても、この雪では致し方なしですね。 (武蔵野線ばかりではなしに)あちこちの路線で運休や遅れが出ていますし。

そこで、急遽路線を変更しまして、普段は使わない別ルートを使って職場へ。
日曜日のことで(しかもこの大雪ですし)乗客は少な目。 座って、車窓から雪景色を愉しむ余裕がありました。
駅から職場までの歩道は雪の下で、積もった雪を掻き分けつつ歩くのにはホトホト参りましたけれど。

日中は至って快晴。 ポカポカと暖かで、とても気持ち好し。
この陽射しを受けて、路々に降り積もった雪がどんどん融けていってくれれば有り難いんですけれど。

仕事が上がって帰路に就けば、武蔵野線は未だ運休なり。 がんばれ武蔵野線。
本日はオケの練習日でして、それも普段とは別の会場を使用するため、可及的速やかに戻りたいところ。
そこで、武蔵野線の復旧を待たず、来た時と同じルートを戻ることにしました。
大急ぎで帰宅しまして、メールをチェックしてみれば、本日の練習は(大雪のため急遽)お休みとのこと。
ホッとしましたです(流石にチェロを担いで雪道を往くのはタイヘンなので)、ハイ。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 08, 2014

雪やこんこ

 
 
土曜日なれどお仕事。
久方ぶりに降り出した大雪(当地としては)の中を、勤務に出ておりました。

午前中は未だ降りも穏やかでして、職場へは難なく到着。
仕事の間は屋内に居ますから、いくら雪が降ろうと関係ないんですけれど、こういう時は、とかく帰りの足の便が気に掛かるものですね。
仕事の傍ら、ネットで鉄道の運行状況ばかり(おい)チェックしてました。
案の定、あちこちの路線でダイヤの乱れが始まっています。

雪は次第に激しさを増すばかりですし、鉄道の運行状況もどんどん悪くなるしで、今日は早めに帰宅させて貰ったんですけれど、やはり、すんなりとは帰らせくれませんでしたねぇ。
問題はナンと言っても、途中利用する、すぐに運転を見合わせることでお馴染みの(!)武蔵野線ですよ。
なんたって雨で止まり、風で止まるのがこの武蔵野線です。
これほどの大雪(あくまで当地レベル)の中、果たして動いてくれるんでしょうか。
マジで心配していたんですけれど。 今日の武蔵野線は出来る子でした。
途中、何度か停車して、少しばかり時間が掛かりはしたものの、無事に帰宅致しました。

今日は終日寒いのには参りましたけれど、それでも久々に見る雪景色は、実に綺麗なモンでしたね。
明日は、辺り一面が雪化粧で、更に見応えがある事でしょう。
それがとっても楽しみなのと同時に、もの凄~く心配でもあります。
なにせ、明日もお仕事なもんで。
 
 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 05, 2014

津田沼散歩:鷺沼城址公園

 
 
散歩の途中、偶然にも由緒ある史跡と出っくわす。 こういうことも、あるんですね。

JR津田沼駅前からテクテク南下しまして、京成津田沼駅方面まで出れば、習志野市役所はもうすぐ傍です。(現在は建替えのため、駅近くの仮庁舎に移転していますけれど)
その市役所の脇を抜けるような具合に位置するのが菊田遊歩道。 これは、ずっと以前にご案内したことのある、ハミングロードの一部になっています。

菊田遊歩道は木漏れ日の小路。
片側(東側)が木々の生い茂った崖になっていますから、薄暗くって(とりわけこの季節は)ちょっとばかり寂しい雰囲気ですね。

 
遊歩道の途中、東側の急峻な崖に付けられた階段を昇ってみれば、そこには、どーんと広がった緑地がありまして、これが鷺沼城址公園。
 
 
_
 
 
中世の城郭の跡と言います。
当時を偲ぶ遺構とか、特に残っているわけではないんですけれど、園内に鷺沼太郎源太光義がここを居城としたとの碑が立てられています。
言われてみれば、木々の繁茂する高台にあって、辺り(西側)を見下ろすに位置にあるところなど、如何にも要害の地と言った感じですね。
現在は、住宅街の中にひっそりと控える、至って閑静な公園です。

この公園内からは古墳(鷺沼古墳群)も発見されていまして。 中世の鷺沼太郎源太光義よりも更に古い時代から、この地に人の営みのあったことが判ります。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2014 | Main | March 2014 »