« December 2013 | Main | February 2014 »

January 25, 2014

雲助、悪名一代

 
 
雲助、悪名一代
 
   ~ 芸人流、成り下がりの粋 ~
 
 
 
  五街道雲助 著
 
 
     2013年   白夜書房
 
 
落語家・五街道雲助師匠について私が知ったのは、もう随分と昔のことです。
偶々見ていたテレビの深夜番組に登場して、一席演じておられたんです。
落語についてなにも判らず、興味もなかったその頃の私。
噺家さんについても、テレビで好く見掛ける方々(それもテレビ・タレントとして)しか知りません。 ですから、五街道雲助という名を見ても、ちょっと変った、面白い高座名だな、くらいの曖昧な感想しかありませんでした。

番組の方は、古典落語をまるまる一席聴かせるというシンプルなものでした。
ここで雲助師匠の語った演目が「中村仲蔵」。
初めて聴いたこの時にとても気に入ってしまい、そして未だに好きな噺です。
噺の中で、芝居の場面や侍の台詞などを、ケレン味たっぷりに演じてみせる雲助師匠。
なんの期待もなしにボンヤリ見ていた私ですけれど、いつしか夢中になって噺に聴き入っていました。

それからず~っと後になって、ふとしたことから寄席に入ってみた折のこと。
香板に、五街道雲助の名(懐かしい!)を見つけましたから、もうビックリです。
願ってもない再会に、すっかり嬉しくなってしまった私。 以来私、雲助ファンです。

        ▽▲▽▲▽▲

その雲助師匠が上梓したこの一冊。
団塊の世代に生まれ、高度成長期に育った師匠が、あえて時代に背を向けるようにして「成り下がり」な生き方へと拘る、そのワケを語ります。
自身の生い立ち~入門・前座修行から二つ目時代を経て真打昇進~そして三人の弟子を真打へと育て上げた現在までを語る一代記でもあります。

雲助と言えば十代目金原亭馬生の門下。 その馬生は志ん生の息子で、そして志ん朝のお兄さんですね。
ですから、出て来る、でてくる。 本書には昭和を代表する錚々たる名人たちの楽屋話/裏話のあれこれが書き綴られ、興味が尽きません。

それから、こういうところがまた雲助師匠らしいと想うんですけれど、他の落語家さんならば十八番にしそうな毒舌やら、放蕩について話しは一切出て来ず。 その代わり論理明快な落語論。 雲助一流の人生成り下がり論が展開されます。
好奇心旺盛な師匠。 インターネットにも早くから興味を示しておられました。(雲助’s Home Page はお勧めです)

酒席もまた(大切な!)修行の場のようで。
お若い頃に行きつけだったお店では、野坂昭如・殿山泰司・色川武大・田中小実昌らが常連だったのだとか。
錚々たるメンツから鍛え上げて貰った、なんとも羨ましい師匠の二つ目時代です。

本書に見る雲助流の落語論、人生論。
理路整然と(師匠お得意の滑稽噺とはあべこべに?!)した、実に読みやすい内容で感服致しました。
「四十五十は鼻たれ小僧」を地でゆくような落語家の世界。(やっぱり、長生きはするもんですね)
六十代を迎え、いよいよ油の乗ってきた五街道雲助師匠。 これからがますます楽しみです。
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 20, 2014

津田沼散歩:二宮神社へ

 
 
毎日こうも寒いと、外に出て歩くことすら億劫に(まぁ、暑過ぎても同様なんですけれど)なってしまいそうですね。
いつもの散歩も、今ひとつ消極的になってしまいがち。
こういう時は、これまで踏み入った事のない地域へ脚を伸ばしてみるのが好いようで。
歩いた経験のない路、初めて目にする風景、凡その位置やここまでの道のりは常に意識しておかねばならず(なにしろ迷子の常習者ですから)、脚も眼もアタマも必然的に活性化される仕組みです。

今回はJR津田沼駅を基点に北東方向へと進みまして、田喜野井まで出てみました。ここから更に北を目指せば薬円台。 歩みを進めて京成線の習志野駅へと出る道筋は、もはや通い慣れたと言ってよいルートです。
でも、今回はちょっと変わった路を歩いてみたい。 さて、どこへ向かってみますか。

未踏の地(自分にとっての)を求めて、今回は田喜野井から南東へ下ってみることにします。
初めての路をテクテク。 見知らぬ景色。 カル~イ高揚感。
やがて三山へと出ます。

道なりに進んでゆくと、やがて前方に立派な鳥居と灯篭が見えて来ました。
 
 
 Photo
 
 
ここは二宮神社
この辺りにあるということ。 かねて聞き知ってはいましたけれど、実際に目にするのはこれが初めてです。
想わぬ出会い。 こういうことがあるから、見知らぬ土地の散策って楽しいんですね。
 
 
Photo_3
 
 
参道は、鳥居をくぐったら一旦階段を下りまして、途中で橋を渡り、また階段を上るという立体的な造りになっています。
 
参道を上れば、立派なお社が鎮座していました。
九世紀の創建と言います。
 
 
Photo_2
 
 
暖かくなったら、また訪ねようと思います。
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 13, 2014

映画:笑の大学

 
 
笑の大学
University of Laughs
 
 
監督:星護
脚本:三谷幸喜
出演:役所広司 (向坂睦男:検閲官)
   稲垣吾郎 (椿一:劇団「笑の大学」座付作家)
 
 
    2004年   日本
 
 
Warainodaigaku_2
 
 
お正月らしく、ひとつ屈託無しに笑える映画でも見てみっか・・・・くらいのノリで鑑賞に臨んだんですけれど、意外や(笑わせるばかりではなしに)骨太で時に切なくなる作品でした。

言いたいことの、言えない世の中。
笑うことすら、許されない社会。
それでも人は、表現する意欲を抑きれず、何より笑いを渇望するんですね。

        ▽▲▽▲▽▲

太平洋戦争も間近い昭和十五年の秋。
当時のことですから、メディアはおしなべて当局の監視下に。
演劇もまた例外ではありません。 台本が警視庁の検閲に合格しなければ(如何に能天気な喜劇といえども)上演は許可されませんでした。

芝居の中に、どうにかして風刺や笑いを盛り込もうと知恵を絞る台本作家と、提出された台本中から不適切な表現を見つけ出し、そうはさせじと上演を却下する検閲官。
ここに、浅草の喜劇団「笑の大学」の座付き作家・椿一と、警視庁の辣腕検閲官・向坂睦男との、新作喜劇の台本を廻る一大攻防戦の幕が切って落とされるのでした。

向坂検閲官の容赦ない検閲を受け、(上演を)却下された台本を泣く泣く持ち帰って、徹夜で書き改めたものを翌日持参して、またしてもダメを出されて・・・・・とにかく散々な目に会わされる椿一です。
が、この椿という男、一見して優男ながら(こと笑いに関しては)不屈の精神の持ち主でした。
その次の日には台本を(指摘を受けた箇所を訂正するばかりではなしに)更に面白いものへと書き直して持って来ます。
そんなやりとりを繰り返す内、つい興が乗ったか「例えば、こういうのはどうだろう・・・・」などと思わず新しいアイディアを進言してしまう検閲監殿!

笑いを創る者と、それを取り締まる者。
いつしか二人は互いの立場を忘れ、新しい喜劇創りに熱中してゆくのでした。

        ▽▲▽▲▽▲

映画の主たる舞台である取調室のセットは、造りもの感が濃厚で、あからさまに「これはセットで~す」と言わんばかり。
そこで繰り広げられる検閲のシーンからは、演劇の舞台を(身を乗り出して)見入っているかのようなライブ感。 生き生きとした可笑しさが伝わって来ます。(この映画、三谷幸喜さん脚本の演劇を基にしているのだそうですね。 生憎と私は未見ですけれど)

お芝居としては、筋金入りの超堅物検閲官を演じる役所さんの一人舞台の感がありますね。
検閲官の頑なな心が、作家との攻防の果てに、徐々に解れてゆく様子など、とっても見応えがあります。
もう一人の主役、作家役の稲垣さんは、誠実な演技に好感が持てます。

        ▽▲▽▲▽▲

ところでこの映画は、取調室以外のシーンもまた好かった。
例えば、役所の建物の古風な調度や、日本家屋などのレトロな魅力。
浅草の劇場街の雰囲気や、劇場内で爆笑する人々。 その活気と、どこか哀愁を帯びた空気。
点景のひとつひとつなど、うかうかしていると見過ごしてしまうようなところに、惜しみなく力を注いでいる。
粋なやり方と想います。
 
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 11, 2014

チェロが退院しました

 
 
昨年末に緊急入院したチェロが帰って来ました。

2013年の最後の練習の直後、自分の不注意から、床に(横にして)寝かせた状態から倒してしまった我が愛器。
転倒によるダメージが気になります。 ここは、なにはともあれ専門家による点検が必要と想うワケですけれど、この際ですから、予てから考えていた駒の交換をやってもらおうかと。
なにしろ、これまで使っていた駒というのが、年季が入って相当ヘタっている代物。 その上、倒した際に床と触れてしまい、横転した際の衝撃を一手に引き受けたカタチでしたからね。
工房での所見も、駒にかなりガタが来ているとのことでした。
併せて、魂柱の調整もしてもらいました。

さて、年が明けて我が家へと戻って来たマイ楽器。
駒の高さを(これまでのものと比べて)若干変えてある為、即ち弦高もこれまでとは違って来ます。
そこのところは、これから鳴れる必要がありますね。
弾いてみた感触は・・・・当たり前かもしれませんけれど、大きく(ホント、劇的に)変わっていました。
イイ調子で弾きたかったら、メンテはサボるなってことですね。
工房であれこれと(駒のことを中心に)役立つお話を伺うことが出来たのも大きな収穫でした。
 
この楽器。 駒の交換は、実は初めてではなく、今回これが二度目であったりします。
右は楽器を購入した際に付いていた最初の駒(Aubert)。 脚部が可動するタイプ。
左は二枚目の駒で、以前教わっていたチェロの先生が替えて下さったもの(メーカー不詳)。  相当ガタが来ています。
 
 
_b
 
 
そして、今年から使うことになる三枚目の駒(Aubert)です。
 
 
_b_2
 
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 03, 2014

御慶

 
 
皆様、あけましておめでとうございます。

昨年と同様、本年もよろしくお願い申し上げます。
 
 
Dscn0636
  
  
至って静かな、2014年のお正月を過ごしております。(相棒が外泊中、ではありますけれど)
元旦はゆ~っくりと起床。
午後になってから、近所の神社を訪ねて初詣を済ませました。

我が家の周囲にあって、今日あたり初詣客で賑わっていそうな神社は回避しまして、あまり人出のない静かなところを、歩いて目指そうと想います。
好く晴れて、あまり寒くもない元日。 とても幸先の好い気がしますね。
(途上で通過した御嶽神社は、なるほど、参道に長~い行列が出来ていました)
 
  
Dscn0632
 
 
新京成薬円台駅から程近い辺りにある、滝台町の八幡神社。
住宅街の中に鎮座する、普段からひっそり閑とした神社です。
狙い的中(!)しまして、元旦の参拝客はそこそこ。 落ち着いて参拝出来ました。

延宝4年(1676年)の創建といいます。
江戸の昔からこの地にあって、世の移り変わりを見守って来たお社。
あちらこちらと彷徨って来た私が、今こうして当地に住まうのも何かの縁。
今後ともよろしくお願い致します。
  
  
 
   2005年の元旦
 
   2006年の元旦
 
   2007年の元旦
 
   2008年の元旦
 
   2009年の元旦
 
   2010年の元旦
 
   2011年の元旦
 
   2012年の元旦
 
   2013年の元旦
 
 

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »